タイにおける売春・買春の現状を詳しく述べていく


スポンサーリンク

Thailand prostitution night beer bar
Pattaya, entertainment city by the beach

 

タイに一度でも行ったことのある人は知っているかと思うが、タイの風俗は本番行為をサービスに含むのが普通となっている。従って、日本の基準で言えば買春に相当する。タイ観光客が訪れる主要なゴーゴーバーでの連れ出しはもちろんのこと、マッサージでのお誘いも全てそうで、日本のように店が表面上でも禁止している所はまず無い。

 

本番行為が違法な国は多く、警察に拘束されるリスクがある事を知っている人はタイでは夜遊びが安全に出来るのか不安に思っている人もいるだろう。

そこで今回はタイにおける風俗、夜遊びの違法性を法律上だけでなく、実務上どうなっているかまで詳しく解説していきたいと思う。

 

タイにおける売春・買春の現状

上でも述べたが、タイの夜遊びは日本でいうところの売春の要件を満たすのが普通だ。では、タイで買春をするとどうなるか?

成人女性を買春することに関しては、1996年売春防止及び取締法(タイ)で禁止されているが、刑事処罰はない。買春行為そのものでは法律では罰せられないのだ。タイで買春は合法という人がいるがそれは誤りで、正確には刑事処罰が無い、罰せられないというだけである。

斡旋に関しては1年から10年の懲役刑があるが、警察もこうした風俗店から賄賂を貰うことで営業を容認している。

タイの夜遊び

タイの夜遊びとして有名なのはゴーゴーバーやマッサージ・パーラーがあげられる。ゴーゴーバーはステージ上で踊っている女の子はで気に入った子がいれば席へ呼び、自身の宿泊するホテルへと持ち帰る事も出来る。マッサージ・パーラーは日本で言えばソープランドのようなサービスを受ける事が出来る風俗店だ。

ゴーゴーバーで損しない遊び方からシステムまで、タイ初心者向けに紹介しようと思う
image-10993022268-11432078326 ゴーゴーバーとは?ゴーゴーバーとはクラブ型の店舗で、タンクトップ・短パン、水着や下着姿等露出度の高い服を着た女性、もしくは半裸・全裸の女性がステージ上で踊っている...
バンコクのおすすめMP(マッサージパーラー)で失敗しないために知っておきたいこと
Fishbowl Girls(金魚鉢に並ぶ女性) タイのマッサージパーラー(MP)は日本で言うとソープランドのようなサービス形態のお店である。日本との大きな違いを2つあげると▶ 本番行為が通常オプションに含まれ...

いずれも、日本と違うのは本番行為が普通にサービスに含まれているという点だろう。風俗のサービスで本番行為を含むと、買春行為とされるため、日本でも罰則は無いが法律上は禁止されている。タイでもこれは同様であるが、上記でも述べたように警察もこれら店でのサービスを容認している。

タイでは本番行為のサービスを提供している事を理由に、警察が店を摘発した事は無い。未成年者を働かせていたり、禁酒日(仏教上の理由でお酒を売ってはいけない日)に店を営業したことで警察の指導を受けたり、営業停止を受けた店は何軒かある。

 

また、タイではこういった風俗店以外でもフリーの娼婦が数多おり、店に所属しない形、個人で買春行為をしてお金を稼いでいる。

日本では売春の温床となり未成年をはじめとした高校生なども多く出入りする事から出会い喫茶の摘発は頻繁に行われているが、タイではこうした出会い喫茶が堂々と営業され繁盛している。有名な出会い喫茶として、バンコクにテーメーカフェと呼ばれる出会いカフェがあるが、ここも警察に摘発された事はもちろん、ここで出会った女性とホテルへ行った事で捕まったという人は自分の知る限り一度も無い。

thermae-cafe-Negotiation1
テーメーカフェの前で値段交渉をする日本の若者達

 

タイにはこうした出会い喫茶の他、ディスコにおいても売春行為を目的に女性を配置しているところが数多くあり、現地タイ人もこれを利用している。こうした売春行為を容認している店は、自由恋愛における性行為との区別が付かない事からタイ社会においては違法とされていないとの事である。

 

ただ、立ちんぼと呼ばれる道端や路上で声をかけてくる売春婦に関しては、タイの警察は何度か逮捕し罰金刑を与えている。これにかんしては、不審者なども逮捕されているので、建前上「風紀の乱れを防止し治安の悪化を防ぐことにある」とされるが、実際は上記のお店が警察への賄賂を払っているのに対して、こうした個人で活動するフリーの娼婦達は警察への賄賂を払っていない事が大きな理由だろう。

タイの人気観光地・パタヤなどでもこうした売春婦達を含む不審者が定期的に警察に拘束され、100バーツ(日本円で370円程度)の罰金を科して開放されている。事実上の賄賂と言っても良いかもしれない。

Thailand-Pattaya-prostitutes-crackdown
パタヤで拘束されたオカマを含む売春婦達(“Undesirables” rounded-up by Police on Pattaya Beachより)。公平性を保つため、賄賂の代わりに罰金を与えていると言えるだろう。

 

買春、売春の斡旋に関しては、法律の解釈を含んだ実情はかなり異なっているが、法律上は日本とほぼ同じと言える。加えて、タイでは毎年買春合法化の動きがある。合法化の利点は

▶ ➀客の暴行や意思に反する人身売買などを警察に訴える事が出来る(風俗業に従事している女性にとっての利点)
▶ ➁売春を合法化により、売春行為に課税ができる(国の利点)
▶ ➂警察への賄賂が不要となる(風俗店の利点)

上記のようなものがあるが、➂の点から売春合法化には警察が反対しているだろう。先進国に比べて現地警察官は給与水準が低く、こうした外国人観光客から間接的に流れて来る賄賂によって懐が潤っている現状もあるからだ。

 

タイにおける児童買春

タイでも国際社会の圧力によって、観光客が簡単に未成年の買春(児童買春)を行う事は出来なくなった。確かに、つい最近も観光客の多いナナプラザやのソイカウボーイのゴーゴーバーで未成年を働かせていて営業停止になっているが、未成年買春を目的とした旅行者も簡単には利用出来なくなっている。

 

未成年をタイで買春した場合、買春者は日本の法律でも罰せられる。児童買春・児童ポルノ禁止法 第十条の規定により、国外犯として処罰がなされるのだ。児童買春はタイでも法律上禁止され、こちらは罰則もある。法律上の罰則は日本よりも厳しくなっている。

まずは、15歳以上18歳未満の相手を買春した場合

売春防止及び取締法(タイ)

第8条 自己又は他人の性欲を満足させる目的で、売春施設において15歳以上18歳未満の者と成功し又はそれらのものに対しその他の行為を行なった者は、相手方の同意の有無に関わらず、1年以上3年以下の拘禁及び2万バーツ以上6万バーツ以下の罰金に処する。

15歳未満にはタイの刑法が適用される。

刑法第277条(タイ)
同意の有無に関わらず、妻ではない15歳未満の女子に強姦行為を行なう者は4年以上20年以下の拘束および8000バーツ以上4万バーツ以下の罰金に処する。13歳未満の少女に同上の罪を犯した加害者は7年以上20年以下の拘禁および1万4000バーツ以上4万バーツ以下の罰金に処する。

「同意の有無に関わらず」、この点で買春の場合も含まれることになる。13歳未満は7年以上20年以下の拘禁で、実際に10年以上刑務所に入る人も少なくないとのこと。

 

買春または児童買春で捕まった日本人

買春が横行しているタイを含む東南アジアにおいても、現地で成人女性の買春行為で捕まった日本人というのはほぼ皆無だ。あるのは児童買春での逮捕である。

 

タイで12歳少年を買春 66歳日本人男を2010年11月に逮捕。
http://thai.news-agency.jp/articles/article/5328

児童買春容疑で日本人に実刑判決(カンボジア)13歳の少女を10ドル(1000円)で買ったとして41歳日本人男性を2009年8月に逮捕。
http://www.kamonohashi-project.net/report/2010/11/post_258.html

カンボジアで32歳日本人男性逮捕、少年の裸写真を撮影
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2508733/3240086

 

児童買春にかんしては各国真剣に取り組んでる。疑いをかけられる行為自体も避けた方が良いだろう。なお、お笑い芸人の長井秀和もフィリピンで少女(17歳)を買春したとされ、報道に上がった事があった(実際は女性側の計画的な詐欺事件だったとされる)。特にカンボジアは児童買春の数が多い事から逮捕されるとほぼ実刑になり、実名や身分証明証の顔写真まで晒される。

 

ちなみに、海外で児童買春するのは日本人がほとんどと言う人もいるが、国別で客観的に比較した統計は見つからなかった。統計を発表している児童人権団体の資料を見ると、よく目につく国籍はアメリカ人、ドイツ人だった。アジア人では日本の他、韓国、中国の名前もある(中国に関しては中国国内の買春データだと思われる)。

 

児童買春を防ぐ取り組み

タイのホテルに関しては、ホテルに女性を連れ込む際に女性のIDを預かるところが多い。これは年齢の確認はもちろん、身分の証明されていない人を泊める事で生じる犯罪を抑止する効果もある。タイでは連れ込んだ女性が財布からこっそりとお金を抜いたり、男性に強めの睡眠薬を飲ませて傷害または故意ではなく殺害してしまうといった事件が何度かあった。従って、ホテルも積極的に連れ込む女性のID申告を宿泊者には薦めている。

 

また、ホテルによっては18歳以上20歳未満の女性も泊める事を拒否するケースがある。タイの法律上は18歳未満が児童買春となるが、民間レベルでこうした20歳以上の売春のみを認めるといった考えを持った経営者達が自主的に方針を決めているためだと考えられる。18、19歳女性の買春に関しては刑事罰といった法律上の決まりはないものの、タイ社会においては意見が分かれているという事だろう。刑事罰の対象にならなくとも、10代の少年少女に関しては、規制をかけるのは当然かもしれない。

S Sukhumvit Suites Hotel room and city bank
Sスクンビット・スイーツ・ホテル

 

高級ホテルでは警察との関係が良好なためか、連れ込む女性のIDチェックがなされていない。アソーク周辺ではグランド・センター・ポイント・ホテル・ターミナル21も受付と客室に続くエレベーターが離れているため、IDチェックはなされなかった。中級ホテルではS スクンビット・スイーツ・ホテルも受付を通らずに、部屋へ行くことが出来るため女性のIDチェックはなされなかった。

10代の愛人を持つ人はこうしたIDがチェックされないホテルに宿泊している。これは日本人に限らず、欧米人もそうである。

 

買春の合法化と刑罰化の問題

Thailand female prostitution
http://in-cyprus.com/thailand-struggling-to-crackdown-on-trafficking-gangs

 

成人女性を買春することを今のグレー状態から刑罰化するとどうなるだろうか?これに関してはタイではもちろんの事、日本においても社会的不安を引き起こす可能性が高い。

 

まず、売春・買春を取り締まると、中国のようにマフィアの巨大ビジネスとして成長する可能性が高い。国が禁止しても、性欲はなくなるわけではなく、結局はマフィアのしのぎになるのは目に見えている。当たり前の話だが、こうしたマフィアのしのぎは国が管理できない。従って、今の風俗業も買春違法化に伴い、逆にそれを助長させる可能性が高いのだ。また、風俗業からの莫大な税収も失うことになる。

違法ドラッグ同様、素人ではなくマフィアの商いになり、マフィアの巨大化、税収の大幅な減少を起こしてしまうだろう。社会的な悪影響が多く出てしまう可能性は否定できないどころか、十二分にあり得るのだ。

 

加えて、自由恋愛との兼ね合いも説明できなくなる。買春が違法で刑罰の対象(犯罪)ということになれば、性交自体がグレーになる可能性も高く、男女が2人でいる時も正当な行為として、職務質問されるようなことが日常茶飯事になるはずだ。警察官の権限も増え、プライバシーの問題も大いに生じる可能性が高い。実際に、中国では買春は違法(刑罰対象)で、これに辻褄を合わせるために未婚の成人同士の性交自体も禁止している。

売春・買春の刑罰化や風俗業の更なる規制を訴えている人も多いが、果たしてこうした世の中を望む人はどのぐらいいるだろうか?現実化した場合の悪影響もきちんと考えなければならない。確かに、買春を合法化すれば援助交際などが活発になってしまい日本でも社会的な影響が出てくると思う。従って、合法化にも慎重にならざるを得ない現状があるのもわかる。

ただ、現状合法となっている風俗との兼ね合いから、ヨーロッパの赤線地区(売春が合法なエリア)のように警察の管理が行き渡る場所での売春も認めていいような気もしなくはないと個人的には思うのである。

 

個人間の売春が行われる場所として、タイで最も有名なのはテーメーカフェだろう。テーメーカフェに興味のある人は下記記事を参考に。

テーメーカフェにおける値段や遊び方、注意点などを詳しく紹介する
テーメーカフェが入居する建物の前。 テーメーカフェとは?テーメーカフェはバンコクの主要な通りでもあるスクンビット通り沿いルアムチット・プラザホテルの地下にあるカフェである。テーメーもしくはテル...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(freelifer)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを旅行しながら生活している海外旅行のエキスパートです。
このブログではタイやその周辺国のナイトライフ情報を中心に、アングラな世界についての紹介もしていきます。
詳しいプロフィールはこちら。質問、意見等ある方はツイッターからどうぞ。