ソイカウボーイで遊ぶ前に知っておくべき料金相場から注意点


スポンサーリンク
ソイカウボーイ

 

ソイカウボーイはバンコクのアソークにあるゴーゴーバーを中心とした風俗店が並ぶ歓楽街である。ゴーゴーバーのシステムなど基本情報については下記記事を参考に。

ゴーゴーバーで損しない遊び方からシステムまで、タイ初心者向けに紹介しようと思う
ameblo.jp ゴーゴーバーとは?www.barnewsbangkok.com ゴーゴーバーとはクラブ型の店舗で、タンクトップ・短パン、水着や下着姿等露出度の高い服を着た女性、もしくは半裸・全裸の女性がステージ上で踊...

 

全長140m弱の小道には約40軒のバーやレストラン等が連なっており、客は地元タイ人よりも、日本人をはじめとする外国人が多い。

ソイカウボーイのゴーゴーバー

ソイ・カウボーイ(カウボーイ通り)という名前は、アメリカ人の元飛行士がこの地でバーを開いたことに由来する。彼は常にカウボーイハットを被っていたので、ニックネームで「カウボーイ」と呼ばれていた。彼のバーがオープンしたのを期に周りへ他の店も集まり始め、現在のような繁華街を形成していった。こうしてこの一帯は路地を意味するタイ語の「ソイ」を頭に付け、ソイカウボーイと呼ばれるようになったのである。

 

この記事ではタイ旅行初心者はもちろん、何度か通っているリピーターでも抑えておくべき

▶ ソイカウボーイのゴーゴーバーにおける最新の料金相場から店舗の特徴から配置図

▶ ソイカウボーイ近くのおすすめホテルとホテルに宿泊する際の注意点

だけでなく、タイ旅行初心者に

▶ アソーク駅、地下鉄スクンビット駅周辺の地図やソイカウボーイへの行き方

までを詳しく述べていきたいと思う。

 

ソイカウボーイのゴーゴーバー

ソイカウボーイのコヨーテバー

ソイカウボーイのゴーゴーバーは、ダンスしている女性を指名し、席でお酒を飲んだり持ち帰ったりする一般的なシステムのお店の他に、日本で言うところのキャバクラの様な女性との会話をメインとした「コヨーテバー」と言われるお店も多い。

コヨーテバーは

▶ ドリンク代が他のゴーゴーバーよりも少し高い
▶ 女の子のお持ち帰りを不可にしていたり、女の子やベイパー代(女性の連れ出し料)を高くしている

といった特徴がある。

ソイカウボーイのコヨーテバーの特徴を持つゴーゴーバーは

▶ リオ
▶ ミッドナイト
▶ サハラ
▶ スパイスガールズ
▶ カウボーイ2
▶ ダンディー
▶ デジャヴ

が主にあげられる。

このうち、リオ、デジャヴはほぼ持ち帰りが不可である。閉店後のショートをOKしてくれる子もいるが、基本的に難しいと考えた方が良いだろう。ダンディーは女の子へのチップの他、ペイバー代が3000バーツ(約9730円)と相場よりも高額にして、ベイパーをしにくくしている。

ミッドナイトやサハラはコヨーテのお持ち帰りも可能であり、女の子へのチップ、及びベイパー代も他のゴーゴーバーとほぼ同じである。

デジャヴ、ソイカウボーイのゴーゴーバー
デジャヴは表面上普通のゴーゴーバーだが、持ち帰りが不可の女の子が働いている。レディースドリンクだけが女の子へのチップ代わりになるので、入店すると指名するように求められるかと思う。

 

ソイカウボーイのおすすめゴーゴーバーと配置図

ソイカウボーイ
左側(西側)がBTSアソーク駅や地下鉄スクンビット駅側の入口となる。

 

ソイカウボーイで最も人気のゴーゴーバーといえば、アソーク通りから入ってソイカウボーイ奥にあるバカラである。バカラは日本人好みの女の子が多いゴーゴーバーであり、ソイカウボーイで最も客が多い。バカラの店内は日本の長期休みになれば、座るのも困難なぐらいの日本人で混雑している。

ただ、個人的にバカラでペイバーすることはおすすめ出来ない。平均レベルが高いのは確かだが、サービスは期待できないからだ。どんどん値上げもしているし、店内にいるウエイターのチップ要求もうるさくなっている。お金重視の傾向は昔からあったが、最近は特に酷くなったように思う。

 

アソーク駅や地下鉄スクンビット駅側のソイカウボーイ入口
BTSアソーク駅や地下鉄スクンビット駅側入口。こちらから入るとバカラは一番奥になる。

 

ナナプラザのレインボーパッポンのキングキャッスルにもショート2200~2500バーツで持ち帰る事が出来るバカラレベルの可愛い子がいる。バカラは手っ取り早く可愛い子とヤリたい人や、初めてのゴーゴーバーとして、観光スポットの感覚で訪れるのには良いかと思う。

 

容姿やサービスは女の子にもよるが、個人的におすすめ出来るのは「クレイジーハウス」と「サハラ」である。クレイジーハウスは下記でも詳しく紹介するが、基本的に全裸で接客してくれるゴーゴーバーである。日本人好みの可愛い子が確保される前に訪れれば、満足度は高いと思う。ロリ系(もちろん、成人している)も揃えているので、そっち系が好きな人におすすめである。

サハラはキレイ系のコヨーテ(黒いドレスの女の子)が店の前で接客しているので、好みの子がいればその子を指名して入店するのが良いだろう。店内ではかなり積極的に絡んでくれる子もいる。サハラの子はお持ち帰りも可能である。

 

ソイカウボーイ全体としての営業時間は19時ぐらいから女の子が入り始める。お店にもよるが21から22時頃にピークを迎え、翌1時頃には徐々に店も閉まり始める。シーズンや曜日によるが、基本的にレベルの高い子は21時半~22時半をピークに段々と少なくなるし、女の子の数も減る。バカラとシャーク、クレイジーハウスなどのお店「以外」は元々女の子も多くない。うとうとしていると、どんどん良い子はいなくなるので、その点には留意してほしい。

 

下記ではソイカウボーイにあるゴーゴーバーについて、特徴から料金まで詳しく紹介していく。

1バーツ=約3.24円(2017年6月現在)

 

バカラ(BACCARA)

ソイカウボーイのバカラ BACCARA soicowboy

バカラはソイカウボーイで最も繁盛しており、日本人に人気のゴーゴーバーである。

日本人好みのナチュラル系から今どきのギャル系美人まで様々なタイプがいる。日本のガールズバーよりも可愛い子は多い。ビキニとタンクトップの2グループに分かれている。

日本の休みの重なるゴールデンウィーク、お盆、年末等、連休時には入りきれないぐらいの日本人客で賑わう。女の子も日本人に慣れている事から簡単な日本語は出来る子が多い。

他の店よりも早い時間帯20~21時ぐらいから可愛い子も並ぶ。それ以外の時間でも比較的人数が揃っている。

 

女の子をお持ち帰りする場合の提示額はショートで3000バーツ、ロング6000バーツでバカラの女の子ほぼ全員で統一しているようである。もちろん、時間や人によって、500〜1000バーツの値下げ交渉は可能である。

レディースドリンク200バーツ。

 

クレイジーハウス(CRAZY HOUSE)

ソイカウボーイのクレイジーハウス

クレイジーハウスはソイカウボーイの外、スクンビット・ソイ23沿いにあるゴーゴーバーである。バカラと同じぐらい人気があるゴーゴーバーである。

ロリ系が多いという特徴の他、老人ファラン(欧米人)向けにか、おばちゃんが半数ぐらい入り込んでいる。日本人好みは多くないため、遅い時間になると選べる子はかなり限定される。時間帯、日によってもレベルは異なるように思える。

 

女の子をお持ち帰りする場合の提示額はバカラと同様に、ショートで3000バーツ、ロング6000バーツだった。もちろん、こちらも値段交渉は可能である。レディースドリンク170バーツ、バーファインは1000バーツ。

 

通常の店は席に女の子を呼ぶと服を着て接客するが、ここは全裸のまま接客する子がほとんどで、女の子が店内を裸で動き回っている。ファランや日本のおじさんにも人気がある理由もわかる。ただ、可愛い子はリピーターにキープされるためか、早い時間に行かないと確保されている事も多い。

 

ドリンクが他より若干安いのも入りやすい点もあり、店内で楽しむ店になったように思える。

 

リオ(Rio)

ソイカウボーイのリオ

可愛い子もいるが、ゴーゴーバーというよりは飲むだけのコヨーテバーで、ペイバーできない子が多い。また、ドリンク代も少々高いため、客が入っていない事が多い。

ソイカウボーイの店としては珍しく、ママさんのチップ要求もうるさかった。

 

シャーク(SHARK)

ソイカウボーイのシャーク

女の子は幅広いタイプを揃えていて、客もファランからアジア系まで様々。2段の席でステージ全体が見渡し易いのも良い。

 

キャンペーンガールやレースクイーンレベルのすらっとした長身のモデル体型は数人いるので人によっては好きなお店である。ただし、照明が暗いので、席に呼んで近くで顔を見ると意外と年がいってるであろう子もいる。遅い時間になるとその傾向が強くなる。

可愛い子が揃うのは21時半以降が多い。レベルが時間帯によって大きく異なるのはソイカウボーイにおける他の店とも同様である。

 

ペイバー代はコヨーテが1500バーツ、ダンサーが600バーツ。ショートタイムは3000バーツの子が多い。乳首が透けているビキニを着ている方がダンサーである。

 

コッカトゥー(cockatoo)

ソイカウボーイのコッカトゥー soi-cowboy cockatoo

完全工事済みのニューハーフが働くお店。竿が付いているレディーボーイは働くことが出来ないとされる。

タイのオカマは美人・可愛いという噂は本当なのか確認したい人は一度行ってみると良い。バンコクのゴーゴーバーの中でもレベルの高いレディーボーイが揃っている店である。バカラの前を通っていると、客引きをして来るかと思う。

 

レディーボーイではあるけど、最近の子は整形?をしているのかみんな美女だしスタイルも良い。男っぽい部分は残っているが、綺麗な外見を見ると気になってしまうはずだ。

ソイカウボーイのコッカトゥーのニューハーフ soi-cowboy cockatoo
タイのニューハーフは顔もスタイルも整っている。

 

ミッドナイト(Midnite)

ソイカウボーイのミッドナイト midnite soi cowboy

シャークの隣でバカラと反対側。正面にあるサハラと同系列のお店で、アラブ系アメリカ人が経営している。

ドレスを着た呼びこみのコヨーテは美人系も多い。ダンサーはロリ系だったり日本人好みの可愛い子が増えた印象。正面にあるサハラと同系列。

バーファイン900バーツ、ショート3000バーツ、ロングは基本的に不可だが、7000バーツ以上出せばなら、OKしてくれる子もいる。

 

ダンサーよりも、コヨーテに可愛い子がいるので、その子を指名して入るのが良いと思う。1人を指名して入れば、ドリンクをおごれと女の子が集まってくる、いわゆるドリンク攻撃は少なく、その子とゆっくり飲むことが出来る。

 

サハラ(SAHARA)

ソイカウボーイのサハラ

ダンサーよりも、コヨーテ目当てに訪れる人が多いバー。

 

ダンサーにも日本人好みもいるが、比較的遅い時間帯にならなければ揃わない。呼び込みのコヨーテの方に可愛い子が多いので、ミッドナイト同様に、気に入った子がいたら誘われるがまま店内に入るのも良いと思う。綺麗なモデル風の美女もいるが、完全に工事済みのレディーボーイも混ざっている。

コヨーテの衣装は着る人によってパンツがチラチラする。個人的にはこういうのも結構好きである。

 

ただ、ペイバー代、女の子へのチップ代もママさんが決める事が度々あるので、直接女の子と話して決める値段交渉は難しい印象。

 

ドールハウス(the doll house)

ソイカウボーイのドールハウス

ステージには5~12人のダンサーがおり、上半身裸、全裸タイムがある。女の子はファラン好みの子がほとんど。19~21時まではドリンク95バーツ。

2階もダンサーが数人踊っているテーブルバーとなっている。のんびり飲んでいるファランも多い。

 

スージーウォン(SUZIE WONG)

ソイカウボーイのスージーウォン

上半身裸、接客時も下着を付けない珍しいバーなので、楽しんでいる人は楽しんでいる。ただし、女の子はファラン(欧米人)好みがほとんど。

 

22時からぽっちゃりによる面白いショーやペイントショーもある。これもファラン向けの演出だろう。年齢層が前よりも上がっており、ソイカウボーイの中においてファラン向けのお店にする方針なのかもしれない。

 

スパイスガールズ(SPICE GIRLS)

スパイスガールズ・ゴーゴーバー

綺麗系でレベルの高い子が多い。韓国美人みたいな子が何人かいる。呼び込みの子たちでスタイルも良く可愛い子もいるので、そういった子を指名して入るのが良いかと思う。

ただし、基本的に持ち帰りは不可なので、店内の盛り上がりには少し欠け、客があまりいない事が多い。

 

アフタースクール(After Skool)

アフタースクール・ゴーゴーバー

アフタースクール(放課後)に近い名前に釣られ入ったものの、期待した若々しいような感じではなかった。ゴーゴーバーというよりは小さなバーという感じ。踊る場所も狭くて、ダンサーも少ない寂れた場末のバーという感じである。

女性も年齢層は高い。

 

カウボーイ2(Cowboy2)

ソイカウボーイのカウボーイ2
店の前にいる呼び込みの女の子達。前を通ると声をかけられる。

 

ダンサーより呼び込みの子の方が可愛く、呼び込み(コヨーテ)の子を店前で指名して入店するのが良いと思う。

基本的には、見た目の若い子、ぽっちゃりの子が多い。レディボーイも混ざっている。

最近はアジア系の客が増え、店内も盛り上がっている。

 

スカートをはいてるのがダンサーで、下がパンツだけなのがコヨーテ。

ペイバー代はダンサーとコヨーテで異なり、ダンサーは800バーツ、コヨーテは3000バーツとなっている。稀に持ち帰り不可の子もいる。

ショートは3000バーツ。従って、ダンサーで計3800バーツ、コヨーテで6000バーツとなる。500バーツ程度なら女の子によっては値下げも可能である。

コヨーテに可愛い子が多いので、ペイバーして連れまわすのではなくて、呼び込みの可愛い子を連れて、店内でセクハラする店であると言えるだろう。

 

ライトハウス(LIGHTHOUSE)

ソイカウボーイのライトハウス

3交代制2つのグループは若くてレベルも高い。ギャル系の子が多いが日本人好みの子からファラン好みの子まで様々な子がいる。比較的遅い時間までアラブからファラン、アジア系の客で盛り上がっている事が多い。

 

0時までのバーファインはダンサー600バーツ、コヨーテが1200バーツ。ショートのチップ提示額は3000バーツ、ロング5000バーツ。基本的にはロングは不可で2時までのショートの子が多い。

 

ダンディー(dun dee)

ソイカウボーイのダンディー soi cowboy DUN DEE

日本人好みの可愛い子は数名。その子たちがいなくなると、選べる子も少ない。数人はロリ系で胸の大きな子もいるが、基本はファラン向けの子が多く、客も数人のファランしか見ない。

 

女の子へのチップ提示額がショート3000バーツ、バーファインが3000バーツとバーファイン代が異常に高い。コヨーテバーに近いゴーゴーバーである。

 

キス(KISS)

ソイカウボーイのキス

ファラン好みの子が殆どだが、日本人好みの可愛らしい子もいる。レディボーイも数人混ざっている。ノリは割りとみんな良い。

21時半ぐらいから盛り上がるが、23時以降は女の子も少なくなっている。

 

レディースドリンクが200バーツでバーファインは3000バーツ、ショートのチップは3000バーツだった。バーファインは値段交渉不可だが、女の子のチップは2500バーツまで下げてくれる子もいる。

 

ティーラック(Tilac)

ソイカウボーイのティーラック

21時前は全てのドリンクが90バーツ。女の子はファラン好みの子が多い。年齢層が高い女の子も多いが、若くて可愛いスタイルの良い子も混ざっている。

外もバー形式になっていて、サービスもファラン好みにしている。

 

トイ(TOY)

ソイカウボーイのトイ Soi Cowboy TOY

店内で踊っているダンサーは数人で、外の呼び込みを指名して飲むバー。

呼び込みには可愛い子もいる。

 

デジャブ(DEJA VU)

ソイカウボーイのデジャブ Soi Cowboy DEJA VU

21時からスタイルの良い美人もステージに上がる。全体的に若くて選べる子もいるが、1人で入ると複数に囲まれてドリンク攻撃にあう。ドリンク代も高く、遅い時間ほどこの集中攻撃が強くなるので、一対一だったり、少数でのんびり飲みたい人にはおすすめ出来ない。

 

また、ほとんどの子はペイバーは不可である。遅い時間まで可愛い子が多いのはペイバーが不可な子が多いからである。それでも閉店後のショートをOKしてくれた子もいた。

レディースドリンクはコヨーテ価格の250バーツ。ハーレムのように何人かの女の子を囲って飲んでいるファランもいるので、そういう遊びが好きな人には良いかもしれない。

 

ラッキースター(LUCKY STAR)

ラッキースター(LUCKY STAR)・ゴーゴーバー

裸とビキニ組がおり、裸組の年齢層は高い。背が高く二十代後半の大人の女性が多く、顔もファラン好みがほとんど。呼び込みの子で可愛い子がいれば指名して入店するのが良いと思う。

レディースドリンクは230バーツ。

 

ソイカウボーイ周辺の地図と行き方

ソイカウボーイはBTSならアソーク(Asok)駅、 MRT(地下鉄)ならスクンビット(Sukhumvit)駅が最寄りの駅になる。

ソイカウボーイの地図
©OpenStreetMap contributorsより

 

より詳細な場所については下記Google Mapsを参考に。


スクンビット界隈の地図。右上の枠の記号(Full Screen)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。地図は右上の記号から保存や各種SNS等での共有も出来ます。

少し見にくいが、大きな道路が重なる交差点近く、上の青色のポリゴンで囲まれたソイ(小道)がソイカウボーイの場所になる。

 

地下鉄スクンビット駅なら2番出口から出て、右に進んで行くと数十メートルでソイカウボーイの入り口が見えてくる。徒歩にして1分もかからないだろう。

スクンビット駅2番出口
地下鉄スクンビット駅2番出口(インターチェンジタワー21)

 

アソーク駅や地下鉄スクンビット駅側のソイカウボーイ入口
ソイカウボーイ入口

 

BTSアソーク駅からソイカウボーイ

アソーク駅からは、場所を知っていれば5分もかからないだろう。ただ、一度も行ったことが無い人のために、詳しく行き方を説明したいと思う。

まず、BTSアソーク(Asok)駅を降りたら6番出口を目指す。

アソーク駅6番出口
⑥Exitが目印。真っ直ぐ進むと6番出口。

 

アソーク駅から見たソイカウボーイ
6番出口から左斜め前を見ると、HISやシティバンクの文字が目に入る。その看板の建物(インターチェンジ21タワー)の近くにソイカウボーイはあるので、そこを目指して歩いていけば良い。インターチェンジ21タワーからは地下鉄スクンビット駅2番出口も出ている。

 

インターチェンジタワー21
インターチェンジ21タワー。建物の左下に見えるのが地下鉄スクンビット駅の2番出口。

 

 アソーク通りから見たソイカウボーイ

夜のソイカウボーイ入口
アソーク通りを挟んだソイカウボーイ。薄い青と緑の建物に挟まれている。入口部分は狭いが、人が集まっているので分かりやすいかと思う。

 

大通りを渡る前に高架下へ降りると信号待ちをしなければならない。タイミングによっては下へ降りた方が早く行けるので、どちらのルートでもあまり変わらないだろう。

アソーク駅からソイカウボーイ
高架歩道

 

ソイカウボーイ近くのおすすめホテルとホテルに宿泊する際の注意点

ソイカウボーイはスクンビットと呼ばれるバンコクでも栄えたエリアにある。BTSアソーク駅と地下鉄スクンビット駅があり、どこへ行くにも便利で、アソーク駅に直結しているショッピングモール「ターミナル21」にはレストランを初め様々な店が並んでいる。

ソイカウボーイの近くという点だけでなく、バンコク旅行における滞在場所としてもおすすめだ。

 

下記ではソイカウボーイに近いホテルの中でも、特におすすめな2つのホテルを紹介したいと思う。

S スクンビット・スイーツ・ホテル(S Sukhumvit Suites Hotel)

S スクンビット・スイーツ・ホテルはBTSアソーク駅改札から徒歩数分の位置にある中級のホテルである。BTSアソーク駅の6番出口を出て高架歩道橋を真っ直ぐ進むとすぐに視界に入ってくる。ホテルの場所もわかりやすいので、バンコク旅行初心者にもおすすめのホテルである。

ソイカウボーイへも信号を渡る必要もなく数分で行くことが出来る。

アソーク駅6番出口
6番出口から高架歩道を更に進むと見えて来る。

 

ソイカウボーイ近くのホテル「S スクンビット・スイーツ・ホテル(S Sukhumvit Suites Hotel)」
S スクンビット・スイーツ・ホテル。地下鉄スクンビット駅の出口があるインターチェンジ21タワーにも隣接している。

 

ソイカウボーイ近くのホテル「S スクンビット・スイーツ・ホテル(S Sukhumvit Suites Hotel)」
受付は2階にあるため、連れ込んだ女の子のIDチェックは任意になっている。

 

タイで連れ込み自体を禁止しているホテルはまずないが、連れ込む相手が未成年の場合は拒否されるケースがある。もちろん、これはジョイナーフィーが無料かどうかとは関係がない。ジョイナーフィーが無料のホテルでも10代の連れ込みが拒否されるケースがある。ここ数年は特に厳しくなっている。

18、19歳の相手なら性行為を行っても特に問題は無いが、ホテル受付では10代の連れ込みを拒否しているのだ。ホテルのフロントが気を使って(客のクレーム、もめる事を避けて)許可してくれる所も多いが、IDチェックがなされるホテルでは20歳未満の連れ込みをしない方が良いだろう。

ソイカウボーイ近くのホテル「S スクンビット・スイーツ・ホテル(S Sukhumvit Suites Hotel)」の部屋
部屋は決して広くないが、新しくてキレイである。

 

 ソイカウボーイ近くのホテル「S スクンビット・スイーツ・ホテル(S Sukhumvit Suites Hotel)」の作業机
作業机。WiFiはもちろん無料である。

 

ソイカウボーイ近くのホテル「S スクンビット・スイーツ・ホテル(S Sukhumvit Suites Hotel)」のトイレ・シャワールーム
トイレとシャワールーム

 

ホテルを出る時はカフェレストランにある扉から出て行く。ホテルを出るとインターチェンジ21タワーの前に出るので、ソイカウボーイだけでなく地下鉄スクンビット駅へのアクセスも良い。

部屋の狭さだけは気になるが、綺麗で新しく、立地は間違いなく良いので値段を比較した上で検討してみて欲しいと思う。下記リンクから日付を入れるだけで、最安値のチェックが出来る。

>>> S スクンビット・スイーツ・ホテル(最低価格保証付きリンク)

宿泊者が2人でも同料金で泊まることが出来る。

上でも述べた通り、女性を連れ込む際も受付を通ること無く部屋へ行くことが出来る。ただ、店に属さないフリーランスの女性など心配であればあえて受付に寄った方が良いだろう。

わかりやすい場所にあるため、タイ旅行初心者にもおすすめのホテルだ。

 

アソーク・スイーツ・ホテル(Asoke Suites Hotel)

ソイカウボーイ近くのホテル「アソーク・スイーツ・ホテル」

アソーク・スイーツ・ホテルはBTSアソーク駅に隣接する好立地な場所にある格安ホテルである。アソーク駅の高架歩道橋から見える位置にあり、アソーク駅だけでなく、ターミナル21やソイカウボーイへも数分で行ける距離にある。

この辺りの格安ホテルではトップクラスに安い。ホテルもそれなりに綺麗である。

ソイカウボーイ近くのホテル「アソーク・スイーツ・ホテル」
ホテル1階ではカフェも営業している。

 

ソイカウボーイ近くのホテル「アソーク・スイーツ・ホテル」

ソイカウボーイ近くのホテル「アソーク・スイーツ・ホテル」
部屋は2人までなら十分な広さである。大きなベッドの他、作業スペースもきちんとある。

 

ソイカウボーイ近くのホテル「アソーク・スイーツ・ホテル」
洗面所、トイレにシャワールーム

 

部屋はそれなりに綺麗なのは写真を見てもわかるかと思う。コンパクトではあるが、過ごしやすい大きさの部屋だと言える。WiFiも動画がスムーズに見れるぐらい十分に速かった。

ホテルから出たら直ぐに広がるスクンビット通り、目の前に広がるアソークの街並みを見ればテンションも上がること間違いない。

ソイカウボーイ近くのホテル「アソーク・スイーツ・ホテル」
隣の建物がエクスチェンジタワー。S スクンビット・スイーツ・ホテルは道路をはさみ向かい側にある。

 

駅からも近く、わかりやすい位置にあるので、初心者にもおすすめである。ソイカウボーイ周辺のホテルでは最もおすすめの格安ホテルだ。

具体的な値段は下記リンクより日付を入れればチェック出来る。

>>> アソーク・スイーツ・ホテル(最低価格保証付きリンク)

宿泊人数が2人でも同料金で泊まることが出来る。

 

アソーク・スイーツ・ホテルだけではないが、最近のバンコクのホテルはシーツやタオルを汚した際に罰金を取るようになっている。

ソイカウボーイ近くのホテル「アソーク・スイーツ・ホテル」の罰金
アソーク・スイーツ・ホテルの部屋に貼られている張り紙。タオルやシーツを汚したら宿泊料よりも高い2000バーツ(約6440円)の文字。自分は汚してしまった際も罰金は無かった。

 

基本的に、自分はシーツを汚してしまった場合、どこのホテルでもベッドの枕の上に100バーツ(約320円)以上のチップを置くようにしている。もちろん、罰金になるかどうかは清掃係にもよるが、チップを置いたホテルで、こうした罰金を課された事はない。

ただ、バンコクのホテルを利用する際には、こうした罰金があるという事も頭に入れておいた方が良いだろう。

 

ソイカウボーイ近辺のその他ホテル

ソイカウボーイ周辺のおすすめホテルについては下記記事も必読である。

ソイカウボーイ近くの格安ホテルから高級ホテルまで、おすすめのものだけを紹介していく
ソイカウボーイとはバンコクのアソークにあるゴーゴーバーを中心とした風俗店が並ぶ歓楽街である。全長140m弱の小道には約40軒のバーやレストラン等が連なっており、外国人観光客が多数訪れる人気エリアだ...
上記記事では格安ホテルから高級ホテルまで、おすすめのホテルだけを詳しく紹介している。

 

ホテル選びは一度悩むと結果はほとんど変わらないにもかかわらず、数時間を浪費してしまうケースが多い。しかし、ネット上で知ることの出来る情報は限られるため、実際に泊まってみないことには良し悪しの判断も出来ないだろう。

気になるホテルがあったら、すぐに予約すべきかと思う。泊まってみてはじめて、リピートするか、新規のホテルを開拓するかの判断をすることが出来るはずだ。

 

タイ・バンコクの夜を象徴するソイカウボーイという通り

最近ナナプラザにレディーボーイの店が次々とオープンした事で、ソイカウボーイにはレディーボーイを嫌った層が流れてきている。クレイジーハウスはファラン好みのお店になって来ているが、相変わらずバカラの人気は続いている。

 

写真でもわかるように、その細い路地に入るとピンク色のネオンに包まれ非日常な空間へと一気に引き込まれて行く。

バンコクの夜の街・ソイカウボーイ
日本にはない、欲望の街を体感出来る場所であり、その魅力には中毒性さえある。単なる風俗街とは批評できない力もあるのだ。

 

自分が貧乏旅行をしている時に寄った際には、金銭的な余裕の無さから店に入れず、悔しさのあまり「絶対に稼いでやる」と大きく決意した場所でもあった。ソイカウボーイは自分にとって、そういう生きる力や目標を与えてくれた欲望を体現した場所なのである。

 

ソイカウボーイだけでなく、ナナプラザやパッポンも含めたバンコクのおすすめゴーゴーバーについては下記記事を参考に。

バンコクのゴーゴーバーについて相場から特徴までをまとめて紹介していく
ナナプラザ。奥にあるのはレディーボーイ専門のゴーゴーバー「オブセッション」 バンコクの夜遊びにおいて中心になるのは間違いなくゴーゴーバーになるかと思う。バンコクの主要なゴーゴーバーは現地の人向...

ソイカウボーイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(freelifer)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを旅行しながら生活している海外旅行のエキスパートです。
このブログではタイやその周辺国のナイトライフ情報を中心に、アングラな世界についての紹介もしていきます。
詳しいプロフィールはこちら。質問、意見等ある方はツイッターからどうぞ。