バンコクのおすすめMP(マッサージパーラー)で失敗しないために知っておきたいこと


スポンサーリンク

bangkok mp soapy massage fishbowl
Fishbowl Girls(金魚鉢に並ぶ女性)

 

タイのマッサージパーラー(MP)は日本で言うとソープランドのようなサービス形態のお店である。日本との大きな違いを2つあげると

▶ 本番行為が通常オプションに含まれる
▶ 実際に女性を見て選ぶことが出来る

以上の2点だろう。

 

マッサージパーラーでは通常「金魚鉢」というガラス張りのひな壇やサイドラインと呼ばれる同じフロアのソファーに座っている女性から選ぶ事が出来る。気になる子がいれば指名して個室に移り、サービスを受ける。料金は先払いの場合と後払い、もしくはマッサージで入ってからの「スペシャル」の提案という形で、その場で追加料金を支払うケースがある。

バンコクのマッサージパーラーの相場は2000~4000バーツ(約6400~12800円)。モデルクラスで高くても5000バーツ(約16000円)程度である。値段と外見の良さが比例しない場合も多く、値段が安くとも可愛い子はいる。

行為が終わった後にはチップの支払いをするのが一般的で、値段は100~500バーツ程度。チップはサービスの満足具合に合わせて支払えば良い。

※2016年12月3日現在の為替レート:1000バーツ=3189円(バーツを3倍すると、大体日本円価格になる)

 

他にもマッサージパーラーでは「アレキサンダー遊び」と呼ばれる複数の女性(客側も複数で良い)を呼び、ジャグジーで囲んで集団でプレイするといった遊びも出来る(予約が必要だったり、店によっては出来ないところもある)。この場合は2時間の通常料金に加えて、部屋代や食事代、その他コンシアにチップ等を払う必要が出てくる。6時間以上遊べばそれなりの料金になるが、数時間程度でかつサービスを受ける側がグループなら、1人1万バーツ程度で済むだろう。

 

バンコクのマッサージパーラー

下記ではバンコクにあるマッサージパーラーでおすすめの店をそれぞれ紹介していきたいと思う。各お店への行き方や場所についてはバンコクおすすめマッサージパーラーの地図と行き方でまとめてあるので、そちらを先に知りたい人は読み飛ばしてほしい。

ナタリー

※2016年6月7日ナタリーは18歳未満の少女が働いているとの通報を受け、警察の強制捜査が入りました。実際に6名の未成年少女が働いており、店はしばらくは営業停止になっています。詳しくは下記記事を参考に。

バンコクの「ナタリー」という人気のあったマッサージパーラーについての現状について述べていきたいと思う(2016年7月)
マッサージパーラー「ナタリー」 2016年6月7日ナタリーにタイ警察の強制捜査が入った。店には6名の未成年少女が働いていたのと、不法で就労していた外国人もおり、警察幹部や有力者への賄賂の額が書...

ナタリー以外にもアムステルダム、シーザーといった有名マッサージパーラーが閉鎖している。こういったお店で働いていた女の子は同じエリアの他店に移動したり、フリーランサーとしてテーメーカフェでも見かけるようになった。

 

ポセイドン

Poseidon bangkok mp
地下鉄スティサン駅4番出口から見たポセイドンの入居する建物。ピンク色の壁に「Poseidon」の文字。

 

ホテルのような外観の大きな建物が特徴。入口の扉を開けて入って左の部屋(1階)とエレベーターを上がった3階に女性が待機している。1階ひな壇は2200バーツと2500バーツ。時間帯にもよるが、その時は全員で15人程度が待機していた。

ちなみに、1階には2200バーツの子も3000バーツとふっかけてくるコンチア(スタッフ)のおっちゃんもいるので注意しよう。1階で2500バーツ以上要求されたらボッタクられているので、値段交渉をするかコンチアを変えた方が良い(2016年12月現在の相場)。

3階は3200~4200バーツがメインで、バニーガールのコスプレをしている子(3200バーツ)もいた。5000バーツ前後のモデルがいる場合もある。部屋は追加料金を払うと、ジャグジー付きのVIPルームにする事も出来る。

 

3階は価格も一定なので、ボッタクリも少ないかと思う。ソファーに座りドリンクを注文しながらゆっくりと女の子を選ぼう。ドリンクを飲みながらゆっくりと鑑賞しているとコンシアが女の子を連れて来てくれるし、自分で女の子達に近づいて行っても良い。ゆっくりと待てば選べる可愛い子はフロアに戻ってくる。これは1階も同様である。

 

1階はサービス時間が120分、3階は90分である。従って、1階の方が安くプレイ時間も長いのでお得だ。

サービスは女の子ににもよるが割りと良い。また、LINEの交換をして店外デートにも積極的な子が多い印象を受ける。

ただ、チップの要求は積極的にされ、300バーツでも不満そうな顔をする子がいたのは残念。ポセイドンではチップが普通になっているのかと思う。

bangkok mp Poseidon
ポセイドン入口。

 

ポセイドンの営業時間

13~24時頃まで。早い時間帯はモデルクラスもまだ来ていないので、夕方頃がおすすめである。

 

エマニュエル

bangkok-massage-parlor Emmanuelle

周辺のマッサージパーラー閉店後も、エマニュエルは女の子の数が増えている。夕方以降はひな壇に30名以上はいるかと思う。

値段はカードにきちんと明記されているので、コンチアによるボッタクリも無いだろう。

バッチにあるアルファベットで

B2000バーツ、D(ダマダ−)2400バーツからM(モデル)、SM(スーパーモデル)、PR(プレミア)の7800バーツまで細かく分類されている(2016年12月現在の相場)。

サービスの時間は90分。

値段設定は全体的に高いが、設備も豪華で新しく、お金に余裕があればエマニュエルで良いだろう。数も多いため、好みの子も見つかるはずだ。

 

エマニュエルの営業時間

エマニュエルは12:00〜24:00までで、夕方から女の子も増えていく。

bangkok-massage-parlor Emmanuelle night
看板の前の道を右に曲がり、奥にある大きな建物がマッサージパーラー・エマニュエル。

 

ハイクラス(HI-CLASS)

bangkok-mp-hi-class

ハイクラスという名前だが、このエリアでは比較的値段の安いマッサージパーラーとなっている。

女の子は1700バーツ、2000バーツ、2500バーツの中から選ぶことが出来る。店内は少々薄暗いが、1700バーツから顔の可愛い子はいる。2500バーツの子はスタイルが良い子が多い。

サービスの時間は90分。

 

値段を抑えたい人におすすめのマッサージパーラーだが、設備は少々古い。

 

ハイクラス(HI-CLASS)の営業時間

bangkok-mp-hi-class-huai-khwang-side
奥に見えるのがエマニュエル。大通りから一本奥に入ったエマニュエルと同じ裏路地にある。

 

営業時間は13:00〜24:00までで、女の子が一番多く揃うのは他のマッサージパーラーと同様に夕方以降になる。

 

コパ・カバーナ

bangkok mp Copa Cabana

ポセイドン横の脇道を少し入った所、人気サービスアパートメントでもあるワタナホテルの目の前にあるマッサージパーラーである。高級店ロードパレスの系列店。

1階は2300~2900バーツの子がおり、モデルクラスは2階で3900、4900、5900バーツの子がいる。5900バーツの子はモーターショーでも目を引くようなレベルの綺麗系モデル。

コパ・カバーナも2300から選べる子はいるが、人数は全体的に少なかった。もちろん、時間帯にもよるかと思う。

 

レベルはすぐ近くにあるポセイドンにも引けをとらないが、客が少ないので選びやすいという利点がある。ポセイドンの代わりに訪れてみるのも良いだろう。

 

コパ・カバーナの営業時間

bangkok massage-parlor Copa Cabana

14時~24時頃まで(禁酒日は休み)。早い時間帯はモデルクラスもまだ来ていないので、夕方頃がおすすめである。

 

VIP

bangkok mp VIP

古式按摩を軸とするマッサージパーラー。ネオンは付いているが店内の灯りが漏れていないので営業しているのはわかりにくい。基本的には外の看板ネオンが付いていれば営業している。コンシアの男性は日本人とわかれば簡単な日本語で説明してくれる。

システムとしてはまずひな壇から女の子を指名し、タイマッサージ700バーツ(シャワー無し)、オイルマッサージ900バーツのどちらかを選択する。部屋に行ってからはマッサージの施術を受けている最中にスペシャルの提案をされる。スペシャルマッサージは2000バーツでチップ代込。マッサージを受けた後に一緒にシャワーを浴びて、スペシャルのコースになる。

基本的にはマッサージをウリにしているので、外見重視の店よりもサービスは良い。普通に2時間コースでマッサージもしてくれるのでお得かと思う。

 

ただ、ひな壇の女の子は10~20人で、しばらく店内で待機しないと可愛い女の子を指名出来ない。すぐに施術の受けれる待機の子の多くが年齢層が高いが、女の子の中には若くて色白の子がいる。ちなみに、若い子には中国から出稼ぎに来ている子も混ざっている。

bangkok mp VIP nightlife
地下鉄ホイクワン駅4番出口目の前で営業している。人通りが多いため、少々入りづらいかもしれない。

 

VIPの営業時間

昼過ぎから営業が始まり、夕方頃がピーク。24時以降も開いているが、客入りによっては早く閉まるようである。

 

バンコクおすすめマッサージパーラーの地図と行き方


上で紹介したマッサージパーラーを位置を示した地図。

 

ポセイドンの行き方

地下鉄スティサン駅4番出口から出て真っ直ぐ進む。徒歩5分程度。

 

エマニュエル

地下鉄ホイクワン駅についたら3番出口から出て真っ直ぐ進み、エマニュエルの看板前を右に曲がる。徒歩2分程度。地下鉄の3番出口を出てすぐのところからも看板は見える。

bangkok-massage-parlor Emmanuelle signboard
ブロンド女性の看板が目印。

 

ハイクラス(HI-CLASS)

地下鉄ホイクワン駅についたら3番出口から出て真っ直ぐ進み、エマニュエルの看板前よりも前で右に曲がる。徒歩1分程度。

bangkok-mp-hi-class-huai-khwang
エマニュエルと同じ裏路地にあり、エマニュエルの看板よりも前に右へと入る路地がある。

 

コパガーナ

地下鉄スティサン駅4番出口から出てマクドナルドとポセイドンに挟まれた脇道を入る。徒歩5分程度。

 

VIP

地下鉄ホイクワン駅4番出口から出るとすぐに看板が見える。徒歩0分。

 

バンコクのマッサージ系ナイトライフを楽しむのにおすすめのホテル

バンコクにはいくつかこうしたソープランドに近いマッサージ系の風俗がある。ただ、それぞれの店が独自のルートで女の子を揃え、在籍している女の子にも幅があるマッサージパーラーが集まっているのはラチャダーピセーク通りのエリアだろう。今回紹介したようなマッサージ店1つ1つが大型店なので資金力もあり、独自で違った特色を出すことが出来るのだ。

ホテルならスクンビット等繁華街に泊まるのも悪くないが、大型のマッサージパーラーを存分に楽しみたいのならラチャダーピセーク通りエリアに滞在し、いくつかの店を訪問してみるのがおすすめである。このエリアは地下鉄を使えばスクンビットやシーロムへも行ける上、値段が安く、コストパフォマンスの良いホテルも多い。

ワタナ・ホテル(Watana Hotel)

Watana Hotel Bangkok face

このエリアでおすすめのホテルはワタナ・ホテルである。このホテルは上でも紹介したマッサージパーラー「コパ・カバーナ」の目の前にあり、ポセイドンにも数分で行ける距離にある。もちろん、地下鉄スティサン駅からも近い。

Watana Hotel room Watana Hotel room to door

Watana Hotel desk
1泊2000円前後と非常に安いが、シングルルームでそこそこ綺麗な部屋である。

 

Watana Hotel washing room

Watana Hotel bathtub
バスルームもあるのでMP嬢との店外デートを取り付ければより楽しめるだろう。

 

Watana Hotel from balcony
バルコニーからはバンコクの夜景と真下には「コパ・カバーナ」の建物が見える。もちろん、左には「ポセイドン」もある。

 

Watana Hotel 1 floor
1階フロア。サービスアパートメントとして長期滞在している人もおり、日本人だけでなく欧米人やアジア系の客もいる。

 

Watana Hotel breakfast
通常プランでは朝食付き。朝食の時間は6~11時と長めに設定してくれているのも嬉しい。

 

もちろん、WiFiも無料である。料金も安いので長期滞在したい人にもおすすめの格安ホテルだ。

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために見ておいた方が良いだろう。

>>> ワタナ・ホテル(最低価格保証付きリンク)

JF(連れ込み料)は無料。女性を連れ込む場合は宿泊人数を2人にした方が良いだろう。

 

ホテル選びは一度悩むと結果はほとんど変わらないにもかかわらず、数時間を浪費してしまうケースが多い。しかし、ネット上で知ることの出来る情報は限られるため、実際に泊まってみないことには良し悪しの判断も出来ないだろう。

気になるホテルがあったら、すぐに予約すべきかと思う。泊まってみてはじめて、リピートするか、新規のホテルを開拓するかの判断をすることが出来るはずだ。

 

今回紹介した店以外にも数多くのマッサージパーラー店がワタナホテル周辺には存在しているので、このエリアに滞在し、是非ともお気に入りのお店を見つけて欲しい。

 

バンコクの夜における遊び方の1つとして

Bangkok Soi Cowboy gogobar
バンコクのゴーゴーバー・エリアであるソイカウボーイ

 

現在のタイ夜遊びはゴーゴーバーが主流ではある。ゴーゴーバーは店内でお酒を飲みながら目で楽しみ、連れ出した後はデートだったり、愛人のような感覚で女の子と楽しむといった遊び方が好きな人向きの夜遊びである。日本では気軽にこういった体験することは出来ないだろう。

 

マッサージパーラーは日本の一般的な風俗と同じだが、サービスにかんしては日本の風俗ほど良いとは思わない方が良い。ただ、外見のレベルはバンコクの方が高く、実際に見て女性を選べたり、本番行為が普通に許容されている等、日本よりもサービスを受ける側として魅力的な点も多い。また、ゴーゴーバーと同様に、日本よりもプライベートでマッサージ嬢と仲良くなれる可能性が高いのも嬉しいだろう。もちろん、お金を払っての関係になるが、日本とは違った楽しみ方が出来るはずだ。

マッサージパーラーに限らず、ゴーゴーバーを含めたタイの風俗は自分なりの楽しみ方を見つけた人ほど楽しめる。気になっている人は、まずは体験する事から始めてほしいと思う。

 

マッサージパーラーよりも日本人にとっては主流になりつつある日本型風俗の「エロマッサージ」をはじめ、マッサージパーラーに限らないバンコクで人気の風俗については下記記事を参考に。

バンコクの風俗へ行く前に知っておくべき特徴を紹介していく
プロンポン駅近くエロマッサージが並ぶエリア バンコクの風俗と夜遊びは下記のように分けることが出来る。▶ 風俗・マッサージパーラー(MP)・エロマッサージ▶ 夜遊び・ゴーゴーバー・バービア・ディスコ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(freelifer)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを旅行しながら生活している海外旅行のエキスパートです。
このブログではタイやその周辺国のナイトライフ情報を中心に、アングラな世界についての紹介もしていきます。
詳しいプロフィールはこちら。質問、意見等ある方はツイッターからどうぞ。