チェンマイの夜遊びまとめ2015年最新情報


スポンサーリンク

チェンマイ 夜遊び Chiang Mai nightspot bar Chang Klan Road
チェンマイのコヨーテバー

 

この記事ではチェンマイにおける夜遊び、特に性風俗的な意味合いでの夜遊びスポットを詳しく紹介して行きたいと思う。

 

チェンマイの夜遊び

チェンマイにおける夜遊びについて、主要なもの、人気のあるものから順にあげていくと

▶ バービア、カラオケ、コヨーテバー
▶ MP(マッサージ・パーラー)
▶ ゴーゴーバー

以上の3つがある。バンコクやパタヤほど多くはなくエリアも限定されている。

 

チェンマイ夜遊び地図

下記で紹介する夜遊びスポットはGoogle Mapsで場所を示してある。

(チェンマイ夜遊び地図。右上の枠の記号(Full Screen)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。地図は右上の記号から保存や各種SNS等での共有も可能)

バービア街はラインで囲まれたエリア
カラオケはひし形(◇)のアイコン
ゴーゴーバーは星(☆)のアイコン
MP(マッサージパーラー)はひし形(◯)のアイコン

 

バービア、カラオケ

ロイ・クロー通り(Loi Kroh Road)沿い旧市街側にバービアが広がっており、チェンマイいちの繁華街となっている(Google Mapsでは紫のラインのエリア)。

ロイ・クロー通りから出ているソイでも多数のバービアが営業している(Google Mapsではオレンジのラインで囲まれたエリア)。

Chiang Mai Loi Kroh Rd nightspot
夜のロイ・クロー通り

 

Chiang Mai Loi Kroh Rd night spot barbeer
ロイ・クロー通り沿いのソイ(小道)にあるバービア街

 

スリドンチャイ通り(Sridonchai Road)の東側に日本人向けカラオケが3店ある。

Chiang Mai japanese karaoke SAKURA
日本人カラオケ「SAKURA」(Google Mapsではピンクの丸)。

 

日本人カラオケはレディースドリンクを入れて1時間880バーツ。お持ち帰りはショートのみで値段は女の子にもよるが2000バーツ~。相場は日本人カラオケ間で殆ど同じである。

個人的にはアユタヤのカラオケの方が値段も安く女の子の質も良いと思う。客入りもアユタヤ・カラオケの方が良かった。

 

数人で営業しているローカルカラオケも存在する。チャンクラン通りから少し西に行ったスリドンチャイ通り沿いにはローカルカラオケもいくつか存在している。

Chiang-Mai-local-karaoke
スリドンチャイ通りのローカルカラオケ。

 

こちらは2人の女の子が接客。ドリンク代だけと言われて入る。ドリンク代だけなら合計400バーツなのだが、会計時にそれ以上の額を請求してきたのでクレームを言った。そうしたら、正しい金額まで下げてくれた。チェンマイはクレームを言わなければ高めに請求されるバーがカラオケ、コヨーテバーが多い気がする。

女の子はそこそこのレベルだったが、持ち帰りは不可(「もっと仲良くなってから♡」とはぐらかされる)。

 

ボッタクリバー

チェンマイ在中の知り合いによると、ロイ・クロー通りをはじめとした繁華街近くの通りにいる綺麗な女性達はボッタクリバーの客引きという事で有名らしい。トゥクトゥクの運転手と一緒に綺麗な女性が客引きを行い、チャンクラン通りの南にある店まで移動する。店の営業形態はコヨーテバーのような形である。

 

某ガイドブックには日本人客が多い(=人気?)との記載があったので、客引きの女性が綺麗だった事もあり、友人と一緒に興味本位で付いて行くことにした。

客引きに説明を受けた際は1人1時間500バーツ。店について1時間トーク等をしながら楽しみ、念の為に現在の料金を聞くと、2人ですでに12000バーツ(約41000円)程度とだいぶ膨らんでいた。高級コヨーテバーならあり得なくもない金額だが、内訳を見て明らかにおかしい部分にクレームを入れたところ9500バーツ(約32000円)程度まで下がった。1人で行ったらそのまま丸め込まれる可能性が高いだろう。

 

日本のボッタクリバーよりもマシかと思うが、チェンマイに「プチ」ボッタクリバーが多いのは間違いないと思う。

Chiang Mai nightspot bar Chang Klan Road
チャンクラン通り南にあるプチボッタクリ店。ママやチーママは確かに綺麗だった。

 

警察もグルになっている可能性もあるため、多額の請求をさせても泣き寝入りになると思った方が良い。警察には深夜の営業許可を得るために(タイは基本的に0時以降の営業が禁止)多額の賄賂を渡しているのが普通で、こういった警察公認の店の場合、警察に言っても特に取り合ってもらえない。チェンマイに限らず、客引きを利用し、店に入る場合は注意すべきである。

Chiang Mai Loi Kroh Rd tuktuk
ロイ・クロー通りにいた綺麗なコヨーテ(女性)とこちらに呼びかけるトゥクトゥクの運転手。コヨーテバーは朝の5時まで営業している。ロイ・クロー通りのバービアは1時には閉まってしまうので、まだお酒を飲みたい場合等、綺麗な女性に誘われたら付いて行きたい気持ちになるかもしれない。

 

チェンマイのMP(マッサージ・パーラー)

サユリ(Sayuri)

Chiang Mai MP Sayuri
サユリコンプレックス

 

中心地からは少し離れているのでトゥクトゥク等を利用した方が良いだろう。歩いて行く場合は最短ルートでは行かず、大通り側から行った方がわかりやすいかと思う(Google Mapsではオレンジのひし形の位置)。

MPはサユリコンプレックスというカフェー(コヨーテバーのようなもの)と一緒に併設された建物内にある。その時提示された値段は金魚鉢(ショーケースの中)で2000バーツ~、スーパーモデルで3000バーツだった。女の子のレベルはバンコクよりも劣るかと思う。

通常は右1200バーツ、真ん中1500バーツ、左1700バーツ、金魚鉢以外のスーパーモデルで2000バーツが基準になる。マネージャーによって値段を上乗せされるので値段交渉は必ず行うようにしよう。

 

セレブリティーズ(Celebrities)

Chiang Mai MP Celebrities
セレブリティーズ

 

チャンクラン通りからも歩いて行ける距離にある(Google Mapsではピンクのひし形の位置)。格安ホテルであるダイヤモンド・リバー・ピン・ペッチ・ナム・ホテルへの敷地入口にある。

値段は金魚鉢の左が1400バーツ、右が1700バーツで選べる子も何人かいる。飲み物も安く、チップの値段にもよるが2000バーツ以内に治める事が出来る。バンコクよりもコストパフォーマンスは良いかと思う。

 

チェンマイのゴーゴーバー

チェンマイにもタイの主要都市と同様にゴーゴーバーがあるが、数は3つしかない。また、チェンマイのゴーゴーバーで働いている女の子は地元チェンマイ出身の子が多い。バンコクやパタヤのように地方から出てきて同じゴーゴーバーで働いている子と一緒に住んでいるパターンではなく、殆どが恋人や家族と住んでいる(恋人、家族の公認の下で働いている)。こういった理由で、殆どの子がショートのみでロングは不可となっている。

 

下記ではチェンマイにあるゴーゴーバーについて詳しく紹介していきたいと思う。

フォクシーレディ(foxy lady)

Chiang Mai gogobar foxy lady
フォクシーレディ(foxy lady)

 

チェンマイの準高級ホテル「デュシットD2ホテル」のすぐ裏側にあるゴーゴーバーである(Google Mapsでは青の星印)。

綺麗で選べる子も2、3人いるが、バンコクやパタヤの人気店と比べるとやはり質は落ちる。レディースドリンクは1杯150バーツ。バーファインは700バーツ、ショートが2000バーツ~。

 

1時頃まで営業しているが、0時を回ると選べる子も少なくなる。

Chiang Mai gogobar foxy lady from D2 hotel
デュシットD2ホテルの部屋から見たフォクシーレディ。

 

スターシックス(star xix)

Chiang Mai gogobar star xix
スターシックス(star xix)

 

ロイ・クロー通り沿いとそこから出ているソイでバービア街(Google Mapsではオレンジのラインで囲まれたエリア)の近くにあるゴーゴーバー。バービア街の外の建物にある(Google Mapsでは赤の星印)。

 

ダンサーやコヨーテには若い子も多い。綺麗な子は何人かいるが、全員が全員連れ出せるわけではなく、また中国人客も多いため、綺麗な子は確保されている事が多かった。

ショーを行っていた子はスタイルも良く好みだったが、連れ出しは不可だった。

Chiang Mai gogobar to star xix
建物入口。階段を上がって行った所にゴーゴーバーはある。入口でドリンクチケットを購入するシステムだが、覗くだけなら何も言われなかった。

 

スポットライト(spot light)

Chiang Mai go go bar spot light
スポットライト(spot light)

 

ターペー門周辺にあるゴーゴーバー(Google Mapsでは緑の星印)。店内はバービアのようにバーカウンターのあるエリアとダンサーの踊るお立ち台がある。

ダンサーの女の子は若い。ちょっとぽっちゃりした子が多いが、選べる子も数人はいるかと思う。客はファランや中国人が多かった。19時頃にオープンし、徐々に踊り台へ上がり始める。閉店は1時。

 

ここもバーファインは700バーツ、ショートで2000バーツ~だった。
Chiang Mai gogobar spot light

 

ロイ・クロー通りと旧市街の周りを走る道路の交差点角にもゴーゴーバーと記載のあるバーはあるが、バービアに近い営業形態となっている。
Chiang Mai gogobar
台で踊っている子もいるが、バービアに近い。

 

チェンマイ・おすすめ夜の観光

バンコクと比べてもそこまで値段が安いわけではなく、またレベルも決して高いとは言えない。チェンマイの良いところはやはり昼の観光資源が多い点である。ホテルやレストラン等の値段は安く、のんびり長期滞在したい人におすすめの観光地だ。

チェンマイ観光を検討しているタイ旅行者が絶対に知っておきたいこと
タイ旅行者から見たチェンマイ観光の魅力をまとめると、タイ観光に組み込み易い、夜遊びスポットがある程度限定されている、観光資源が豊富、チェンマイは洗練された都市であるにもかかわらず物価が安い。これら...
夜遊びをしたい場合はバービアかMPのセレブリティが良いだろう。この2つは比較的値段を抑えながら楽しむ事が出来る。ゴーゴーバーもお酒を飲む場所としては悪く無いかと思う。

また、チェンマイは日本人をターゲットにしたボッタクリが多いのは注意して欲しい。日本人の長期滞在者が多いが、比較的お金を持った高齢者なので、数万円単位のお金は払ってしまい問題が旅行者向けに表面化していない部分もある。キャッチに付いて行く場合はこの部分を頭に入れておいた方が良いだろう。

 

セレブリティーズが敷地入口にある格安ホテル >>> ダイヤモンド・リバー・ピン・ペッチ・ナム・ホテル(最低価格保証付きリンク)

フォクシーレディ(foxy lady)が直ぐ裏にある準高級ホテル >>> デュシットD2ホテル(最低価格保証付きリンク)

 

ホテル選びは一度悩むと結果はほとんど変わらないにもかかわらず、数時間を浪費してしまうケースが多い。しかし、ネット上で知ることの出来る情報は限られるため、実際に泊まってみないことには良し悪しの判断も出来ないだろう。

気になるホテルがあったら、すぐに予約すべきかと思う。泊まってみてはじめて、リピートするか、新規のホテルを開拓するかの判断をすることが出来るはずだ。


15 件のコメント

  • チェンマイは、確かにボッタクリが多いかな‥さゆりは、良いですよ!
    地元のトクゥトクゥに連れて行ってもらいましたよ!
    値段は、右1200
    真ん中1500
    左1700
    金魚鉢以外で2000でしたよ!
    5月13日にいきましたよ(笑)

  • いつも楽しく拝見してます。情報が新しく助かっています。
    今ヤンゴンにおり午後にチェンマイに向かいます。
    さて、タイのゴーゴーバービアの連れ出し料金ですが、私はペイバー(PAY BAR)だと思っていたのですが、どうなんでしょうか??(^ω^)

      • そっそくのお返事ありがとうございます。了解です和製ならぬタイ製英語なんですかね?笑
        管理人さんはお1人で行かれているんですか?もし良かったらぜひご一緒しませんか?私は独りで特に田舎を回っていると時々人寂しくなります。苦笑(^^;;
        私はただやるだけは味気ないので長く話してから決められるバービア派です。擦れてない田舎娘が良いです。次の日の昼間にデートしたりするのが最高です。( ^ω^ )

        • ごめんなさい。気軽にリアルで会っていくようなタイプではないので。。。
          バービアの子の方が原石が混ざっている分、良いですよね。
          ゆっくり滞在出来る都市は自分もバービアは割りと攻めますね。

          • 時間があるときは、カフェーも良いですよね( ^ω^ )システムが日本のキャバクラに少し似ていますしね。でもタイ語が出来ないとちょっと辛いですね。

  • 15年程前にビジネスミーティングでチェンマイに行きました。事前に日本で日本語OKの白タクドライバーと携帯電話を手配して、会議終了後の時間を有効活用しました。
    その時は、「サユリ」MPに行きましたが、部屋の中は殺風景で寒々と感じました。
    2016年9月、定年後の「タイ古式マッサージ」留学の下見を兼ねて15年ぶりのチェンマイ訪問(5泊6日:バンコク含む)を計画しています。「お勧め」チャレンジしてみます!

  • ぼったくり情報です。ターペー通り外側のピン川の橋を渡ってCharoenMuangRD.沿い右側すぐにあるカラオケ「Rose」ですが、ボッタクリです。
    1人で1時間女の娘を1人付けて、12,600バーツ請求されました。
    高いと文句を言ってレシートを確認して金額を単純合計したら8,440バーツでした。
    それでも高いので1枚1枚レシートの内容を確認したら頼んでないものやレディースチャージがイロイロ勝手についていました。
    結局30分ほど談判したのですが埒があかず、そのとき持っていた現金を全部て取られました。7,400バーツでした。
    最初の説明ではルームチャージ500バーツ、レディースチャージ500バーツ、ドリンク200バーツ、レディースドリンク200バーツ、連れ出しバーファイン込みで1500バーツとの事でした。
    皆様もお気をつけください(^^;;

    ツーリストポリスには一応通報しました。対応してくれるかわかりませんが、、、

      • やはり無難にロイクロ辺りのバービアかMPが良いですね。
        なお、ゴーゴーのスターシックスはペイバー600でした。
        そう言えばチェンマイにもバンコクにあるような個室マッサージ店の「アニメマッサージ」なるお店がありました。若い学生の娘さんたちがコスプレ衣装でオイルマッサージをしてくれます。マッサージの腕前はイマイチですが(^^;;
        1時間400バーツで、スペシャルマッサージ+500、脱衣+500でした。コスパはMPなどより悪いですがMPに飽きたら気分転換になりますし昼間からやってます。
        場所はYMCAの向かい側です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    付利意雷布亜(freelifer)

    東南アジアを中心に、1年のほとんどを旅行しながら生活している海外旅行のエキスパートです。
    このブログではタイやその周辺国のナイトライフ情報を中心に、アングラな世界についての紹介もしていきます。
    詳しいプロフィールはこちら。質問、意見等ある方はツイッターからどうぞ。