バンコクにある日本人カラオケについて、エリアから特徴までを詳しく紹介していく

thanon-thaniya-bangkok-karaoke
バンコク・タニヤ通りにある日本人向けカラオケ、日本料理店の看板

 

バンコクには

▶ タニヤ通り
▶ スクンビットソイ33(プロンポン)
▶ トンロー

といった日本人向けカラオケの密集したエリアがある。タイで言うカラオケは女性による接客を含むキャバクラ、スナックのような店を言う。この記事で紹介するカラオケも、主にそういった女性が接客してくれる店である。

 

バンコク最大の日本人街はタニヤ通りであり、シーロムと呼ばれるエリアにある。この通りは日本人向けカラオケから日本料理店まで固まっているエリアである。

スクンビットと呼ばれるエリアでも、特に日本人向けカラオケが多いのはスクンビットソイ33を中心としたプロンポントンローである。こちらも日本人向けカラオケだけでなく、日本料理店などもある。日本人住居者の多いエリアだ。

 

また、日本人向けカラオケの他の夜遊びにない特徴として

▶ 女の子とゆっくり話せる
▶ カラオケが歌える
▶ 可愛いコスチュームを着ている
▶ 日本語を話せる、日本に興味のある子が多い
▶ ボッタクリの心配がほぼ無い

といったものがある。

 

下記ではバンコクにあるカラオケ街からその特徴まで、更に詳しく紹介していきたいと思う。

 

バンコクの日本人向けカラオケ・エリア

バンコクの日本人向けカラオケはシーロムとスクンビットで多く営業している。シーロムにあるタニヤ通りの日本人向けカラオケには旅行客も多い。一方、スクンビットのプロンポンやトンローはバンコク在住の日本人が主な客となっている。

 

バンコクの主要エリアマップ
バンコクの主要エリアマップ。バンコクの日本人街は「シーロム」と「スクンビット」にある(©OpenStreetMap contributorsより)

 

入店すれば旅行客だろうがバンコクに住んでいる人だろうが特に気にならないかと思う。ただ、旅行者からすれば、通り沿いでの客引きが許されている分、タニヤのカラオケの方が入りやすい。お店の数も多く、若くて可愛い子は基本的にタニヤの方が多い。

 

タニヤは繁華街の中心にある通り

Thaniya street Bangkok karaoke from Sala Daeng

タニヤもしくはタニヤ通りは日本人カラオケを中心に日本語の看板が溢れる繁華街である。BTSサラディーン駅、地下鉄シーロム駅が最寄り駅となる。

 

タニヤにある日本人向けカラオケは日本で言えばキャバクラのような店が多い。店内だけでなく、店外でのデートも楽しめるので、愛人を抱えている日本人駐在員もいる。

Thaniya street Bangkok karaoke girls
夜のタニヤ通り

 

基本的に、日本人もしくは日本人を含むグループのみが入店を許可されており、中国人やタイ人だけのグループは入店を拒否する店もある。

 

タニヤのカラオケにおける料金やシステムについて詳しくは下記記事を参考に。

 

スクンビットのカラオケ

sukhumvit-soi-33-main-road
スクンビットソイ33通り

 

スクンビットにおけるカラオケ街はスクンビットソイ33(プロンポン)トンローにある。プロンポンやトンローは日本人が多く住んでいるエリアであり、リタイアした日本人を含め、長期間滞在者も度々見かける。

 

このスクンビットエリアの日本人カラオケはタニヤに比べると素朴で性格の良い子が多い。これは旅行者の多いタニヤに比べて、現地在住の日本人客が多く、女の子もリピーターに好まれるような子で揃えているからだ。

タニヤは若くて外見の良い子が多い一方で、一夜限りの客が多くなる。したがって、接客もアッサリしている子も多い。

 

スクンビットソイ33通り

スクンビット・ソイ33はスクンビット通りから北に出るBTSアソーク駅とプロンポン駅の間にあるソイ(小道)である。

厳密に分けると、スクンビット・ソイ33とスクンビット・ソイ33/1~5まであり、いずれも日本人向けのお店が密集している日本人街となっている。

sukhumvit-soi-33-map
スクンビットソイ33とスクンビットソイ33/1(Google Mapsより)

 

スクンビット・ソイ33エリアで主要なソイはスクンビットソイ33とスクンビットソイ33/1で

▶ スクンビットソイ33
日本人向けカラオケやマッサージなど夜のお店が多いエリア

▶ スクンビットソイ33/1
日系スーパーや不動産屋など、日本人の生活に関係する店が多いエリア

となっている。

 

スクンビットソイ33にはカラオケの他、数多くの日本料理店が並び、日本人向けマッサージ屋もある。

sukhumvit-soi-33-japanese-restaurant-massage-karaoke
エロマッサージ屋(風俗)と日本料理店

 

トンロー

thong-lo-sukuhmvit-55-intersection
スクンビット通りとトンロー通り(スクンビットソイ55)の交わる交差点

 

トンローはバンコク・ワッタナー区にあり、トンロー通り(スクンビットソイ55)とその周辺エリアを言う。

日本料理店といった日本人向けの飲食店も多い。日本人向けカラオケもあるが、タニヤよりも広い範囲に散らばっている。一見するとタニヤやスクンビットソイ33よりも繁華街といった雰囲気はない。

thong-lo-sukuhmvit-massage
日本人向けカラオケやマッサージはトンロー通り沿い、およびトンロー通りから路地に入った場所に何店舗かある。

 

タニヤやスクンビットソイ33のカラオケよりもスナック的な要素が強く、のんびりと飲む飲み屋スタイルのお店が多い。

 

バンコクにおける夜遊びの1つとして

Thaniya street karaoke girls

バンコクには夜遊びを目的に多数の外国人観光客が訪れている。ゴーゴーバーやマッサージパーラーといった夜遊び、風俗スポットは日本人だけでなく欧米人や中国人、韓国人にも人気だ。

 

日本人向けカラオケがこうした夜遊びに比べて良いと思える点として主に下記5つが上げられる。

▶ 女の子とゆっくり話せる
ゴーゴーバーのように途中ダンスなどで席を離れることもない。一度席についた子が時間いっぱい接客してくれるため、一度指名すれば店にいる間独占できる。

▶ カラオケが歌える
多くの店でカラオケが設置されている。日本の歌が歌える女の子もいる。一緒に知ってる曲を歌うという楽しみ方もできる。

▶ 可愛いコスチュームを着ている
日本のキャバクラの様なドレス、ガールズバーのようなホットパンツ姿の子、他にも制服やYシャツ姿など様々なタイプのコスチュームがある。

▶ 日本語を話せる、日本に興味のある子が多い
日本人客を前提としていることから日本語が話せる子もそれなりにいる。普段から疑問に思ってる日本のことを結構聞いてきたりするので、ゴーゴーバーで働く女の子よりも日本に興味がある子が揃っている。最近では日本旅行がタイ人の中でブームになっているので、それに関する質問(ホテル代や食費、交通費など)が多い。

▶ ボッタクリの心配がほぼない
ローカルのコヨーテバーではボッタクリや料金を多少上乗せされるプチボッタクリの被害も報告されている。しかし、こうした日本人カラオケ店ではまず聞かれない。店長やオーナーが日本人の店も多く、明朗会計の店がほとんどである。

ただし、タニヤでのしつこいキャッチには注意してほしい。こうしたキャッチが連れていく店(近場のローカルカラオケが多い)には会計の水増しも報告されている。

 

バンコクにおける日本人向けカラオケは値段的にも遊びやすい場所となっている。1時間程度女の子としっかり会話もできるので、バンコクでお気に入りの子を作りたい場合にも是非訪れてみてほしい。

 

バンコクにある「日本人街」をまとめて知りたい人は下記記事を参考に。

 

カラオケを含め、バンコクにおける夜遊びをまとめて知りたい人は下記記事も必読である。

1 Comment

ソイ33住人

写真にあるバニラ,蘭姫,fine,_兄貴等ロータスホテルから300m程は全面再開発の為,2017,12月末までに立ち退き更地になります.我がくらぶ三十三番舘,スナックブルーヘブンも2017,9月に新規移転.同じソイ33のロータスホテル向かいに細い小道,焼肉金太郎の先40mで営業しています.soi33はこれから大きく変化します.