ソイLKメトロ、パタヤビーチから離れたパタヤのゴーゴーバーの場所や料金、システムについて詳しく述べていく


スポンサーリンク

ソイLKメトロ ゴーゴーバー soi LK Metro
ソイLKメトロ入り口

 

LKメトロとは?

ソイLKメトロはパタヤのソイブッカオから出るソイ(小道)の1つである。大型ホテルであるLKメトロポール・ホテルを囲むようにして存在するソイで、このホテルの名前を取って名付けられた。

パタヤのゴーゴーバーエリアといえばウォーキングストリートが有名だが、パタヤビーチから離れ、セカンドロードよりも内陸側のエリアであるここソイLKメトロにも15軒ぐらいのゴーゴーバーがひしめき合っている。

pattaya-map
ソイブッカオは緑のライン

 

LKメトロのゴーゴーバーはファラン(欧米人)が多いため、彼らが好むポール・ショーをはじめとする派手なショーを行っているところが多い。

 

女の子はそれなりに若くて可愛い系もいるのだが、タイ美人を中心に揃えようとしているのがわかる。メイクもファランが好きそうな派手目のものをしている。女の子はメイクでかなり印象が変わるため、ナチュラル系のメイクにすれば絶対に日本人好みになるであろう子も何人かいる。

また、ウォーキングストリートと比べると年齢層は若干上の年齢層の女の子も多い。

 

客もファラン中心ではあるが、最近は日本人の間でも人気が出始めたようで、以前よりも多く見かけている。ウォーキングストリートに比べて全体的に相場が安く、女の子もスレていなくて、性格は良さそうな子が多いのも日本人が増えている一因だろう。

 

ちなみに、タイ美人というと思い浮かばない人もいると思うので、参考までにタイで美人とされる子が出てる動画も貼っておこうと思う。

顔が濃くて少々ラテン系の顔つき。動画で出てくる最初の2人がタイ美人という感じである。もちろん、このクラスの美女はほとんどいない。

 

パタヤ・ソイLKメトロのゴーゴーバー

ゴーゴーバーの相場

ソイLKメトロの良いところとして、ウォーキングストリートに比べ値段の安い部分をあげる人は多いだろう。

ショートの値段はさほど変わらず2000バーツ~であるが、ロングでは3500バーツ程度の子が多い。時間帯によって値段は違えど、ロングで4000~6000Bが普通になっているウォーキングストリートに比べて、未だ良心的な値段を提供しているエリアだと思う。

もちろん、安い金額を望むのであれば値下げ交渉は必須になる。

 

下記ではソイLKメトロにある各ゴーゴーバーを店ごとに紹介していく。

 

シャンパーニュ Champagne A go go

soi LK Metro ソイLKメトロ ゴーゴーバー シャンパーニュ Champagne A go go

客はファランが中心。可愛い子もチラホラいるが、日本人好みというよりは、欧米人が好きそうなタイ系美人が多い。年齢層は20代半ばから20代後半ぐらい。日本人にも好意的ではあるが、女の子はファラン好きを集めている様子。

 

ペイントやポール等のショーも豊富である。

ショーが多くて、女の子が少ないような気はするかもしれないが、実はそれなりにいる。ダンサーは15人×2の30人ぐらい。

ショーを見ながら、のんびり楽しむゴーゴーバーである。

 

シュガーシュガー SugarSugar

ソイLKメトロ ゴーゴーバー シュガーシュガー soi LK Metro SugarSugar

メイドの衣装が可愛い。数名たが、日本人にもうけるであろう可愛い子もいる。

何人か裸になっており、21時前は踊っている女の子が5、6人程度と少ない事が多い。

早い時間帯に行った時は全く人がいなかったので入りづらいと思う。ただ、ファランが可愛い子を確保している場合が多いため、早めに行って隣に付けた方が良いかもしれない。

 

ザ・オフィス The Office

ソイLKメトロ ゴーゴーバー ザ・オフィス soi LK Metro The office
写真中央は呼び込みの女の子をナンパするバイタクのにーちゃん。

 

その名前の通りオフィス制服組と下着組が交互に踊るバー。上半身裸で踊っている子もいる。

タイプとしては、若くて素朴な子とファラン好みの派手な子に分かれるかと思う。日本人好みの子もそこそこいる。

ちなみに、制服組より、下着の子のが可愛い子が多かった。

 

クイーンクラブ QUEEN CLUB

ソイLKメトロ ゴーゴーバー クイーンクラブ soi LK Metro go go bar QUEEN CLUB

サンバのショー、大迫力のポールショーあり。

ファランが好きそうなタイ系美人も多いため、客はファランで溢れている。呼び込みの子とダンサー何人かは日本人好みの可愛い子もいる。

ただ、全体的に数がそこまで多くないので、レベルに関しては波がある。

 

接客も積極的だが、ドリンク要求も積極的。ウォーキングストリートのアイアンクラブとオーナーが一緒で、両店間で女の子の移動がある。日本人好みはクイーンクラブからアイアンに移動するケースが多々あるようだ。

 

ショーガールズ showgirls

ソイLKメトロ ゴーゴーバー ショーガールズ soi LK Metro go go bar showgirls

以前よりもレベルは落ちた気がするが、可愛い子は何人かいる。背の小さい子が多く、プライベートっぽい着ている水着も良い。

女の子30人ぐらいがコンサート会場みたいに一か所に乗るので、選びやすいと思う。ただし、ピークを過ぎた遅い時間になると選べる子はかなり少なくなる。

 

客は多い時と少ない時があったが、多い時は日本人が結構入っていた。好みが合う人は好きかもしれない。

 

バチェラー Bachelor

ソイLKメトロ ゴーゴーバー バチェラー soi LK Metro go go bar Bachelor

お立ち台二つ。中央に大きな柱がある謎の構造。

可愛い系の呼び込みはベイパー不可だったりするが、それ以外にも何人か日本人好みの可愛い子がいる。

交渉が必要になる時もあるが、ショート2000、ロングで3000-3500が相場である。

 

アメジスト Amethyst

ソイLKメトロ ゴーゴーバー アメジスト soi LK metro Amethyst

2、3人はLKメトロでもトップクラスに美人な子がいる。人気嬢はすぐに持ち帰られてしまうためか、日によっては全然女の子がいない。20時前に行った方が無難だと思う。

ダンサーには上半身裸の子も混ざっている。

呼び込みの子が可愛いかったりするので、誘って店内で飲むのも良いと思う。

 

クリスタルクラブ Crystal Club

ソイLKメトロ ゴーゴーバー クリスタルクラブ crystal club soi LK Metro

素朴な感じの子が多く、派手目の子は比較的少ないように感じた。人によってはソイLKメトロで一番盛り上がるゴーゴーとも呼ばれている。

 

客層はファランがメインで、日本人はあまり見なかった。アメジスト同様に、盛り上がっている時と全く盛り上がっていない時の差が激しいように思える。

 

オスカーズ Oscars

ソイLKメトロ ゴーゴーバー オスカーズ soi LK Metro Oscars

年齢層は高めで女の子の数自体少ないように思える。

 

デスティニー Destiny

ソイLKメトロ ゴーゴーバー デスティニー soi LK metro go go bar Destiny

ピーク時は10人程度がステージで踊っている。全体では20人弱ぐらい。

ステージ上ではわからないが、席に呼んで近くで見ると、思ったよりも年齢が上だったりする。

 

パラダイス Paradise

ソイLKメトロ ゴーゴーバー パラダイス soi LK Metro Paradise

みんな上半身裸、小柄で若い素朴な子が多い。呼び込みの子等、数人可愛い子もいるがファランが確保してた。

ステージ上では大体7、8人が踊っている。ただ、ピーク時以外は踊っている子も4人程度と少ない。

 

リニューアルオープンしたばかりらしく店内は綺麗。ファランで賑わっている日もある。

レディースドリンクは160バーツ。

 

カオス Kaos

ソイLKメトロ ゴーゴーバー カオス soi LK Metro go go bar Kaos

狭い店内に女の子が15人ぐらいいて、客より数がいる事が多々ある。日本人好みで可愛い系の子が何人かいる。

客は時期にもよるがファランが多くを占める。

 

キス Kiss a go go

ソイLKメトロ ゴーゴーバー キス soi LK Metro go go bar kiss

若い子もいるが、老人ファラン向けか、おばちゃんも目立つ。

老人ファランのリピーターが多いらしく、店内で盛り上がっている時もある。

 

レディーラブ Lady Love a go go

ソイLKメトロ ゴーゴーバー レディーラブsoi LK Metro go go bar Bachelor Lady Love a go go

小さな子が多いが、顔はファラン好みを揃えている。客も多くがファラン。バスタブでプレイしている子もいる。

ダンサーの女の子は全部で15人ぐらい。

 

クライマックス Climax

ソイLKメトロ ゴーゴーバー クライマックス soi LK Metro Climax

呼び込みの女の子は可愛い。

数がまだ揃っていないせいか、ピークを過ぎると一気に人が少なくなる。

 

ソイブッカオ(Soi Bua Khao)

ソイLKメトロの近く、ソイブッカオ沿いにもゴーゴーバーがある。

オアシス Oasis

ソイLKメトロ ゴーゴーバー オアシス Oasis soi LK Metro pattaya

早い時間であれば比較的若い子もいるが、基本的にはぽっちゃりなおばちゃんが多い。

老人ファラン向けのゴーゴーバーである。

 

デビルズデン Devils Den

ソイLKメトロ デビルズデン パタヤ soi-LK-Metro Devils Den

ソイLKメトロ内にある日本の風俗のような営業形態のお店。ソイLKメトロの他のゴーゴーバーには行かなくとも、ここにはよく行くという人は多い。

 

3Pを基本オプションとして、AVのような変態プレイが出来る。各種プレイ用具も揃っていて、客の要望にもなるべく応える体制が出来ている。本番プレイが禁止されている日本では決して存在出来ないお店だし、こうしたサービスをウリにしている店はタイでも少ない。

 

可愛い子は少ないと言われているが、呼び込みの中から女の子を選べば問題無いだろう。

 

パタヤの地図とソイLKメトロへの行き方


(パタヤの地図。右上の枠の記号(Full Screen)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。地図は右上の記号から保存や各種SNS等での共有も可能)

上の黒いスターの近く「への字」で囲まれたエリアがソイLKメトロの場所である。

 

ビーチロードとセカンドロードの間のソイの番号で言えば、ソイ11と12の間ぐらいの位置で、逆側(陸側)のソイにある。ウォーキングストリート等南からソンテウで行く向かうは、、ソイ12から少し進んだところで下車しよう。

 

外国人にも人気のレストラン「KISS」の横の道にあるパタヤ・サイソングのソイ13(pattaya sai song 13)、通称:ソイダイアナ(Soi Diana)を入って行く。

pattaya Restaurant KISS

pattaya second road to soi diana
レストランKISSとパタヤ・サイソング13の看板。ソイブッカオ側の番号では13になる。

 

セカンドロードを挟んで反対側にはマイクショッピングモールがある。
pattaya second road Mike shopping mall
マイクショッピング・モール

 

ここまではセカンドロード沿いを走るソンテウで行くのが無難だろう。ソンテウの乗り方はパタヤの地図とソンテウの使い方の記事も参考に。

 

セカンドロードからパタヤ・サイソング13(通称:ソイ・ダイアナ)に入ったら真っ直ぐ進む。

pattaya sai song 13

pattaya sai song 13 barbeer
パタヤ・サイソング13沿いのバービア街。夜になると騒がしくなる。

 

pattaya sai song 13 soi diana barbeer night

 

バービア街を抜けると、充実した設備で日本人にも人気があるアレカ・ロッジ・ホテルが見えてくる。

Areca Lodge Hotel pattaya sai song 13
緑の看板が目印。

 

もう数十メートル真っすぐ進めば、左側にファミリーマートとソイLKメトロの看板が見えて来る。

ソイLKメトロ soi LK Metro
ソイLKメトロ入口に到着である。ここを左へ入ればゴーゴーバーやバービアを中心としたナイトスポットが広がっている。

 

パタヤ・ソイLKメトロ近辺のおすすめホテル

247ブティック・ホテル(247 Boutique Hotel)

パタヤ ホテル 247 Boutique Hotel honey1

247ブティック・ホテルはセカンドロードからソイブッカオへ続く通称・ソイハニーにあるホテルである。有名なMP(マッサージ・パーラー)Honey1(ハニー1)と同じ建物に入居している。上のGoogle Mapsでは紫色のスターの位置。

ソイLKメトロから1本北のソイにあり、ホテルからソイLKメトロまでは数分で行くことが出来る。

 

ホテルは新しくて綺麗。部屋もそこそこの広さである。
パタヤ ホテル 247 Boutique Hotel bed

パタヤ ホテル 247 Boutique Hotel shower room
シャワールームもベッドから見えるエロい構造。

 

パタヤ ホテル 247 Boutique Hotel desk TV
作業机にTV

 

ホテルにはトレーニング・ジムやプールもある。
パタヤ ホテル 247 Boutique Hotel Training gym

パタヤ ホテル 247 Boutique Hotel Rooftop pool

パタヤ ホテル 247 Boutique Hotel pattaya city
屋上からはパタヤの街を一望できる。

 

LKメトロにも近く、ホテルの近くにもバービアやマッサージの他、レストランやランドリーサービスもあるので生活するにも非常に便利である。

宿泊費は時期により大きく違うので、正確な料金は下記のリンク先に日付を入れてチェックして欲しい。

>>> 247ブティック・ホテル(最低価格保証付きリンク)

JF(連れ込み料)は無料なので2人まで同じ料金で宿泊する事が出来る。LKメトロ周辺で、新しく清潔なホテルに泊まりたい人におすすめのホテルである。

 

パサデナ・ロッジ・ホテル(Pasadena Lodge Hotel)

パタヤ滞在中はソイLKメトロに浸かりたいと思っていて、値段を抑えたい人におすすめなのが格安ホテルのパサデナ・ロッジ・ホテルである。

パタヤ ホテル soi-LK-Metro-Pasadena-Lodge-Hotel
上にあったソイLKメトロのGoogleマップでは黒の☆マークの位置にある。

ソイLKメトロの入り口から入り、真っすぐ行った突き当り正面の角にあるホテルがそれである。ソイLKメトロのど真ん中にあるため、ほとんどバーに徒歩0分で行くことが出来る。

 

レセプションや外観は南国風だが、部屋は和風と中華風ぽい雰囲気。少々ボロい部分はあるが、部屋はそれなりに広い。

パタヤ ホテル Pasadena Lodge Hotel lobby pattaya パタヤ ホテル Pasadena Lodge Hotel bed room

パタヤ ホテル Pasadena Lodge Hotel room
テレビと作業机

 

受付のスタッフもフレンドリーで、女の子を連れ込む時にかかるJFもかからない。自分のように、パタヤで数日間はソイLKメトロに浸りたい!という人にもおすすめである。

 

格安ホテルであるが、宿泊料は時期にもよるので、下記のリンクから日付を入れて、最安値をチェックをしてみてほしい。

>>> パサデナ・ロッジ・ホテル (最低価格保証付きリンク)

早めに予約しないと満室になったり、値段が高騰する場合もある。こちらも2人まで同じ料金で宿泊が出来る。

 

LKメトロポール・ホテル(LK Metropole Hotel)

パタヤ ホテル LK Metropole Hotel entrance
LKメトロポール・ホテル

 

ソイLKメトロに囲まれ中心にあるホテルで、ソイLKメトロというソイの名前の元となった大規模ホテル。一番安い部屋でも部屋が広く、ホテル内には様々な設備も充実している。

パタヤ ホテル LK Metropole Hotel bed
ベッドルーム

 

パタヤ ホテル LK Metropole Hotel kitchen
長期滞在者用にキッチンまである。

 

LK-Metropole Hotel bed pool pattaya
プール

 

LK Metropole Hotel breakfast fruit pattaya

LK Metropole Hotel breakfast pattaya
朝食は料理一品とバイキング形式の野菜やフルーツ等。無料の朝食が付いてくるプランが基本となっている。この点が良くて自分もリピートしている。

 

宿泊者は長期滞在しているファランが多く、日本人はあまり見かけなかった。

宿泊料は時期にもよるので、下記のリンクから日付を入れて、最安値のチェックをしてみてほしい。

>>> LKメトロポール・ホテル(最低価格保証付きリンク)

JF(ジョイナーフィー:連れ込み料)は無料なので2人まで同じ料金で泊まる事が出来る。早めに予約しないと満室になったり、値段が高騰する場合もある。後払いも出来るので、日程が決まっているなら予約だけは前もってしておいた方が良いだろう。

 

パタヤにおけるもう一つの夜の街

数日という短い期間でパタヤを楽しみたいという人にはウォーキングストリートを拠点とするのがおすすめである。しかし、パタヤでの長期滞在を考えている人はソイLKメトロ周辺が良いだろう。

日本人でごった返している場所を離れ、費用の負担も抑えられるといった利点がある。

 

ソイLKメトロを含むソイブッカオには今回紹介したゴーゴーバーを中心に、バービアも数多く並んでいる。

ここで働いている女の子はウォーキングストリートよりもガツガツしていなくて、田舎から出てきたばかりの女の子やのんびり稼ぎたいといったすでに落ち着いている子が多い。こうした子に相手にしてもらいながら、ナイトライフをゆっくりと楽しみたいという人にはもってこいの場所だと言えるだろう。

ソイLKメトロ パタヤ soi LK Metro pattaya night

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(freelifer)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを旅行しながら生活している海外旅行のエキスパートです。
このブログではタイやその周辺国のナイトライフ情報を中心に、アングラな世界についての紹介もしていきます。
詳しいプロフィールはこちら。質問、意見等ある方はツイッターからどうぞ。