パタヤにある夜遊び方や場所を含む2016年最新情報を紹介したいと思う。


スポンサーリンク

pattaya beach blue sky
パタヤビーチ

 

パタヤはタイの首都バンコクから車で2時間程度の位置にあるビーチリゾートで、世界中から旅行者が訪れる人気観光地である。

この街には中国人のように家族連れで訪れる人々やカップルもいるが、男性向けの夜遊びスポットが多数存在している。従って、外国人観光客の場合、こういった夜遊びを目的に訪れる人も多い。

 

パタヤの夜遊び

パタヤの夜遊びとしては

▶ ゴーゴーバー
▶ バービア
▶ ディスコ
▶ 立ちんぼ
▶ 日本人向けカラオケクラブ
▶ ゴーゴーボーイ(ゲイや女性向けのゴーゴーバー)

がある。

バンコクではゴーゴーバーを中心に、タニヤ等一部のエリアでは日本人向けカラオケも多数営業しているが、パタヤはバービアの数が圧倒的に多い。バービアが多いのは、お酒を飲みながらゆっくりと楽しみたい老人ファラン(欧米人)が好むスタイルの店だからかと思われる。

pattaya BarBeer soi
パタヤのバービア。リタイアもしくはセミリタイアしたファランにも人気の夜遊びスポット。

 

パタヤ夜の地図

pattaya nightspot sightseeing map
バービア街はパタヤ中心地にいくつかあり、上記地図では緑色で示してある。

詳細地図は下記Google Mapsを参考に。

(パタヤプレイスポットとおすすめホテルの地図。右上の枠の記号(Full Screen)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。地図は右上の記号から保存や各種SNS等での共有も出来ます。)

今回紹介する夜遊びスポットやおすすめホテルも全て上記Google Mapsに掲載してある。

 

パタヤの夜遊びスポットのうち、日本人、特に短期旅行者にとって遊びやすく、かつ人気の夜遊びと言えばゴーゴーバーが該当するかと思う。

 

ゴーゴーバー

パタヤの場合、ゴーゴーバーはウォーキングストリートとLKメトロと呼ばれるエリアに密集して営業している。

walking street signboard
ウォーキングストリート

 

soi LK Metro pattaya night
LKメトロ

 

特にウォーキングストリートには約500mのストリートに60軒程度のゴーゴーバーが並んでいる。タイに限らずアジア最大の歓楽街とも言われている。

walking street pattaya go go bar GINZA
店の前で呼びこみをする女の子

 

ゴーゴーバーでは綺麗な女性がステージに乗って踊っており、男性旅行者だけでなく、女性旅行者も楽しめる(ただし、女性のみでの入店はお断りの店もある)。ウォーキングストリートの夜遊びはその供給量から長期間居ても全くと言っていいほど飽きが来ない保養地、まさに地上の楽園である。パタヤへ来たなら一度は訪れてみたいエリアだ。

 

LKメトロはウォーキングストリートほどではないものの、ファランを中心に盛り上がりをみせているエリアである。ウォーキングストリートの人気店よりも値段的にお手頃な店も多く、のんびりしたい人にはおすすめだ。

LKメトロは以前よりも日本人の数が増えている印象も受ける。

 

このエリアの場所やお店の紹介、料金など、詳しくは下記記事を参考に。

ウォーキングストリートのゴーゴーバー、パタヤビーチから続く夜の観光地の場所や料金、システムについて
ウォーキングストリート、ビーチロード側の入口。 ウォーキングストリートとは?ウォーキングストリートはタイ・パタヤにある歓楽街である。パタヤビーチロードの南から伸びて行く通りで、全長は500m弱...
ソイLKメトロ、パタヤビーチから離れたパタヤのゴーゴーバーの場所や料金、システムについて詳しく述べていく
ソイLKメトロ入り口 LKメトロとは?ソイLKメトロはパタヤのソイブッカオから出るソイ(小道)の1つである。大型ホテルであるLKメトロポール・ホテルを囲むようにして存在するソイで、このホテルの名前を取...

 

バービア

pattaya barbeer soi7 night

バービアはパタヤの主要な夜遊びスポットである。ビーチロードとセカンドロードの間のソイに数多く存在している。有名どころでは、ソイ7やソイ8で、特にソイ7は昼間から盛り上がっていたりする。

 

日本におけるガールズバーのような営業スタイルだが、ビール1杯50バーツ程度と安く、レディースドリンクが100バーツ程度なので、1時間女の子と話しても300バーツで済ませる事が出来るかと思う。

ゴーゴーバーと同様にバーから連れ出す事が出来る。連れ出す際に店に払う料金は300バーツ~、女の子へのチップは人それぞれだがショート1000~1500バーツ、ロング1500~2000バーツとゴーゴーバーの半額程度である。もちろん、値段交渉も可能である。2000バーツの場合も女の子によっては1500バーツまで下げる事は可能である。

 

ただ、バービアはゴーゴーバーに比べると年齢層も高い。ママさんの知り合いの子供だったり、若い子が働いている事もあるが、最近では可愛い子の多くはみなゴーゴーバーへと移動している。数あるバービアで可愛い子を探すのは少々大変だし、居ても他の客にキープされる事もあるので、気に入った子が見つかったらすぐに話しかけた方が良いだろう。

パタヤにあるバービアや詳しい料金については下記記事を参考に。

パタヤのバービアで夜遊びしたい人が知っておくべき場所や料金、システムについて。2016年最新情報
パタヤ・ソイダイアナのバービア パタヤの夜遊びと言えばゴーゴーバーが有名であり、旅行者の多くはウォーキングストリートやソイLKメトロなどにあるゴーゴーバーへ向かうと思う。確かに、短期の旅行者であ...

 

ちなみに、ソイ6にあるバービアは置屋に近い営業スタイルとなっている。やり部屋も用意されているので、どちらかと言うと、安い値段ですっきりしたい人向けのスポットだ。

可愛い子がいないと思われがちだが、中には若くて結構レベルの高い子も混じっていたりする。パタヤのここソイ6は他の都市とも違い最近はおばちゃんは少なくなった。

pattaya BarBeer soi6
ソイ6のバービア。昼間から営業している。

 

ソイ6の遊び方から料金については下記記事を参考に。

パタヤ・ソイ6にある格安の置屋街。場所や料金、システムについて2016年最新情報
パタヤ・ソイ6の置屋街 パタヤにはゴーゴーバーやバービアが多数営業しているウォーキングストリートやソイLKメトロといった有名な繁華街がある。特にウォーキングストリートには老若男女問わず多くの人が...

 

ディスコ

パタヤにおける夜遊びの1つとして、ディスコをあげる人も多いだろう。ゴーゴーバーやバービアから女の子を誘い出して、一緒に朝まで楽しみたいと考えている人は多いかと思う。

パタヤで有名な大型ディスコと言えば、ハリウッドである。

Pattaya disco Hollywood
パタヤのディスコ「ハリウッド」。入場料は1人350バーツで2ドリンク付き。ボトルを入れればグループで入ることもできるので、人数によってはこちらの方がお得になる。

 

ハリウッドにはフリーの売春婦も混ざって今夜の客を探している。
Pattaya disco Hollywood prostitute
視線を送ってくる女性たち。

 

値段は人それぞれだがショートタイム(1回まで)で2000バーツ程度、ロングタイム(朝までで)3000バーツ程度。もちろん、ショートで3000バーツ、ロングで4000バーツを提示してくる子も多いが値段交渉をすれば大体下がる。

ハリウッド以外のディスコ、ウォーキングストリートにあるインソムニア(Insomnia)等でも援助交際を求める女性はいるが、一般人も混ざっているので初めから値段交渉をするのは失礼に当たるので止めた方が良いだろう。ある程度雰囲気が出てから、「ホテルに来ない?」といった形で誘うべきだ。

 

立ちんぼ(夜のパタヤビーチ)

beach-Rd prostitute on the Bridge
ウォーキングストリート近くのパタヤビーチロードには多数の客待ちをしている女性が並ぶ。

 

パタヤといえば「パタヤビーチ」と言っても過言でないぐらい有名なビーチである。このビーチは夜になるとフリーの売春婦達が数多く並んでいる。

年齢層はやや高く、中東系の人が好きそうな太めの女性も多い。また、綺麗な子でもレディーボーイであるケースが多いのでその辺は注意する必要があるだろう。若い子もいるが訳ありの子が多いような気がする。

 

値段はディスコ以上に安くできるが、手癖が悪い(シャワーに入った時に物を盗む等)人の割合も上がるので、シャワーは一緒に入るか、先に浴びさせる等を対策を取った方が良いだろう。

beach-Rd prostitute
ウォーキングストリートからセントラルパタヤロード辺りまで、ビーチロード海沿いの広範囲に立ちんぼが立っている。ディスコでの援助交際もそうだが、個人間の契約になるのである程度のリスク管理は大切である。

「ホテルに泊まらせてくれるだけでいいよ」と言ってくる子もいる。真意は分からないし、そういう子を泊めるのには危険が伴うので避けた方が良いだろう。

 

貧しさのあまり体を売る子が日本では考えられないぐらい多いのがタイだ。体を売ってでも生きるために稼ぐ、弱肉強食の世界が見えるのもタイの特徴だと思っている。

普通の夜遊びに飽きた人がこうしたフリーの売春婦との情事を楽しんでいるようだ。

 

日本人向けカラオケ

pattaya-karaoke-nightlife

ソイの数字が若いノースパタヤエリア、ソイブッカオとサードロードの間にも何軒か営業している。

バンコクのタニヤにあるような日本人向けカラオケと同じようなスナック形式のお店があった。少々古い曲も多いが、カラオケも歌うことが出来、もちろん、ホテルへ連れ帰る事も出来る。

 

ただ、パタヤの日本人向けカラオケのレベルはそこまで高くない。日本人カラオケ目当てであれば、バンコクのタニヤやアユタヤの方が良いだろう。

タニヤのカラオケ。人気店の料金とシステム、初心者向けのタイ情報。
客は主に日本人観光客や日本人駐在員などの現地在住日本人で、日本人以外の外国人だけで、客としてこうしたお店に入ることはほとんどない。バンコクの地にあってリトル東京とも呼ばれ、ここは日本か?と思えるぐ...
アユタヤにはカラオケという夜の観光もある
アユタヤの日本人向けカラオケ アユタヤのカラオケ街は、街の中心地から少し東へと郊外へ出た場所にある。アユタヤ・グランドホテル周辺がカラオケや置屋の多いエリアとなっているので、移動時にはトゥクト...
人によってはタイプの子もいるかと思うが、あくまでローカルカラオケのレベルの子が多い。

 

ゴーゴーボーイ(ボーイズタウン)

Pattaya soi13 boystown

ゲイ向けの店が並ぶエリアで、ゴーゴーボーイと呼ばれる男性版ゴーゴーバーが多数営業しているエリアである。ショーとしてダンスだけでなく、ある種のプレイといった過激な事をする店もある。

 

セカンドロードを更に南に進んだソイ17にはサニープラザ(SUNEE PLAZA)と呼ばれるゲイの聖地があるが、ビーチロードとセカンドロードの間にもボーイズタウンが広がっている。ボーイズタウンのあるソイ13/4は格安ホテル街にもなっているため、ゲイ以外の人も多い。ただ、このエリアに入るだけで様々な客引きを受けるだろう。

ゲイだけでなく、女性が男性を求めて訪れるエリアでもあり、興味本位で訪れる女性グループもちらほらいる。

 

パタヤのおすすめホテル

グランドホテル・パタヤ (Grand Hotel Pattaya)

ウォーキングストリートを遊び尽くしたい人におすすめなのがグランドホテル・パタヤである。

ゴーゴーバー・マンダリンの後ろにあり、部屋からウォーキングストリート、パタヤビーチを一望する事が出来る(パタヤビーチ側の部屋を希望する場合、チェックイン時に受付に伝えた方が良い)。

Grand Hotel Pattaya entrance
ホテル入口

 

Grand Hotel Pattaya bedroom
ベッドルーム。象の形をしているのはバスタオル、ハンドタオル。

 

walking street and beachroad Grand Hotel Pattaya walking street from Grand Hotel Pattaya night view

部屋からはウォーキングストリートだけでなく、パタヤビーチも見渡す事が出来る。

 

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために見ておいた方が良いだろう。

>>> グランドホテル・パタヤ(最低価格保証付きリンク)

JF(ジョイナーフィー:連れ込み料)は無料。値段をチェックした上で、他のホテルとの比較をしてみてほしい。シーズン外でもすぐに満室になってしまうので、先に予約だけでもしておいた方が良いだろう。料金は後払いにする事も出来る。

このホテルの宿泊レポートにかんしてはパタヤ・ウォーキングストリート近くにあるおすすめホテルの記事を参考に。

 

サイアム・アット・サイアム・デザイン・ホテル・パタヤ(Siam @ Siam Design Hotel Pattaya)

Siam at Siam Design Hotel Pattaya second road around spa

サイアム・アット・サイアム・デザイン・ホテル・パタヤはパタヤのメインエリア(パタヤビーチロード付近)に位置するデザインホテルである。このエリアにある高層ホテルの1つで、セカンドロード沿いにあるためパタヤビーチなど広範囲にわたって視界が広がっている。

ウォーキングストリートまでは、ビーチロード沿いのソンテウで移動すればアクセスも容易である。WiFiも速く、シービュー(海の見える部屋)を選べば景色も最高である。屋上のプールからはパタヤの街並みも望むことが出来る。

高級ホテル並みの施設やサービスだが、非常にお得な値段で宿泊できるのもタイならではだろう。

 

宿泊レポート >>> サイアム・アット・サイアム・デザイン・ホテル・パタヤはパタヤに来たら泊まるべき高層ホテルである

Siam at Siam Design Hotel Pattaya roof top pool
屋上にあるプール

 

Siam at Siam Design Hotel Pattaya livingroom
客室

 

デザインホテルとだけあって非常にオシャレなホテルである。カップルにもオススメのホテルだ。

上で紹介した人気ディスコ「ハリウッド」にも徒歩圏内にあるため、ホテルへ帰る前にディスコで楽しむ遊び方も出来るだろう。

Pattaya disco Hollywood nightspot
ハリウッド。フロアにはフリーの娼婦たちも多数待機している。

 

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来る。

>>> サイアム・アット・サイアム・デザイン・ホテル・パタヤ(最低価格保証付きリンク)

JF(ジョイナーフィー:連れ込み料)は無料なので2人まで宿泊できる。リッチな気分をお手頃な価格で楽しめるコストパフォマンスに優れたホテルだ。

 

LKメトロポール・ホテル(LK Metropole Hotel)

LK Metropole Hotel entrance

LKメトロポール・ホテルはソイLKメトロに囲まれ中心にあるホテルで、ソイLKメトロというソイの名前の元となった大規模ホテルである。一番安い部屋でも部屋が広く、ホテル内には様々な設備も充実している。

LK Metropole Hotel bed
ベッドルーム

 

LK Metropole Hotel bed pool
プール

 

LK Metropole Hotel breakfast Fried rice LK Metropole Hotel breakfast fruit

朝食は料理一品とバイキング形式の野菜やフルーツ等。一番安いプランでも無料の朝食が付いてくる。この点が良くて自分もリピートしている。

 

女の子を連れ込む時にかかるJFも無料。宿泊者は長期滞在しているファランが多く、日本人はあまり見かけなかった。人気ホテルのため早めに予約しないと空室が埋まり値段が上がるので注意。

 

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために前もって見ておいた方が良いだろう。

>>> LKメトロポール・ホテル(最低価格保証付きリンク)

宿泊レポートにかんしてはパタヤ・ソイLKメトロの中心にあるおすすめホテルの記事を参考に。

 

ホテル選びは一度悩むと結果はほとんど変わらないにもかかわらず、数時間を浪費してしまうケースが多い。しかし、ネット上で知ることの出来る情報は限られるため、実際に泊まってみないことには良し悪しの判断も出来ないだろう。

気になるホテルがあったら、すぐに予約すべきかと思う。泊まってみてはじめて、リピートするか、新規のホテルを開拓するかの判断をすることが出来るはずだ。

 

パタヤの夜の楽しみ方

pattaya walking street girls

パタヤは夜になると、世界でも有数の歓楽街となる。街全体が刺激的で、この地へ行くだけで別世界にいるような気持ちになるだろう。

 

パタヤではデート相手以上の関係を作るのには、バンコクよりも最適な環境にあると思う。騙すつもりで近づいてくる女性も多いが、お金を持っている日本人や外国人と一緒になって早いところ仕事を辞めたいと思っている人も多い。

恋愛感情を求めることは本能的にも普通のことだ。パタヤでは娯楽として、旅行の間だけ、それを楽しむことが出来る。

 

パタヤの楽しみ方も人それぞれだが、初心者であれば、性格にあった楽しみ方を見つけることから始めると良いと思う。ビジネスとプライベートがはっきり分かれている日本では経験できない遊びが出来る街だということは間違いない。

 

パタヤは昼も楽しめるプレイスポットが多数ある。夜以外の遊びについては下記記事も参考に。

パタヤというタイのビーチリゾート観光は、これだけ抑えておけば大丈夫!
サイアム@サイアム・デザイン・ホテル・パタヤからみた「パタヤビーチ」   日本は秋が深まり冬になれば、コートやマフラーも欠かせなくなるだろう。しかし、世界を見れば12月でもTシャツ一枚で過ごせる地...

ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(freelifer)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを旅行しながら生活している海外旅行のエキスパートです。
このブログではタイやその周辺国のナイトライフ情報を中心に、アングラな世界についての紹介もしていきます。
詳しいプロフィールはこちら。質問、意見等ある方はツイッターからどうぞ。