チェンライの夜遊びと風俗情報まとめ

チェンライ 夜遊び Chiang Rai MP
ワイアン・イン・ホテルにあるオーキッド・マッサージパーラー

 

チェンライはチェンマイの更に北にある都市で、ミャンマーやラオス国境に向かう際の中継地点として利用される都市になる。ナイトバザール等の見どころもあるが、観光スポットやエンタメは少なく、基本的には中継地点としての役割が大きい。市の中心部以外は閑散としている街である。

 

チェンライの夜遊びとしてはバービアがメインとなる。風俗となると、明らかにスペシャルありのマッサージやMPの他、デリバリー置屋がある。

最北部における重要な拠点でもあるので、何らかの理由でチェンライを経由する人も多いだろう。今回はチェンライにおける夜遊び、風俗について詳しく紹介していきたいと思う。

 

チェンライの夜遊びスポット

チェンライの夜遊びは上でも述べたようにバービアが中心となる。チェンライのバービア街はワンカム ホテル(Wangcome Hotel)の西側・ジェットヨッド通り(jetyod road)にある。

 

チェンライのバービア


チェンライの夜遊び、風俗マップ。右上の枠の記号(拡大地図を表示)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。左上の矢印が付いた枠記号を押すと、主要スポットやおすすめホテル一覧も表示されます。

地図上、緑色で囲まれたエリアがバービアが並ぶジェットヨッド通り(jetyod road)になる。ジェットヨッド通り(jetyod road)から出る緑色のエリアにマッサージ店がいくつか営業している。

 

チェンライ 夜遊び Chiang Rai Bar Beer
ジェットヨッド通り(jetyod road)。上のGoogle Mapsでは緑のライン。

 

遊び方も他の都市のバービアと殆ど同じである。ビールも1本80バーツ程度。これとは別にレディースドリンクを飲んでも300バーツ(約1000円)あれば小一時間は楽しめるだろう。

ペイバー代(お持ち帰り代)は店にもよるかと思うが300バーツ、ショート(1回戦)で1000~1500バーツ。ロング(2回戦、朝まで)は2000~3000バーツだった。他の地方と同水準のレベルである。もちろん、言い値よりも安くできるので値段交渉はした方が良い。そうすればショートで1000バーツ、ロングで2000バーツが目安になる。

観光地のバービア嬢と違い、親や恋人と住んでいるケースが多々あるので、ロングが不可な子も多い。その分、学生が働いていたりするが、すでにリピーターの先客がいたりするので可愛い子とは話すのも難しい印象だった。

 

チェンライの風俗

チェンライの風俗となると

▶ 置屋
▶ MP(マッサージパーラー)
▶ スペシャルありのマッサージ

以上の3つがある。

下記で詳しく説明していこう。

 

置屋

チェンライの置屋は基本的にトゥクトゥクの運転手に連れて行ってもらう形になる。地元の人向けに営業しているが、店の移転も多く、独力で探すのは難しいだろう。

置屋へ行くにはファーフォリオシン通り(phaholyothin road)でワイアン・イン・ホテル(Wiang Inn Hotel)近くのトゥクトゥクに頼むのが良いかと思う。夜になれば「レディ」や「ガール」といった言葉をかけてくるはずだ。

チェンライ 夜遊び 風俗 Wiang Inn Hotel Chiang Rai Hotel night
ワイアン・イン・ホテル前のファーフォリオシン通り

 

基本的にはショートで1000バーツとなっている。これより高い値段を提示されたら値段交渉をした方が良いだろう。ロングは交渉次第になっている。ちなみに、移動費は別途請求される。置屋までと置屋からの料金、往復の値段は予め聞いておいた方が良い。

 

マッサージパーラー(MP)

チェンライ 夜遊び 風俗 Chiang Rai MP
チェンライのMPは上でも紹介したワイアン・イン・ホテルの敷地内にある。

 

ホテル入口から入って右側の駐車場のある路地へと入って行く。

チェンライ 夜遊び 風俗 Wiang Inn Hotel Chiang Rai Hotel side

チェンライ 夜遊び 風俗 Wiang Inn Hotel Chiang Rai Hotel side MP
駐車場方面へ真っ直ぐ向かっていく。

 

チェンライ 夜遊び 風俗 Wiang Inn Hotel Chiang Rai Hotel karaoke
途中カラオケ「トリノ(TORINO)」の前を通る。このお店はカラオケというよりバーに近い。

 

チェンライ 夜遊び 風俗 Chiang Rai MP entrance
オーキッド・マッサージパーラー(ORCHID MASSAGE PARLOUR)。トリノから数m先のところにMPの入口はある。

 

オーキッド・マッサージパーラーの営業時間は12時から24時まで。料金は金魚鉢2200、インサイド2600バーツとバンコクやパタヤ並に高い。2600バーツにはまあまあ可愛い子もいるが、正直この金額ならバンコクやチェンマイの方が良い。

他に競争相手がいないため市場原理が働かず高くなっているのかと思う。

 

スペシャルありのマッサージ

チェンライ 夜遊び 風俗 Chiang Rai massage Wangcome Hotel

ワンカム ホテル前南側にはマッサージ通りがある。昼間から営業しているが、夜には怪しいネオンが輝く。ぱっと見若い子もそれなりに居た。興味のある人は是非訪れてみてほしい。

 

チェンライのおすすめホテル

チェンライの人気ホテルと言えば、ワンカム・ホテル(Wangcome Hotel)ワイアン・イン・ホテル(Wiang Inn Hotel)の2つがあげられる。共に市内の中心部にあるチェンライの準高級ホテルである。

Wangcome Hotel
ワンカム・ホテル

 

ワンカム・ホテル周辺は上でも述べたように、マッサージ店やバービアの密集地帯でチェンライの一の繁華街となっている。

 

ワイアン・イン・ホテルはバス・ステーションやナイトマーケットに近く、バービア街にも徒歩圏内で行ける距離にある。くわえて、ワイアン・イン・ホテルにはマッサージパーラーが同じ建物内に入居している。カラオケもあるが、友人同士で楽しむバーといった感じだった。

Wiang Inn Hotel beb room
ワイアン・イン・ホテル

 

どちらも準高級ホテルではあるが、料金はそこまで高くない。正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェックできる。最低価格保証付きの旅行代理店で、料金を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> ワンカム・ホテル(最低価格保証付きリンク)

>>> ワイアン・イン・ホテル(最低価格保証付きリンク)

 

他にもチェンライホテル等、チェンライには格安なのにクオリティの高いホテルがいくつかある。

チェンライ ホテルChiang Rai Hotel appearance
チェンライホテル

 

チェンライの娯楽は決して多いとは言えない。しかし、この物価の安さから長期滞在先の街としては悪くないだろう。

3 Comments

サンべン

先週行ってきましたので、少しレポートさせて下さい。
まず、第1バスステーションが工事中で、東隣の舗装もしてない空き地で降ろされました。
チケット売り場もプレハブ小屋で、第2ステーションのほうがバス会社が多いと言われました。
バービアはアフター目的なら、期待しないほうが良いでしょう。
置屋は、バイタクが見つからず、断念。
マッサージ屋ですが、ワンカムホテル南側のほか、北側にも3件、バービア街の南端に1件ありました。
年齢はどこも高めですが、愛想の良い人が多かったです。
掲載写真の左手前の店が最も女性数(あえて女の子と言わない)が多く、
バービア街南端の店が5人中3人若い娘でした(この店にすれば良かった)。
システムとして、店先または店内で女性を選んで、カウンターで1時間200バーツ払い、
2階でマッサージのふりをしてもらい、追加料金でスペシャルのお誘いがあります。
最初1000バーツでパイズリ+フェラ提示でしたが、こっちがゴネてるうちに値段が下がり、
500バーツでおっぱいマッサージ+手コキ+触り放題となりました。
若くはないが、愛想の良い痴女が好きな方には、オススメです。