ゴーゴーバーで損しない遊び方からシステムまで、タイ初心者向けに紹介しようと思う


スポンサーリンク

タイのゴーゴーバー店内写真
ameblo.jp

 

ゴーゴーバーとは?

バンコクのゴーゴーバー店内の様子
www.barnewsbangkok.com

 

ゴーゴーバーとはクラブ型の店舗で、タンクトップ・短パン、水着や下着姿等露出度の高い服を着た女性、もしくは半裸・全裸の女性がステージ上で踊っているバーのことを言う。

ゴーゴーバーの多いアジアの都市というと、タイではバンコク、パタヤ、プーケット、フィリピンではマニラやアンヘレスがあげられる。

 

店の内装はバーやディスコに近い形が多く、女の子が踊っている台を囲むようにカウンター席やテーブル席が配置されている。単にドリンクを飲みながら水着や下着姿で踊る女の子を見て楽しむ事も出来るし、気に入った女の子がいれば指名して一緒に席で飲む事もできる。


※音量注意。ゴーゴーバーの店内動画(バンコク・パッポンにある「バダビンより」)

女の子を呼ぶ場合はステージ上の女の子に直接声をかけても良いが、店のスタッフを呼んで付けている番号を伝えたり、手招きなどの合図をすれば来てくれる。席に着かせた女の子にはドリンクをおごるのが一般的である。

 

気に入った女の子がいれば別料金を店に支払って外へ連れ出すことも出来る(稀にコヨーテと呼ばれ、連れ出し不可の子もいる)。連れ出す場合、お店にドリンク代の他、ベイパー代という料金を払わなければならない。

*こうした連れ出し行為、売春行為に関する法律上の問題等はタイにおける売春・買春の現状を詳しく述べていくの記事を参考に。

 

タイのゴーゴーバー

ゴーゴーバーはフィリピンにも存在しているが、ここではタイにあるゴーゴーバーが密集しているエリアについて詳しく紹介していきたいと思う。

タイでゴーゴーバーが多数営業されているのは首都バンコク、リゾート地のパタヤになる。プーケットにおいては10店舗程度、チェンマイにおいては2017年2月現在3店舗ほど営業がなされている。

下記ではバンコク、パタヤ、プーケット、チェンマイにおける

▶ ゴーゴーバー・エリアの簡単な説明とシステム
▶ ゴーゴーバーでかかる料金

について詳しく述べていく。

料金については日本円、タイバーツのレートも参考にしてほしい。

※2017年2月7日現在

1バーツ=3.20円

1000バーツ=約3200円
2000バーツ=約6410円
3000バーツ=約9610円
4000バーツ=約12820円
5000バーツ=約16020円
6000バーツ=約19220円

 

バンコクのゴーゴーバー

バンコクにはゴーゴーバーエリアがいくつかあるが、外国人が主に訪れる人気のエリアはソイカウボーイ、ナナプラザ、パッポンの3つである。

 

バンコクには、少し派手目のギャル系の子だけでなく、日本人好みのアイドルのようなどこか素朴な感じのナチュラルで可愛い子(わかりやすく言えば、ギャルというよりAKBにいるような子)も多い。10代後半から20代前半の若い子もパタヤに比べ、バンコクの方が割合的に多いように感じる。

ただ外見がよく、日本人に人気のある子は甘やかす分サービスも悪く、スレている確率も高くなる。もちろん、中には性格の良い子もいるが、基本的にバンコクでは一夜限りの関係と割り切った方が良いだろう。

 

バンコクにおける女の子へのチップの相場はショートで2000バーツ~3000バーツ程度、ロングで4000バーツ~になる。ショートは1回戦のみで、ロングは2回線もしくは朝まで一緒にいる事を意味する。

人気の子となればショートで3000バーツ以上、ロングは不可か6000バーツが普通になる。ソイカウボーイのバカラとクレイジーハウスはショートで3000バーツ、ロングで6000バーツが提示額となっている。ナナプラザのレインボー4でも、人気の子となれば、1時間3000バーツ、3時間6000バーツも珍しくない。

バンコクのゴーゴーバーにおける最新情報は下記記事も参考に。

バンコクのゴーゴーバーについて相場から特徴までをまとめて紹介していく
ナナプラザ。奥にあるのはレディーボーイ専門のゴーゴーバー「オブセッション」 バンコクの夜遊びにおいて中心になるのは間違いなくゴーゴーバーになるかと思う。バンコクの主要なゴーゴーバーは現地の人向...

あなたが外見等それなりに魅力的であれば、値下げにも応じてくれるケースはある。日本の風俗と違い、女の子はお持ち帰りの拒否も出来るので、好かれるように身なりは整えておいた方が良いだろう。

タイ人女性にモテるには?性格的な部分から恋愛・結婚観までも含めて紹介して行きたいと思う
BTSの駅にあるシャンプーの広告   タイに興味のある男性なら、タイ人女性はどんな人が好きか?というトピックについて少なからず知りたいと思うのではないだろうか? タイの女の子は国際的な風潮もあってか...

 

ナナプラザ

ナナプラザのゴーゴーバー街

ナナプラザはスクンビットソイ4通り沿いにあるゴーゴーバーやバービアを中心とした歓楽街である。

同じくスクンビット界隈にあるソイカウボーイはゴーゴーバーが小道沿いに並んだ形になっているのに対して、ナナプラザは大きなショッピングモールのような建物の中にゴーゴーバーが入居している形をとっている。

バンコクトップクラスの美女が揃うレインボーグループ(1から4まである)が日本人に最も人気のある店となっている。レディーボーイ(いわゆるニューハーフ)のお店も多く、元男性とは思えないような美人も多い。

 

ナナプラザにあるゴーゴーバーの特徴や個々のお店については下記記事で詳しく述べているので、こちらを参考に。

ナナプラザにあるゴーゴーバーで損しないために知っておきたい相場や特徴(2016年最新情報)
ナナプラザ入口 ナナプラザとは?タイの首都バンコクにあるナナプラザはゴーゴーバーやバービアが入居するモール型の歓楽街である。バンコク・スカイトレイン(BTS)のナナ駅から徒歩5分程度、スクンビット...

 

ソイカウボーイ

ソイカウボーイのゴーゴーバー街

ソイカウボーイはバンコクのアソークにあるゴーゴーバーを中心とした風俗店が並ぶ歓楽街である。全長140m弱の小道には約40軒のバーやレストラン等が連なっており、客は地元タイ人よりも、日本人をはじめとする外国人が多い。

 

ソイカウボーイで圧倒的な人気を誇るのがアソーク通りから入って奥にあるバカラというゴーゴーバーである。日本人好みが多いため、日本の長期休みとなれば店内は座れないぐらいの人達で賑わう。クレイジーハウスというソイカウボーイの外、スクンビット・ソイ23沿いにあるゴーゴーバーも最近は人気である。

 

ソイカウボーイにあるゴーゴーバーの詳しい特徴や個々のお店については下記記事を参考に。

ソイカウボーイにあるゴーゴーバーの特徴や料金について詳しく述べていく(2016年7月最新情報)
ソイカウボーイ ソイカウボーイとは?ソイカウボーイとはバンコクのアソークにあるゴーゴーバーを中心とした風俗店が並ぶ歓楽街である。ゴーゴーバーのシステムなど基本情報については下記記事を参考に。&nb...

2017年1月にスタートした草なぎ剛主演の「嘘の戦争」で撮影場所となったのもこのソイカウボーイである。

ゴーゴーバー店内の撮影があったのはティーラックという店とされる。ドラマの撮影はソイカウボーイの営業が終了した後にエキストラを入れて行われたようだ。

 

パッポン

パッポンのゴーゴーバー街

パッポン通りはバンコクのシーロム地区にある歓楽街である。ゴーゴーバーやバービアを中心とした風俗店が並ぶ小道を形成している。

日本人向けのカラオケクラブが多数あるタニヤやゲイ向けのゴーゴーボーイ(レディーボーイではなく、完全に男性の格好をした男が踊っているバー)がたち並ぶボーイズタウンであるソイ・トワイライト(Soi Twilight)にも隣接している。

パッポンにあるゴーゴーバー「バダビン」の女の子
パッポンのゴーゴーバー「バダビン(BADA BING)」の女の子

最近はタニヤ通りと同様に、少々しつこい客引きもいる。客引きに付いて行っても、近くのマッサージパーラーやバービアに連れて行かれるだけなので、相手にしないのが無難だ。

パッポンにあるゴーゴーバーの詳しい特徴や個々のお店については下記記事を参考に。

パッポンにあるゴーゴーバーの相場やシステム、店内で行われているすごい事について
スワラン通り沿いから見たパッポン通り パッポン通りとは?パッポン通りはバンコクのシーロムエリアにある歓楽街である。パッポン1とパッポン2に分かれており、ゴーゴーバーやバービアの他、スーパーやお...

 

パタヤのゴーゴーバー

パタヤのゴーゴーバー街ウォーキングストリート入口

パタヤのゴーゴーバーの特徴としては、店よりも働いている女の子に違いがあるかと思う。お金を稼ぐためにゴーゴーバーで働いてはいるのはバンコクと同じだが、バンコクの子よりもビジネス感は少ない。つまり、プライベートで仲良く遊べる子を探すという感覚になる。もちろん女の子によりけりではあるが、ノリが良い子はバンコクよりも多い。

パタヤはバンコクに比べれば学生だったり愛人業で他に収入源のある子は少ない。比較的時間の空いている暇な子も多いので、ロングでデート気分を楽しめるお気に入りの女の子を探すならパタヤが最適かと思う。

殆どの人はタイへ来たらバンコクとパタヤの両方に訪れている。初心者でもしばらく通ううちに、その場所にあった楽しみ方というのを自然と身に付けける事が出来るはずだ。

 

パタヤにおける女の子へのチップの相場はショートで2000バーツ~、ロングで3000バーツ~になる。欧米人しかいないような小規模のゴーゴーバーではロングでも3500バーツに値下げ出来る事が多い。

人気店となればショートで3000バーツ、ロングは5000バーツが普通になるのはバンコクと同じだが、バンコクよりも値段交渉に応じてくれる確率は高い。時間帯にもよるが、ロングを5000バーツから4000バーツへ下げてくれるケースは多々ある。

もちろん、この辺も女の子や交渉する人によりけりである。

 

ウォーキングストリート

パタヤのゴーゴーバー街ウォーキングストリート

ウォーキングストリートはタイ・パタヤにある歓楽街である。パタヤビーチロードの南から伸びて行く通りで、全長は500m弱。

夜は歩行者天国となり、ゴーゴーバーやバービア、ディスコやバー・パブが多数営業している。このエリアにあるゴーゴーバーだけで約60軒にものぼる。タイに限らずアジア最大の歓楽街とされ、パタヤ・ナイトライフにおける中心地的な役割を果たしている。

 

ウォーキングストリートのゴーゴーバーやバービアは、ウォーキングストリートとそこから伸びるソイ(脇道)で多数営業している。ウォーキングストリートから伸びる主要なソイにはソイ15とソイ・ダイヤモンドがある。

ウォーキングストリートにあるゴーゴーバーの詳しい特徴や個々のお店については下記記事を参考に。

ウォーキングストリートにあるゴーゴーバーの知っておくべき店の特徴や料金、システムについて
ウォーキングストリート、ビーチロード側の入口。 ウォーキングストリートとは?ウォーキングストリートにあるバービア ウォーキングストリートはタイ・パタヤにある歓楽街である。パタヤ・ビーチロー...

 

ソイLKメトロ

パタヤのゴーゴーバー街ソイLKメトロ

パタヤのゴーゴーバーエリアといえばパタヤビーチの先にあるウォーキングストリートが有名だが、そこから離れたソイLKメトロという路地にも10軒ぐらいのゴーゴーバーが営業している。どちらかと言えばファラン(欧米人)が好きそうなタイ美人が多いため、日本人客は少ない。

女の子の年齢層はウォーキングストリートと比べると若干上で、20半ばから20代後半ぐらいが多い。ただし、ウォーキングストリートの子に比べてノリが良く、擦れていない子が多い。ゆっくりお酒を飲みながら店内で楽しむ分には悪く無いだろう。

ソイLKメトロにあるゴーゴーバーの詳しい特徴や個々のお店については下記記事を参考に。

ソイLKメトロ、パタヤビーチから離れたパタヤのゴーゴーバーの場所や料金、システムについて詳しく述べていく
ソイLKメトロ入り口 LKメトロとは?ソイLKメトロはパタヤのソイブッカオから出るソイ(小道)の1つである。大型ホテルであるLKメトロポール・ホテルを囲むようにして存在するソイで、このホテルの名前を取...

 

プーケットのゴーゴーバー

プーケットのゴーゴーバーがあるソイ・シードラゴン

プーケットのゴーゴーバーはバングラ通りから出るソイ・シードラゴンと呼ばれるソイ(脇道)を中心に、10件程度が営業している。

 

プーケットのゴーゴーバーは、入店してからドリンクを注文する際に料金を支払う。バンコクやパタヤ等では後払いが一般的だが、プーケットのゴーゴーバーは先払いが原則だ。ドリンクはビールが160〜180バーツ程度。レディースドリンクは200〜250バーツ。

 

バーファイン1000バーツ、ショート3000バーツで提示額はほぼ統一されているが、人により±1000バーツほど違ってくる。女の子はノリが良く、店内でのサービスはバンコクやパタヤよりも積極的に行ってくれる。ただ、遅くまで営業しているせいか、ロングが不可な子が多かった。

また、中にはプチボッタクリとも言えるビール1500バーツ、ソフトドリンクで1000バーツを取る高額なゴーゴーバーもある。呼び込みについて行ったらこのような高額なお店だったというケースもあるので注意しよう。

 

ゴーゴーバーの多くは19時過ぎにオープンして翌3時過ぎまで営業している。客が入れば、4時まで営業しているゴーゴーバーもある。

 

プーケットにあるおすすめのゴーゴーバーを含め、更に詳しくは下記記事を参考に。

プーケットでゴーゴーバーへ行く前に知っておくべきこと
ソイ・シードラゴン ゴーゴーバーはタイの主要な夜遊びの1つだが、プーケットでは夜遊び目的で訪れる観光客だけではないので、そこまでメジャーではない。カップルや女性だけで旅行へ来ている観光客も多く...

 

チェンマイのゴーゴーバー

チェンマイにあるゴーゴーバー「スポットライト」

バンコクやパタヤ、プーケットは1つのエリアにいくつかのゴーゴーバーが密集して営業しているが、チェンマイにはこのようなエリアは無い。営業しているゴーゴーバー自体が少なく、市内に散らばって3店舗だけ存在している。

レベルもバンコクやパタヤには劣るので、ゴーゴーバーを期待してチェンマイに行くことはおすすめ出来ない。

 

チェンマイにあるゴーゴーバーの詳しい特徴や個々のお店については下記記事を参考に。

チェンマイの夜遊びまとめ2015年最新情報
チェンマイのコヨーテバー この記事ではチェンマイにおける夜遊び、特に性風俗的な意味合いでの夜遊びスポットを詳しく紹介して行きたいと思う。 チェンマイの夜遊びチェンマイにおける夜遊びについて...

 

ゴーゴーバーの相場や遊び方について

店では、

▶ ドリンク代
自分の飲んだ分と女の子に奢ったならその分も。

▶ バーファイン
女性を連れ出す際に、お店へ払う料金。

▶ 女の子へのチップ
ショート、ロング代。殆どが後払いで、行為が終わった後にホテルで渡す事になるが、先払いを要求されるケースもある。

上記料金がかかってくる。それぞれの料金は店や女の子によっても異なるが、大体の相場を下記で述べていこうと思う。

 

ドリンクは種類にもよるが100バーツから250バーツに設定されている。日本のクラブのような席代といった形で時間ごとに料金が発生する事はゴーゴーバーではないが、入店し席に着いたら少なくとも1杯は注文するのが暗黙の了解である。

女性を席に呼ぶ場合、基本的には相手女性へドリンクを奢る必要がある。レディードリンクは通常のドリンクとは違い一定の料金で、1杯150バーツ~250バーツとなっている。

バーファインは600~1000バーツが多い。パタヤでは高めに設定されていて、時間帯によっては1500バーツ要求される店もある。バーファインは高くても値下げ交渉が不可なので、女の子へ渡す料金で交渉をしよう。

 

ベイパー(連れ出し)をする前にはショートもしくはロングタイムの値段及びいつ帰るかは予め聞いておいた方が良いだろう。ロングタイムでお持ち帰りをしても、女の子によっては朝になる前に帰る子もいるからだ。

また、ロングタイムで連れ出した場合、先払いを要求されても全額払うのは止めた方が良い。ショートで帰る子もおり、後々料金トラブルになる事があるからだ。ロングタイムの料金を払って、ショートタイムで帰ろうとした場合、返金を要求すれば返してくれる子もいるが、中には一切返金に応じない子もいる。従って、ロングタイムで先払いを要求されたら、ショートタイムの料金だけ払うようにしよう。朝までいてくれた場合、追加でその分を支払えば良い。

逆に、昼頃まで熟睡して、なかなか帰ってくれない女性もいる。そういった子から追加料金を請求された事は無いが、この場合追加料金を請求されても支払う必要はないだろう。

 

ちなみに、上で紹介したバンコクのナナプラザ、ソイカウボーイ、パッポンは基本的に地元タイ人の入店が禁止されている。この3つは外国人向けのゴーゴーバーとなっており、地元タイ人向けのゴーゴーバーは「スティサン」と呼ばれるエリアにある。

ネット上ではスティサンのゴーゴーバーを安く遊べ、ローカル色の強い、面白いゴーゴーバーとして薦めている人もいるが、個人的にはこうした地元タイ人が好むようなローカルな店に外国人が行く事はおすすめ出来ない。確かに、店や女の子からすれば日本人が来たと言えば反応は良いし、こちらとしても値段を安く抑えられるといった利点もある。

ただ、地元タイ人客がお気に入りの子を作っていた場合、金や国籍に物を言わせて女の子を横取りする等すればトラブルの一因となる。

タイ人客からすれば、外国人しか入れないゴーゴーバーがあるのだから、そちらへ行けという気持ちが強い。楽しむにしてもあまり目立たない方が良いだろう。

 

基本的にゴーゴーバーで働く女の子はプロであるが、サービスにかんしては日本の風俗ほど良いとは思わない方が良い。実際、初めてゴーゴーバー遊びを体験した人は、期待したほどのものではなかったという感想を持つ人が多い。

ゴーゴーバーは店内でお酒を飲みながら目で楽しみ、連れ出した後はデートだったり、愛人のような感覚で女の子と楽しむといった遊び方が好きな人が殆どである。日本ではお金持ちで無い限り、気軽にこういった体験することは出来ないだろう。

 

それでもタイの夜遊び、風俗の自由度は日本とは比べ物にならないほど高い。ゴーゴーバーに限らず、タイの夜遊び、風俗というのは自分なりの楽しみ方を見つけた人が徐々にその魅力に取り憑かれるのだ。

 

タイで夜遊びを楽しみたい人が予め知っておくべき知識については下記記事を参考に。

タイで夜遊びする前に必ず知っておくべき「自由度」と「ビジネス色」
パッポンにあるゴーゴーバーバダビンのダンサー達(www.facebook.comより) タイにおける夜遊びの特徴をまとめると▶ 自由度の高さ▶ 日本よりも「薄い」ビジネス色以上の2つが上げられるかと思う。自由度...

システムだけでなく、女の子の気持ちを理解した方がこちら側も楽しく遊べるので、上記記事も必読である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(freelifer)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを旅行しながら生活している海外旅行のエキスパートです。
このブログではタイやその周辺国のナイトライフ情報を中心に、アングラな世界についての紹介もしていきます。
詳しいプロフィールはこちら。質問、意見等ある方はツイッターからどうぞ。