プーケットで夜遊びや風俗を楽しむために知っておくべきエリアや料金、サービス


スポンサーリンク

プーケット・バングラ通りのディスコ前
バングラ通りのディスコ前

 

プーケットで夜遊びや風俗が楽しめるエリアは

▶ パトンビーチ

▶ プーケットタウン

になる。特に、夜遊びはパトンビーチ、風俗はプーケットタウンに多い。

下記ではプーケットで夜遊びや風俗を楽しみたい人に向け、エリアごとのサービスやその料金を紹介していきたいと思う。

 

プーケットの夜遊びと風俗

プーケットにおけるメジャーな夜遊びは

▶ バービア
▶ ゴーゴーバー
▶ ディスコ

になる。バービアとゴーゴーバーはバンコク等と同じように店外へ連れ出せるし、ディスコにも外国人をターゲットにしたフリーの売春婦がいる。

 

バンコクにも数多くあるような

▶ マッサージパーラー
▶ エロマッサージ

など、マッサージ系風俗はプーケット(オールド)タウンに固まって営業している。

 

この記事で紹介していく夜遊び、風俗スポットについて詳しい場所は下記Google Mapsを参考に。


プーケットの夜遊び、風俗地図。右上の枠の記号(Full Screen)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。地図は右上の記号から保存や各種SNS等での共有も出来ます。

 

パトンビーチの夜遊び

プーケット・バングラ通りのバービア街

パトンビーチはプーケットいちの繁華街であるバングラ通りを中心に、バービアやゴーゴーバー、ディスコが営業している。昼間は日光浴を楽しみ、夜はこういった繁華街で騒いでいる欧米人が多い。プーケットにおける夜遊びの中心エリアである。

 

バングラ通りで男女ともに楽しめるのはディスコだろう。バングラ通りにはいくつかディスコがあるが、その中でもイリュージョン(ILLUSION)は一番人気である。

プーケットのディスコ・イリュージョンのエントランス

プーケットのディスコ・イリュージョン
イリュージョン(ILLUSION)。0時前後をピークに朝4時まで営業している。有名なDJも何人かここでプレイしている。

 

欧米人が中心で、カップルで訪れていたり、グループで盛り上がっている。日本人を含むアジア系のグループも見られた。3月、8月頃は長期休みと重なるので、学生の日本人のグループもいる。

ちなみに、地元タイ人のフリーの娼婦もおり、お金を払えばホテルへ持ち帰ることが出来る。

 

バングラ通りでより風俗的な要素を求めるなら、バービアかゴーゴーバーになるだろう。

プーケット・バングラ通りのバービア
バングラ通りのバービア

 

プーケットのゴーゴーバーがあるソイ・シードラゴン
バングラ通りのソイ(路地)にあるゴーゴーバー

 

バービア、ゴーゴーバー、いずれも店内へ入ったらドリンクを注文しなければならない。ドリンクはビールが160〜180バーツ程度、レディースドリンクは200〜250バーツとなっており、何杯か飲んだり、奢ったりしても1000バーツ以内に収める事は難しくない。ただし、ゴーゴーバーはドリンクの値段を高めに設定している店もあるので、メニュー表で料金は確認するようにした方が良いだろう。

 

バービアやゴーゴーバーにいる女性は基本的にホテルへと持ち帰ることが出来る。バングラ通りのバービア、ゴーゴーバーはロングタイムは無理で、多くがショートタイムのみとなっている。

いずれもバーファイン1000バーツ、ショート3000バーツの提示が基準になっているが、バービアはバーファイン1000バーツ、ショート2000バーツまで下がった。バングラ通りのゴーゴーバーは1000+3000=4000バーツ、バービアは1000+2000=3000バーツが目安になるかと思う。

 

パトンビーチにおける夜遊びの相場はバンコクよりも提示額は高いが値下げ交渉が容易に可能となっている。バンコクでは1000バーツ以上の値下げはまず無理だが、プーケットではそれも可能だった。従って、相場をきちんと抑えた方が良いだろう。

 

ゴーゴーバーについて更に詳しくは下記記事を参考に。

プーケットでゴーゴーバーへ行く前に知っておくべきこと
ソイ・シードラゴン ゴーゴーバーはタイの主要な夜遊びの1つだが、プーケットでは夜遊び目的で訪れる観光客だけではないので、そこまでメジャーではない。カップルや女性だけで旅行へ来ている観光客も多く...

 

プーケットタウンの夜遊び・風俗

プーケットタウンの風俗、マッサージエリア
ポーンポンのマッサージエリア

 

プーケットタウンはバングラ通りのような観光客向けの派手な夜遊びスポットは無い。ただ、マッサージ系風俗店が固まっているエリアがあったり、街中でも小さなコヨーテバー、ビアバーは何軒か営業していたりする。

 

マッサージ系風俗とはマッサージパーラーやエロマッサージ屋のことである。バンコク・ロード等の交差点周辺やポーンポンと呼ばれるエリアにある。オールドタウンの中心から1kmほど郊外へ出た場所にある。

プーケット・オールドタウンの風俗マップ
プーケットタウンの風俗マップ(Google Mapsより)。

 

プーケットタウン・交差点周辺エリアの風俗(夜遊び)

交差点周辺エリアはバンコク・ロードに3、4軒のマッサージパーラー、西へ出るウィラット・ホンヨ・ロード(Wirat Hong Yok Rd)でも営業している。

プーケット・オールドタウン交差点
バンコク・ロード沿いの交差点。左に見える建物の裏側でマッサージ・パーラーが営業している。

 

プーケット・オールドタウンのバンコクロード
右の道路がバンコク・ロード。左へ入って行く。

 

プーケット・オールドタウンのバンコクロードのマッサージパーラー
バンコク・ロードのマッサージ・パーラー。価格は2300バーツと2800バーツ。2300バーツの方は年齢が高かったり顔もイマイチだが、2800バーツの方は選べる子もいる。

地元のお金持ちタイ人からアジア系の客が中心で、店内はバンコクと同様に、ゆっくりとくつろげるようになっている。

 

同じく交差点から出ているウィラット・ホンヨ・ロードにもマッサージ・パーラーがある。

プーケット・オールドタウンのウィラット・ホンヨ・ロードのマッサージパーラー
ウィラット・ホンヨ・ロード沿いのマッサージ・パーラー。店内はひな壇になっている。

 

プーケットタウン・ポーンポン・エリアの風俗(夜遊び)

プーケットタウンの夜遊びスポット・ポーンポン
ポーンポン。プーケットタウンで最も風俗店が多いエリア。

 

プーケットタウンには、エロマッサージやひな壇のあるマッサージパーラー形式の店が10軒以上も営業しているポーンポンというエリアもある。プーケットタウンの中心部から1km程度なので歩いて行くことも可能である。トゥクトゥクやバイクタクシーで向かう場合は「ポーンポン」と言えば大体ドライバーもわかる。

 

エロマッサージの方が値段は安く、1プレイ1時間1500バーツ、1プレイにマッサージが付いて1時間半~2時間で1800バーツが相場になっている。ただし、基本的に、プレイ中の女性はマグロ状態。

プーケットタウン・ポーンポン・エリアの風俗エリア
エロマッサージ店が並ぶ通り。店外に座り呼び込みをしている女性もいる。

 

店内にひな壇があり女性が並んで座っている店はマッサージ・パーラーになっている。2時間3000バーツが相場になるが「2500バーツならこの店に決める」という値段交渉の仕方で2500バーツまで落ちた店もあった。この辺の交渉が可能かどうかはボーイや店によるかと思う。

プーケットタウン・ポーンポン・エリアのマッサージパーラー
マッサージ・パーラー「エンジェル」。スタッフの提示額は2時間3000バーツとなっていた。

 

交差点周辺エリアは地元タイ人も見られたが、このエリアは中国人をはじめとしたアジア系の外国人観光客が多かった。

 

コヨーテバー、ビアガーデン

プーケットタウンのコヨーテバー
プーケットタウンの市街地近くにあるコヨーテバー

 

プーケットタウンの市内には、コヨーテバーやビアガーデンと呼ばれる女の子とお酒を飲む場所もいくつかある。

プーケットタウンにおけるビアガーデンの夜遊び
ブルー・モンキー・ハブ・アンド・ホテル・プーケットを出て斜め左にあるビアガーデン。レストランと奥がビアガーデンとなっている。

 

プーケットタウンにあるビアガーデンの女の子
ビアガーデンではホットパンツの女の子が接客してくれる。セットで580バーツ。カラオケもある。

 

こうしたビアバーはパトンビーチにあるバービアとは異なる。キレイで若い女性も多いが、基本的に一緒に飲むだけで、お持ち帰りは出来ないと思った方が良い。

 

プーケットのナイトライフを楽しむのにおすすめのホテル

プーケットはパトンビーチとプーケットタウンにあるホテルが人気である。これらエリアは旅行者にとって便利で、夜遊びはもちろんのこと、昼間も楽しめるからだ。

 

パトンビーチから出ているバングラ通りの近く、及びバングラ通りのソイにあるおすすめホテルとしては

>>> バングラ通りまで200m!コストパフォーマンスに優れた綺麗な格安ホテル(最低価格保証付きリンク)

>>> ソイ・シードラゴンのすぐ近く!バングラ通りのソイにある格安ホテル(最低価格保証付きリンク)

の2つがある。

プーケットタウンにビーチは無いが、各エリアへの格安バスであったり、離島へのアクセスも良い。このエリアでおすすめのホテルとしては

>>> ビーチへとアクセス出来るバスターミナルが目の前!1階にはワーキングスペースもあるオシャレなプーケットタウンのホテル(最低価格保証付きリンク)

がある。

下記でそれぞれ詳しく紹介したいと思う。

 

エレガンシー・サンサバイ・ホテル(Elegancy Sansabai Hotel)

プーケット・パトンビーチに近いおすすめのホテル「エレガンシー・サンサバイ・ホテル」

エレガンシー・サンサバイ・ホテルはバングラ通りまで徒歩数分の位置にあるホテルである。ソイ・シードラゴンへ行くにも5分程度、パトンビーチへも徒歩圏内にある。

 

このホテルがおすすめなのは立地が良い点だけではない。リフォームされていて新しいにもかかわらず、格安ホテル並に料金は安い点も大きい。

プーケット・パトンビーチに近いおすすめのホテル「エレガンシー・サンサバイ・ホテル」の受付
ホテル受付。チェックイン時にディポジットとして1000バーツがかかる。もちろん、鍵を無くす等しなければ、チェックアウト時に全額返金される。

 

プーケット・パトンビーチに近いおすすめのホテル「エレガンシー・サンサバイ・ホテル」部屋

プーケット・パトンビーチに近いおすすめのホテル「エレガンシー・サンサバイ・ホテル」のベッド
部屋は新しく、きちんと清掃も行き届いている。決して広くはないが、機能的に出来ており、電気ケトル等もひと通り揃っている。

 

プーケット・パトンビーチに近いおすすめのホテル「エレガンシー・サンサバイ・ホテル」の洗面所、シャワールーム
洗面所とトイレ、奥にシャワールームがある。

 

プーケット・パトンビーチに近いおすすめのホテル「エレガンシー・サンサバイ・ホテル」の屋上プール
ホテル屋上のプール。バングラ通り及びパトンビーチも見える。屋上プールは7〜19時まで開放されている。

 

ホテルはキレイで新しく、様々な場所へのアクセスも良い。にもかかわらず、格安ホテル並の料金で泊まる事が出来る。

 

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れればチェック出来るので、値段を比較するために前もって見ておいた方が良いだろう。

>>> エレガンシー・サンサバイ・ホテル(最低価格保証付きリンク)

ジョイナーフィーは無料なので2人まで宿泊することが出来る。女性を連れ込んだ場合もIDチェックはなされなかった。

 

リコズ・ホテル・パトン(Rico’s Hotel Patong)

プーケット・パトンビーチに近いおすすめのホテル「リコズ・ホテル・パトン」

リコズ・ホテル・パトンはバングラ通りのソイにあるホテルである。ゴーゴーバーのあるソイ・シードラゴンからも徒歩0分の距離にある。

ソイ・シードラゴンを出て、すぐ前にリコズ・ホテルのあるソイが見える。バングラ通りを挟んだソイ・シードラゴンのすぐ反対側のソイである。

プーケット・パトンビーチ、バングラ通りに近いおすすめのホテル「リコズ・ホテル・パトン」
このソイを入って行けばすぐにホテルが見えてくる。

 

プーケット・パトンビーチに近いおすすめのホテル「リコズ・ホテル・パトン」受付
ホテル受付

 

プーケット・パトンビーチに近いおすすめのホテル「リコズ・ホテル・パトン」の部屋 プーケット・パトンビーチに近いおすすめのホテル「リコズ・ホテル・パトン」の部屋

プーケット・パトンビーチに近いおすすめのホテル「リコズ・ホテル・パトン」の部屋
部屋は決して新しくはないが、キレイに掃除されている。WiFiも無料。

 

プーケット・パトンビーチに近いおすすめのホテル「リコズ・ホテル・パトン」の洗面所、トイレ
洗面所とトイレ、左のカーテン奥がシャワールームとなっている。

 

ホテルを出て0分で、ゴーゴーバーが営業しているソイ・シードラゴンへ行くことが出来る。好立地にもかかわらず、格安の部類に入るホテルである。

プーケットのゴーゴーバーを存分に楽しみたいと考えているなら最適なホテルと言えるだろう。

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れればチェック出来るので、値段を比較するために前もって見ておいた方が良いだろう。

>>> リコズ・ホテル・パトン(最低価格保証付きリンク)

こちらもジョイナーフィーが無料なので、1人分の料金で2人まで宿泊することが出来る。女性を連れ込んだ場合もIDチェックがなされる事はなかった。

 

ブルー・モンキー・ハブ・アンド・ホテル・プーケット

プーケットタウンのおすすめホテル「ブルー・モンキー・ハブ・アンド・ホテル・プーケット」

ブルー・モンキー・ハブ・アンド・ホテル・プーケットはプーケットタウンにある新築ホテルである。目の前にバスターミナルがあるので、プーケット旅行を格安で楽しむための拠点にする事も出来るおすすめホテルだ。

 

プーケットタウンのおすすめホテル「ブルー・モンキー・ハブ・アンド・ホテル・プーケット」
1階スペース

 

プーケットタウンのおすすめホテル「ブルー・モンキー・ハブ・アンド・ホテル・プーケット」ワーキングスペース
1階はワーキングスペースもあり、PC作業をしている人も多い。

 

プーケットタウンのおすすめホテル「ブルー・モンキー・ハブ・アンド・ホテル・プーケット」のプール
1階奥にはプールやフィットネスルームもある。

 

プーケットタウンのおすすめホテル「ブルー・モンキー・ハブ・アンド・ホテル・プーケット」部屋

プーケットタウンのおすすめホテル「ブルー・モンキー・ハブ・アンド・ホテル・プーケット」デスク
部屋はキレイで広々としており、机も広いのでここで作業する事も出来る。もちろん、WiFiは無料である。

 

プーケットタウンのおすすめホテル「ブルー・モンキー・ハブ・アンド・ホテル・プーケット」洗面所

プーケットタウンのおすすめホテル「ブルー・モンキー・ハブ・アンド・ホテル・プーケット」トイレ、シャワールーム
洗面所とトイレ、シャワールーム

 

プーケットタウンのおすすめホテル「ブルー・モンキー・ハブ・アンド・ホテル・プーケット」

プーケットタウンのおすすめホテル「ブルー・モンキー・ハブ・アンド・ホテル・プーケット」バルコニー
バルコニーも付いている。左にあるのが上でも紹介したビアガーデン。写真右奥に見えるのがバスステーションである。

 

バスステーションからはプーケット島にある様々なエリアへと格安でアクセス出来る。バスは7時から17時まで運行しているので、各ビーチへと日帰りで楽しむ事も出来る。移動費の高いプーケットにおいて、バスは格安で便利な移動手段だ。

バスターミナルを上手く利用することで、様々なプーケット観光を格安で楽しむ事も出来るはずだ。

宿泊料は下記リンクから日付を入れるだけでチェック出来る。値段を比較するために、予めチェックしておいた方が良いだろう。

>>> ブルー・モンキー・ハブ・アンド・ホテル・プーケット(最低価格保証付きリンク)

ジョイナーフィーは無料なので、1人分の料金で2人まで宿泊することが出来る。

 

ホテル選びは一度悩むと結果はほとんど変わらないにもかかわらず、数時間を浪費してしまうケースが多い。しかし、ネット上で知ることの出来る情報は限られるため、実際に泊まってみないことには良し悪しの判断も出来ないだろう。

気になるホテルがあったら、すぐに予約すべきかと思う。泊まってみてはじめて、リピートするか、新規のホテルを開拓するかの判断をすることが出来るはずだ。

 

プーケットにおける夜遊びまとめ

プーケット・パトンビーチから出るバングラ通り
バングラ通り

 

プーケットは夜遊びや風俗も充実しているが、男性のみで楽しめるようなものは同じビーチリゾートでもパタヤの方がおすすめである。プーケットはカップルでの旅行者も多く、風俗のみを求めている人は少ない。男性の好み夜遊びや風俗を楽しみたいならパタヤの方がコストパフォーマンスも高い。

パタヤにある夜遊び方や場所を含む2016年最新情報を紹介したいと思う。
パタヤビーチ パタヤはタイの首都バンコクから車で2時間程度の位置にあるビーチリゾートで、世界中から旅行者が訪れる人気観光地である。この街には中国人のように家族連れで訪れる人々やカップルもいるが...

それでも、プーケットはマリンスポーツだったり、美しい景色が広がる離島への旅行といった他には無い楽しみ方が出来る場所である。

こうした昼の観光を楽しみつつ、ついでに夜遊びだったり、風俗を楽しみたい人におすすめできる街という事は間違いない。

 

プーケットでは、どのように過ごすかによって、泊まるホテルの場所だったり、スケジュールも考える必要があるだろう。泊まるホテルの場所だったり、スケジュールも考える上では下記記事も必読である。

プーケットでの観光を楽しむ前に知っておくべき基礎情報を述べていく
プーケットと言えばビーチリゾートであり、マリンスポーツ等のアクティビティを楽しむ事が出来るのは想像出来るかと思う。この記事では満足度を高めるために必要なプーケットにおける人気滞在スポットの特徴から...

プーケットでの観光を楽しむ前に読んでおいた方が良いだろう。


プーケット・バングラ通りのディスコ前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(freelifer)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを旅行しながら生活している海外旅行のエキスパートです。
このブログではタイやその周辺国のナイトライフ情報を中心に、アングラな世界についての紹介もしていきます。
詳しいプロフィールはこちら。質問、意見等ある方はツイッターからどうぞ。