ウドンタニの置屋から風俗2016年最新情報を値段も含め詳しく紹介する


スポンサーリンク

ウドンタニの置屋ホテル udon-thani-sex-hut-hotel
バンガローと呼ばれる置屋ホテル(69モーテル)

 

タイの東北部、ラオスとの国境にも近い地方都市・ウドンタニ。ウドンタニと言えば、少し前までは激安の置屋のある街として、風俗目的で訪れる人も多い街だった。しかし、今年になってウドンタニの置屋はほぼ一掃された。しばらくすれば再開するとの噂もあったが2016年9月時点でも状況は全く変わっていない。

 

それでもウドンタニではまだこういった風俗や夜遊びを楽しむ場所があるので、置屋の現状とともに、これらを紹介していきたいと思う。

 

ウドンタニ置屋の現状

ウドンタニでは過去に置屋の固まっている通りはいくつか存在していた。

上の赤くポリゴンで囲まれたエリアである。それぞれ

▶ アドゥンラヤデート(Adunlayadet)通り ソイ2
▶ アドゥンラヤデート(Adunlayadet)通り ソイ3
▶ アドゥンラヤデート(Adunlayadet)通り ソイ7
▶ サオ・ファイデーン

と呼ばれるが、これらの置屋は2015年に全て閉鎖されたもちろん、今後は復活する可能性もあるが、現時点では人通りもなく、人気も感じられない小屋が並んでいるだけとなっている。

 

ウドンタニの風俗

置屋は無くなった現在でもウドンタニには

▶ デリバリー型置屋
▶ マッサージ

といった風俗がある。

夜遊びとしては

▶ バービア
▶ カラオケ
▶ ディスコ

があるが、この記事では風俗及びバービアについて紹介したいと思う

ウドンタニにおけるバービアを中心とした夜遊びについて詳しくは下記記事を参考に。

ウドンタニの夜遊びについてバービアを中心に詳しく紹介していきたいと思う
UDビアパークの女の子 ウドンタニには大きく分けて下記3つの夜遊びがある。▶ バービア▶ カラオケ▶ ディスコ風俗としては▶ デリバリー型置屋▶ エロマッサージがあるが、この記事ではバービアを中心とし...

 

デリバリー型置屋

夜間に道を歩いているとトゥクトゥクの運転手から「レディーレディー」と声をかけられる。こういったトゥクトゥクは至るところにいる。セントラル・プラザ近くのプラジック・シラパカム通りやバービア街のサンパンタミット通りには1台か2台は停まっている。

 

まず、値段交渉や女の子の好みから話す事になるだろう。ショートもしくはロングの値段、トゥクトゥクの往復の移動費は予め確認しよう。相場としてはショートが1000~1200バーツ、ロングで2500~3000バーツ、女の子によってはロングが不可の子もいる。トゥクトゥクの移動費もしくは女の子をそこへ呼んでもらう場合のマージンは100バーツである。もちろん、これらは交渉可能である。女の子の好みは背が低い、高い。モデル体型だったり、年齢が若い等要望を伝える。

 

気を付けなければならないのは、移動の場合、トゥクトゥクの運転手に帰りもお金を請求されるという点である。100バーツで納得したと思ったら片道100バーツとして往復200バーツ要求してくる運転手もいる。また、女の子の値段はトゥクトゥクの運転手相手では交渉出来ない。トゥクトゥクの運転手とは別の女の子を連れてくる男と値段交渉してくれと言われる。従って、まずはトゥクトゥクの移動費もしくはマージンだけきちんと決めた方が良いだろう。こういった斡旋を行っているトゥクトゥクの運転手は多少の英語を話す事が出来る。

 

移動の場合は移動費の値段交渉を行い、納得したらトゥクトゥクへ乗り込む。アパートもしくはバンガローに連れてかれるだろう。アパート型の置屋はアドゥンラヤデート通り(Adunlayadet)ソイ7よりも少し北の位置にあった。

ウドンタニの置屋ホテル Udon Thani Sex hut
以前連れて行かれたアパート型の置屋。

 

ウドンタニのバンガロー型、置屋 Udon Thani Sex hut room
室内の写真。

 

シーツなどは恐らく洗っていない。だが、シャワーのお湯は出て、タオルは一応用意されている。

 

最近はバンガローと呼ばれるそれなりにキレイな置屋ホテルに連れて行かれる事も多い。この辺はトゥクトゥクの運転手によって違いがある。

udon-thani-sex-hut-hotel
バンガロー型のホテル(69 Motel)。2時間の利用で100バーツ。

 

トゥクトゥクの運転手が女の子を管理する男に電話し、これらアパートやバンガローの前でしばらく待っていると、別の男が女の子を2人バイクに乗せて連れて来る。どちらかの子でOKなら、そのままホテルの1室に入り、事をなすというシステムである。

トゥクトゥクの運転手によっては、女の子をその場(トゥクトゥクの止まっている場所)に呼んでくれる人もいる。もちろん、その場合でもトゥクトゥクの運転手にはマージンを支払おう。

ショートであればトータルで1100バーツ程度、ロングなら3000バーツ程度が目安になるかと思う。見知らぬ場所に連れてかれるのが不安なら、その場所まで女の子を呼んでもらえるトゥクトゥクの運転手を探すようにしよう。

 

女の子は壊滅した元置屋で働いていたラオス人である。バービアよりも若い子が多く、レベルの高い子もいるが、大勢の中から選ぶ事が出来るわけではないので運による部分も大きい。また、女の子もバービアのように店に所属しているわけではなく、不法滞在の子や未成年者も多い。女の子のIDをチェックされるホテルでは連れ込みを拒否される事もある。その辺のリスクも自己責任で利用を考えてほしい。

 

マッサージ

サンパンタミット通りのPrajak Sillapakom通り側にも何軒かある。店の前を通ると「マッサージ、マッサージ」と声をかけられるのですぐにわかると思う。立地からしてスペシャルも可能だとは思うが、おばちゃんばかりである。

 

バービア

セントラル・プラザのある通りの隣の通り・サンパンタミット通り(Sampanthamit Alley)はバービア街となっており、十数軒程度のバーが営業されている。上のGoogle Mapsでは紫のポリゴンで囲まれたエリアである。

サンパンタミット通りやプラジック・シラパカム通りから出る小さなソイにもバービア街がある。

udon-thani-barbeer-nightlife-sampanthamit
サンパンタミット通り

 

サンパンタミット通りにあるバービアの中ではDay & Night(デイ・アンド・ナイト)周辺のバービアは比較的若い女の子もいる。

udon-thani-barbeer-nightlife-day-and-night-outside
Day & Night(デイ・アンド・ナイト)いくつかのバービアが集まっている。

 

遊び方もパタヤのバービアと殆ど同じでビールも1本80バーツ、これとは別にレディースドリンクは150バーツ程度となっている。何本か奢っても1時間500バーツ(約1500円)あれば十分だろう。

ベイパー代も店によるかと思うが300バーツ、女の子へのチップはショートで1000~1500バーツ。ロングは2000~3000バーツだった。もちろん、言い値よりも安く出来るので値段交渉はした方が良いだろう。そうすればショートで1000バーツ、ロングで2000バーツが目安になる。パタヤのバービアと同じ水準か少し安いぐらいである。

 

客は日本人ぽい人も数人いたが、ファラン(欧米人)が殆どだった。

女の子の年齢層は20代中盤から30代台が多い。日本人好みもいなくはないが、すでに先客がいたりするので、バービアで好みの子を確保するのは難しいかもしれない。

20時以降ならデリバリー式置屋の方が可愛い子はいるかと思う。

 

ウドンタニの置屋が潰れた理由

置屋は場所と女の子だけ用意できれば営業できるため、地方ではよく見られる風俗の営業形態となっている。ただ、基本的に、タイでは法律上こういったお店の営業を禁止しており、営業するには警察への賄賂が必須となる。バービアのようにキッチン設備やお酒を用意出来るぐらいの資金力があれば、合法の店として営業も出来るが資金力の乏しい場合は難しいだろう。

 

加えて最近は軍政になった。これにより収入を得ていた警察幹部を排除しようと軍主導の取り締まりが行われ、以前まで営業していた置屋は取り壊されたとされる。

タイにおいて軍政が続く限り、拠点を持たないトゥクトゥクによるデリバリー形が今後も置屋の代わりとなるだろう。

 

ウドンタニでおすすめのホテル

デリバリー型の置屋を利用し、ホテルへ女の子を連れ込む場合はIDチェックがなされないホテルを選ぶ必要がある。なぜなら、女の子は不法滞在のラオス人だったり、未成年者も含まれるからだ。

下記ではIDチェックがなされなかった2つのホテルを紹介するが、こうした女性を連れ込む事により生じるリスクは自己責任でお願いしたい。

 

セントラル・プラザに隣接するセンタラホテル&コンベンションセンター・ウドンタニーはウドンタニでも有数の高級ホテルであるにもかかわらず、値段はそこまで高くない。ウドンタニは高級ホテルに分類されるホテルでもバンコクの格安ホテル並みに安くなっている。

 

センタラホテル&コンベンションセンター・ウドンタニー(Centara Hotel & Convention Centre Udon Thani)

Centara Hotel & Convention Centre Udon Thani Appearance

センタラホテル&コンベンションセンター・ウドンタニーはウドンタニのランドマークとも言えるセントラル・プラザに隣接した大型高級ホテルである。上のGoogle Mapsでは青色のスターの位置にある。

市内の中心部に位置し、ショッピングモールとも接続しているため利便性も高い。

centara-hotel-convention-centre-udon-thani-bed
ベッドルーム。WiFiも無料で安定している。

 

udon-thani-city-overlooking
高層階の部屋からは市内を一望できる。部屋の希望はチェックイン時に伝えよう。

 

centara-hotel-convention-centre-udon-thani-washing-room
洗面所

 

ホテル内設備も非常に充実している。

centara-hotel-convention-centre-udon-thani-gym
5階にはトレーニング・ジムやマッサージも完備されており、長期滞在しても快適である。

 

centara-hotel-convention-centre-udon-thani-karaoke
ホテルの地下にはカラオケもある。19時にオープンし1時半頃に閉まる。部屋代が個室で300バーツ、女の子を付けると260バーツ追加でかかる。自分の部屋への連れ込みも可能である。

 

ウドンタニにおいてトップクラスの高級ホテルで設備も充実しているのに、バンコクの格安ホテル並の料金である。

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために見ておいた方が良いだろう。

>>> センタラホテル&コンベンションセンター・ウドンタニー(最低価格保証付きリンク)

JF(ジョイナーフィー:連れ込み料)は無料なので2人まで同料金で泊まる事が出来る。受付を通らずにエレベーターへ向かうことが出来るので、連れ込んだ女の子のIDチェックはなされなかった。

快適で便利な都市型ホテルに泊まりたい人におすすめである。

 

ザ・パナライ・ホテル(The Pannarai Hotel)

the-pannarai-hotel-udon-thani-hotel

ザ・パナライ・ホテルはバービアの多いサンパンタミット通りで営業する高級ホテルである。多数のバービアが入居するDay & Night(デイ・アンド・ナイト)の隣にある好立地のホテルだ。上のGoogle Mapsでは茶色のスターの位置。

 

夜遊びにはもちろん、鉄道駅、長距離バス乗り場へも徒歩圏内なので、旅行者の拠点としてもおすすめのホテルである。

the-pannarai-hotel-udon-thani-hotel-reception
エレベーターホールと受付

 

the-pannarai-hotel-udon-thani-hotel-room
スタンダードダブルベッドの部屋。部屋の広さは十分である。

 

the-pannarai-hotel-udon-thani-hotel-bed
ダブルベッド

 

the-pannarai-hotel-udon-thani-hotel-day-and-night
部屋から見えるDay & Nightの建物。

 

the-pannarai-hotel-udon-thani-hotel-washingroom
洗面所。洗面所入ってすぐのところにシャワールームもある。

 

the-pannarai-hotel-udon-thani-hotel-pool
プールの他、小さいがトレーニングルームもあり、ホテル内の設備も充実している。

 

WiFiは無料で速度も十分に早く、安定していた。

こちらのホテルもウドンタニにおいてはトップクラスの高級ホテルであるが、バンコクの格安ホテル並の料金となっている。

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために見ておいた方が良いだろう。

>>> ザ・パナライ・ホテル(最低価格保証付きリンク)

JF(ジョイナーフィー:連れ込み料)は無料。夜、女性を連れて受付を通った際も声をかけられる事はなかった。連れ込む女性のIDチェックは任意となっており、2人まで同料金で泊まる事が出来る。

夜遊びスポットへのアクセスを考えてホテルを選びたい人は候補の1つとして検討すべきかと思う。

 

ウドンタニにあるその他おすすめホテル

格安ホテルを含めたウドンタニのホテルを探している人は下記記事も参考に。

ウドンタニのおすすめホテルを街の特徴とともに述べていく
ウドンタニにあるホテルの値段からもわかるように滞在費はタイの他の観光地に比べても安く抑える事ができる。加えて、小さなエリアになんでも揃っているため、中心地に滞在すれば移動費もそこまでかからない。外...

 

ホテル選びは一度悩むと結果はほとんど変わらないにもかかわらず、数時間を浪費してしまうケースが多い。しかし、ネット上で知ることの出来る情報は限られるため、実際に泊まってみないことには良し悪しの判断も出来ないだろう。

気になるホテルがあったら、すぐに予約すべきかと思う。泊まってみてはじめて、リピートするか、新規のホテルを開拓するかの判断をすることが出来るはずだ。

 

タイ・ウドンタニの風俗まとめ

ウドンタニ Centara Hotel & Convention Centre Udon Thani Appearance
センタラホテル&コンベンションセンター・ウドンタニー

 

ウドンタニにおける風俗のコストはバンコク、プーケットよりはもちろん安いが、パタヤのローカルな店とはそこまで値段は変わらない。パタヤのバービアでも同じぐらいの値段で遊ぶことは出来るので、バンコクからわざわざこのために来るべき場所か?と聞かれると答えるのも難しい。

それでも、ホテル代はウドンタニ中心地でも安く、ビエンチャンとの経由地点として、ビザの更新等で寄る人はそれなりに多いかと思うので、今回の記事が参考になれば幸いである。

 

ウドンタニにおけるバービアを中心とした夜遊びについて詳しくは下記記事を参考に。

ウドンタニの夜遊びについてバービアを中心に詳しく紹介していきたいと思う
UDビアパークの女の子 ウドンタニには大きく分けて下記3つの夜遊びがある。▶ バービア▶ カラオケ▶ ディスコ風俗としては▶ デリバリー型置屋▶ エロマッサージがあるが、この記事ではバービアを中心とし...

 

ウドンタニからビエンチャンへ移動する予定の人は下記記事も参考に。

ウドンタニからビエンチャンへの行き方、ビエンチャンからウドンタニへの行き方を中心に述べていく
ウドンタニからビエンチャンに行く方法として最も主要な方法は、ウドンタニバスターミナルからバスで行く方法である。ウドンタニバスターミナルは街の中心部にあり、ウドンタニ空港からは少し離れている。

 

※今回の記事は為替レートも含め、2016年9月現在の情報です。IDチェックの有無など、今後変わる事もあるかと思います。予めご了承下さい。


1 個のコメント

  • あのね~69ホテルでね、お兄さんに頼めば、バイク乗って連れて来てもらえるよ!1000Bで高いけど

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    付利意雷布亜(freelifer)

    東南アジアを中心に、1年のほとんどを旅行しながら生活している海外旅行のエキスパートです。
    このブログではタイやその周辺国のナイトライフ情報を中心に、アングラな世界についての紹介もしていきます。
    詳しいプロフィールはこちら。質問、意見等ある方はツイッターからどうぞ。