パタヤ・ソイ6の置屋バーについて、場所や料金、システムを詳しく述べる

パタヤ・ソイ6

 

パタヤにはゴーゴーバーやバービアが多数営業しているウォーキングストリートやソイLKメトロといった有名な繁華街がある。特にウォーキングストリートには老若男女問わず多くの人が押し寄せ、夜になれば大変な活気になっている。

 

こうしたパタヤの有名な繁華街がある一方で、パタヤに長期滞在しているファラン(欧米人)が主に楽しんでいるバーを兼ねた置屋街も存在している。パタヤでもっとも有名な置屋街はソイ6にあり、昼間から多数の店が営業している。

パタヤ・ソイ6の女の子
ソイ6の置屋バーは夕方より少し前の時間から営業している。ただし、お酒の提供は18時からとなっている。

 

この記事では

▶ パタヤ・ソイ6の料金やシステム、営業時間
▶ パタヤ・ソイ6周辺の地図と行き方

に加えて、

▶ パタヤ・ソイ6を遊び尽くしたい人におすすめのホテル

まで、ソイ6初心者向けに詳しく紹介していきたいと思う。

 

パタヤ・ソイ6(soi 6 pattaya)

パタヤ・ソイ6入口セカンドロード
セカンドロード沿いのソイ6入り口

 

パタヤ・ソイ6はビーチロードとセカンドロードの間にある全長約350mのソイ(路地)である。隣のソイ6/1でも置屋バーが営業しており、ソイ6にあるバーの裏口になっている。ソイ6/1にも呼び込みもいるが、レディボーイが多い。

ソイ6を歩くと、女の子が視線を送ってきたり声をかけられる。こうした女の子の中で気になる子がいれば、指名して一緒に店内へ入ろう。外見はバービア街のような雰囲気だが、店内に入れば日本のセクキャバのような感じとなっている。ドリンクを注文して、 店内ではお酒を飲みながらイチャイチャする事が出来る。

 

ソイ6の女の子は「レベルが低い」「年齢層が高い」と言われてるが、通りを見て行くと数人は可愛い子もいるのがわかると思う(100名中数人の割合)。多くの人がソイ6を1往復、2往復して決めるようだが、2往復目すれば顔を覚えられるし、笑われたりする。それでも屈せず、ゆっくりと選ぶのが、可愛い子を確保するコツとなる。

パタヤ・ソイ6の女の子
若くて可愛い子も探せばいる。

 

一緒にお酒を飲んだ子が気に入れば、2階に併設されているヤリ部屋で最後まで行為を行う事も出来る。ドリンクを飲まずにそのまま2階に連れて行き行為に及ぶ人もいる。

 

聞くところによると、タイ周辺諸国から来ている女の子も多く、その中に可愛い子が混ざっているそうだ。ただ、人気が出ると、すぐにウォーキングストリートのゴーゴーバーに移動してしまうので、めったに会えないのも事実である。ソイ6の可愛い子はすぐに場所を移ってしまったりするので、気に入った子がいれば連絡先を交換しておいても良いかもしれない。

 

置屋の料金

2017年9月現在の基本料金は

▶ ショートタイム(1回戦)
ペイバー及び部屋代:300~550バーツ(約980~1790円)
チップ(ショート):1000バーツ(約3250円)
計 1300バーツ(約4230円)+ドリンク代~

▶ ロングタイム(2回戦、朝まで)
ペイバー及び部屋代:500~1000バーツ(約1630~3250円)
チップ(ショート):2000~3000バーツ(約6510~9760円)
計 2500バーツ(約8140円)+ドリンク代~

となっている。

 

ペイバー代はホテルへ持ち帰るよりも、バーの2階のやり部屋でやった方が300バーツ~と安くなる。ただし、パタヤ・ソイ6でも、店での売春行為は禁止されるようになったので、ホテルまで持ち帰ることを求めるバーもある。自分のホテルまで持ち帰る場合、ペイバー代は500~600バーツと値段を上げているケースが多い。ロングタイムにすると、更に値段は上がり、最大で1000バーツのペイバー代を要求された。

 

ショートタイムにおける女の子へのチップは1000バーツが基本となっている。800バーツ程度まで下がる子もいるが、基本的には難しくなっている。客が少ないシーズン外の時期でも、女の子にもよるだろう。日本人好みの可愛い女の子ではショート1000バーツ(約3250円)から下がらなかった。

ロングタイムは2000~3000バーツ。提示額としては3000バーツが多いが、2500バーツまでは簡単に下がった。

 

バーファインやチップの他にバーでドリンクを飲めばその料金も請求される。ただ、バービアと同程度に安い。店やドリンクにもよるが、自分と女の子へ1杯ずつでも200~300バーツ程度である。

 

早い時間での連れ出しで値段を上げているバーもある。自分の場合ホテルへ連れ帰る場合はショートで1500バーツを要求されたので、1200バーツ(約3910円)を提示したらその値段まで下がった。ロングの場合は人気の子の場合、下がっても1800バーツ(約5860円)ぐらいだろう。

バーファインの差は店ごとだが、チップの料金は女の子や連れ出す時間によっても異なるようだ。

※上記タイバーツ・日本円レートは2017年9月11日現在のレート

 

パタヤ・ソイ6の営業時間

営業時間は18~25時(午前1時)。それよりも前の時間から店は開いているが、お酒の提供は18時~が決まりとなっている。もちろん、こっそり提供してくれるバーもある。

パタヤ・ソイ6のファラン

セカンドロード側のバーは昼の15時頃から徐々に営業が始まり、ファランがすでにお酒を飲んでいたりする。早い時間だとビーチロード側の店は開いていない所も多い。深夜1時には女の子の数も少なくなる。

夕方頃がピークで、通りを歩く客も一番多いと思う。自分は何回も往復するので、顔が若干隠れる夕方頃に毎回行く。夕方からちょっと遊べば、ウォーキングストリートの店がオープンし始める20時ぐらいの時間になるので、ちょうど良いだろう。

 

注意点

最近はあまり聞かなくなったが、手グセが悪い、要は、シャワーを浴びている時などに財布からお金を抜いたりする子も以前は聞いた。財布、携帯はシャワールームに持って行ったほうが無難である。また、バー2階のヤリ部屋は汚く衛生状態が悪かったり、お湯が出ない所もある。

こういったトラブルは値段的にもしょうがないので、やり部屋を使わないでホテルへお持ち帰りしたり、個々で対策を考えて欲しい。

 

ソイ6周辺の地図と行き方

ソイ6(soi 6)という名前の通り、ビーチロードとセカンドロードに挟まれたソイ6(soi 6)にある。セントラルパタヤロードより2つ北側の脇道だ。

パタヤ・ビーチロードとセカンドロード
上の青の矢印がビーチロード、下のオレンジの矢印がセカンドロードになる。

 


パタヤ中心地の地図。右上の枠の記号(Full Screen)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。地図は右上の記号から保存や各種SNS等での共有も出来ます。ビーチロードとセカンドロードに挟まれ、少し北側にあるピンクのラインがソイ6である。

 

パタヤ・ソイ6入口ビーチロード
ビーチロード側のソイ6入り口。

 

セントラルパタヤロードより南側に滞在している場合、 車は一方通行なので、セカンドロードから北方面を目指す事になる。パタヤのソンテウはこのビーチロードとセカンドロードをグルグル回っているが、中央にあるセントラルパタヤロード(青の矢印)で左に曲がる事があるので注意しよう。

セントラルパタヤロードから歩いて10分ぐらいなので、ソンテウではここで降りても問題はない。ビーチロード、セカンドロード沿いで乗れば10バーツ程度でここまで行くことが出来る。

パタヤにおけるソンテウの使い方については下記記事を参考に。

パタヤにおけるソンテウの乗り方をビーチロード、セカンドロード周辺のルート地図とともに紹介する
パタヤの街はビーチロードとセカンドロード周辺やその間のソイを中心に発達している。バンコクのようにBTSや地下鉄も無いが、移動手段としてはソンテウがその役割を十分に果たしている。この...
ソンテウの使い方がわかると、パタヤの街は低価格で移動しやすくなる。パタヤ初心者は目を通しておいた方が良いだろう。

 

パタヤ・ソイ6周辺のおすすめホテル

パタヤ・ソイ6周辺には格安ホテルも多い。ただ、この記事ではソイ6近くのコスパの良い中級ホテルを紹介したいと思う。

ホテル・セレクション・パタヤ(Hotel Selection Pattaya)

ホテル・セレクション・パタヤ(Hotel Selection Pattaya)

ホテル・セレクション・パタヤはビーチロード沿いにある大型ホテルである。ソイ6の1本北側のソイにあり、ソイ6までは数分でアクセスする事が出来る。

 

ホテル・セレクション・パタヤ(Hotel Selection Pattaya)

 ホテル・セレクション・パタヤ(Hotel Selection Pattaya)ベッド
部屋はそれなりに広く、新しい。

 

ホテル・セレクション・パタヤ(Hotel Selection Pattaya)
ブラインドを上げるとシャワールーム兼バスタブが丸見えになる。バスタブではお風呂に入りながらイチャイチャも出来る。

 

ホテル・セレクション・パタヤ(Hotel Selection Pattaya)ビーチロード
バルコニーからはビーチロードも見える。ビーチロードへ出て左へ向かうとすぐにソイ6に着く。

 

ビーチロードが目の前なのでウォーキングストリートへのアクセスも良い。セカンドロードからホテルへ向かう場合はパタヤの有名マッサージ・パーラーであるラスプーチンの横を通って行く。

パタヤのマッサージパーラー「ラスプーチン」
マッサージ・パーラー「ラスプーチン」。広い敷地のサイドを通って、ビーチロード方面へ出て行くとホテル・セレクション・パタヤが見えて来る。ラスプーチンのちょうど裏にホテルはある。

 

WiFiも無料。建物もそれなりに綺麗で、アクセスの良い場所にあるホテルなのに、価格はお手頃だ。シーズン中で無ければ格安ホテル並の料金で泊まる事もできる。

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために見ておいた方が良いだろう。

>>> ホテル・セレクション・パタヤ(最低価格保証付きリンク)

ジョイナーフィーは無料なので、宿泊者が2人でも1人の料金で泊まることが出来る。

 

女の子を連れ込む時はフロントでIDのチェックがなされる。女の子が帰る時は、全部OKか(盗まれているものはないか?)等レセプションから確認の電話がかかってくるのでフリーの娼婦を連れ込む場合も安心かと思う。

シーズン外でもすぐに満室になってしまうので、先に予約だけでもしておいた方が良いだろう。料金は後払いにする事も出来る。

 

パタヤ最大の置屋街「ソイ6」

パタヤ・ソイ6

パタヤ・ソイ6は自分も最初は興味本位で見に行くだけだった。しかし、今ではパタヤに来る度に欠かさず一度は行くようになった。

値段も安く、まったり飲む場所としても良いので、欧米人の長期滞在者や節約旅行者には人気のエリアだ。

 

パタヤ・ソイ6のファラン
明るい時間からソイ6で酒を飲むロシア人と思われるファラン達。

 

繁華街として有名なウォーキングストリートと違い、ソイ6は華やかさに欠けるどちらかと言えば小汚い場所ではある。ただ、タイならではの日本では味わえないようなこの非日常を体験出来るのはやはり魅力的であろう。

 

パタヤの夜遊び情報をまとめて把握したい人は下記記事も必読である。

パタヤにある夜遊び方や場所を含む2016年最新情報を紹介したいと思う。
パタヤビーチ パタヤはタイの首都バンコクから車で2時間程度の位置にあるビーチリゾートで、世界中から旅行者が訪れる人気観光地である。この街には中国人のように家族連れで訪れる人...


パタヤ・ソイ6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(freelifer)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを旅行しながら生活している海外旅行のエキスパートです。
このブログでは東南アジアのナイトライフ情報を中心に、アングラな世界についての紹介もしていきます。
詳しいプロフィールはこちら。質問、意見等ある方はツイッターからどうぞ。