バンコクのゴーゴーバーについて相場から特徴までをまとめて紹介していく

ナナプラザのオブセッション・ゴーゴーバー
ナナプラザ。奥にあるのはレディーボーイ専門のゴーゴーバー「オブセッション」

 

バンコクの夜遊びにおいて中心になるのは間違いなく「ゴーゴーバー」になるかと思う。

バンコクの主要なゴーゴーバーは現地の人向けのローカルなものを除くと

▶ ソイカウボーイ
▶ ナナプラザ
▶ パッポン

の3つがある。

 

この記事ではこれらエリアの中でおすすめのゴーゴーバーをその理由とともに述べ、バンコク全体における大体の相場もまとめて紹介してたいと思う。

各エリアの店の配置図やマップ、行き方については別の記事でも詳しく紹介している。各エリアを更に詳しく知りたい人はリンク先を参考にしてほしいと思う。

 

バンコクのゴーゴーバーについて

デジャヴ、ソイカウボーイのゴーゴーバー
ゴーゴーバーの店の前で呼び込みをする女の子達

 

バンコクのゴーゴーバーには少し派手目のギャル系の子だけでなく、レベルの高い日本人好みのアイドルのようなどこか素朴な感じのナチュラルで可愛い子もいる。

バンコクのゴーゴーバーで働いている女の子は日本人が甘やかす分、スレている子も多い。サービスに期待したり、ゆっくりと楽しみたい人はパタヤの方が良いかもしれない。中には性格も良い子もいる。しかし、基本的にバンコクのゴーゴーバー、特に有名店は外見重視の人が楽しむ場所であると言える。

 

殆どの人はタイへ来たらバンコクとパタヤの両方に訪れているので、初心者はその場所にあった楽しみ方というのを身に付けた方が良い。

パタヤのゴーゴーバーについては下記記事を参考に。

パタヤのゴーゴーバーについての特徴から料金まで、訪れる前に知っておくべきこと
パタヤ・ウォーキングストリートのパレス(www.barnewsbangkok.comより) パタヤの夜遊びは1.ゴーゴーバー2.バービアの2つが主流となっている。バービアは価格が安く、フレンドリーな女の子が多い。ただ、年齢層は全体的に...

 

ソイカウボーイ

バンコクの夜の街・ソイカウボーイ

 

ソイカウボーイはバンコク・アソークにあるゴーゴーバー街である。このエリアにあるゴーゴーバーの特徴はお持ち帰りが不可のコヨーテバーやペイバー代(店へ払う連れ出し料)を高くしてお持ち帰りを難しくしている店が多い点だろう。店内で楽しむだけの店も多い。

ソイカウボーイにある女の子のお持ち帰りが出来ないゴーゴーバー
⇒ デジャブ(DEJA VU)、リオ(Rio)、スパイスガールズ(SPICE GIRLS)

ペイバー代(連れ出し料)を高くしてお持ち帰りを難しくしているソイカウボーイのゴーゴーバー
⇒ カウボーイ2(Cowboy2)、ダンディー(dun dee)、キス(KISS)

ただし、お持ち帰りが不可の子も何度か通うことでOKを出してくれる子もいるし、ペイバー代が高い分女の子へのチップを値下げ交渉する事も出来る。こうしたシステムはよく変わるし、女の子よって違ってくる場合もある。

 

また、バカラやクレイジーハウス等、ソイカウボーイの人気店は軒並み持ち帰りの料金が高くなっている。

加えて、バカラは店内では愛想よく接してくれるが、ホテルに行くあっさりしている子がほとんどである。サービスもあまり良くないので、外見重視の人が行く店だと言えるだろう。

 

ソイカウボーイ全体で見ても、持ち帰り不可のコヨーテバーが多く、持ち帰りの値段が高い割りに、サービスにも期待できない子が多い。従って、ソイカウボーイは日本のキャバクラ感覚で訪れるのにおすすめのエリアかと思う。もちろん、時間をかければ値段も安く、サービスの良い子も見つかると思う。何度も訪れる余裕のある人はソイカウボーイで探してみても良いかもしれない。

 

お店の配置やソイカウボーイの各ゴーゴーバーを更に詳しく知りたい人は下記記事も参考に。

ソイカウボーイで遊ぶ前に知っておくべき料金相場から注意点
 ソイカウボーイはバンコクのアソークにあるゴーゴーバーを中心とした風俗店が並ぶ歓楽街である。ゴーゴーバーのシステムなど基本情報については下記記事を参考に。 全長140m弱の小道には約40軒のバーやレストラン等...

下記ではソイカウボーイにあるゴーゴーバーでおすすめのものを紹介していきたいと思う。

 

バカラ(BACCARA)

バカラ(BACCARA)ソイカウボーイ

 

バカラはソイカウボーイで最も繁盛しており、日本人にも人気のゴーゴーバーである。日本人好みのナチュラル系から今どきのギャル系美人まで様々なタイプがいる。日本のガールズバーよりも可愛い子は多い。ビキニとタンクトップの2グループに分かれている。

日本の休みの重なるゴールデンウィーク、お盆、年末等、連休時には入りきれないぐらいの日本人客で賑わう。女の子も日本人に慣れている事から簡単な日本語は出来る子が多い。

他の店よりも早い時間帯20~21時ぐらいから可愛い子も並ぶ。それ以外の時間でも比較的人数が揃っている。

 

女の子をお持ち帰りする場合、お店に払うペイバー代は600バーツ(約2000円)。女の子への2ドリンクも必須になるので、レディースドリンク200バーツ×2の400バーツ(約1330円)、トータルで1000バーツ(約3330円)は最低お店に払うことになる。もちろん、自分のドリンク代も加算される。

女の子へ払うチップの提示額はショートで3000バーツ(約9990円)、ロング6000バーツ(約19980円)でバカラの女の子ほぼ全員で統一している。時間や人、時期によって、500バーツ(約1670円)の値下げ交渉は可能である。

 

平均レベルが高いのは確かだが、バカラでペイバーするのはおすすめ出来ない。理由は値段だけでなく、サービスも期待できないからだ。

どんどん値上げし、ウエイターの態度も悪く、チップ要求もうるさくなっている。お金重視の傾向は昔からあったが、最近は特に酷くなったように思う。

 

従って、観光目的で初めてタイに訪れた人などが、可愛い子を見たかったり、目の保養を求めている時に行くのがおすすめである。

 

クレイジーハウス(CRAZY HOUSE)

ソイカウボーイのクレイジーハウス

 

クレイジーハウス(CRAZY HOUSE)はソイカウボーイの外、スクンビット・ソイ23沿いにあるゴーゴーバーである。ソイカウボーイではバカラと同じぐらい人気がある。

以前はロリ系が多いという特徴があったが、最近は老人ファラン(欧米人)向けにか、片方のグループはロリ系で揃えている一方、おばちゃんも配置している。遅い時間になると選べる子はかなり限定され、時間帯、日によっても若干レベルは異なるように思える。

女の子をお持ち帰りする場合の提示額はバカラと同様に、ショートで3000バーツ、ロング6000バーツだった。もちろん、こちらも値段交渉は可能である。

レデイースドリンクはテキーラで170バーツ(約570円)、テキーラ・コーラで330バーツ(約1100円)である。何も言わなければ、テキーラ・コーラで注文されるペイバー代は700バーツ(約2330円)である。

 

この店の特徴としては、通常の店は席に女の子を呼ぶと服を着て接客するが、ここは全裸のまま接客する子がほとんどで、女の子が店内を裸で動き回っているという点だろう。ファランや日本のおじさんにも人気がある理由もわかる。店内で楽しむ店としてはおすすめ出来るかと思う。ただ、可愛い子はリピーターにキープされるためか、早い時間に行かないと確保されている事も多い。

 

スクンビットおすすめのホテル(ソイカウボーイ近く)

ソイカウボーイはスクンビットと呼ばれるバンコクでも栄えたエリアにある。BTSアソーク駅と地下鉄スクンビット駅がありどこへ行くにも便利で、アソーク駅に直結しているショッピングモール「ターミナル21」にはレストランを初め様々な店が並んでいる。

ソイカウボーイの近くという点だけでなく、バンコク観光における滞在場所としてもおすすめだ。

 

下記ではこのソイカウボーイに近いホテルの中でも、特におすすめなホテルを紹介したいと思う。

 

セレーヌ・アソーク・スイーツ(Serene Asoke Suites)

セレーヌ・アソーク・スイーツ(Serene Asoke Suites)

セレーヌ・アソーク・スイーツはソイカウボーイから徒歩0分の格安ホテルである。ソイカウボーイのアソーク通り側入り口を出て、すぐ隣の建物に入居するホテルである。

 

セレーヌ・アソーク・スイーツ(Serene Asoke Suites)ソイカウボーイの近く
ソイカウボーイから右へ出て徒歩0分。セブンイレブンの入った茶色の建物に、セレーヌ・アソーク・スイーツは入居している。

 

セレーヌ・アソーク・スイーツ(Serene Asoke Suites)

セレーヌ・アソーク・スイーツ(Serene Asoke Suites)
部屋は決して新しくはない。ただ、十分にキレイで、それなりの広さもある。通常のやり部屋とは違い、キレイで清潔である。

 

ソイカウボーイに隣接するホテルであり、地下鉄スクンビット駅の入り口までも徒歩1分程度、BTSアソーク駅も近い。ソイカウボーイを遊び尽くしたい人だけでなく、昼間の観光拠点としても非常に便利だろう。

 

好立地であるにも関わらず、シーズン外であれば格安ホテル並の料金で泊まる事ができる。正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために見ておいた方が良いだろう。

>>> セレーヌ・アソーク・スイーツ(最低価格保証付きリンク)

JF(ジョイナーフィー:連れ込み料)は無料なので、宿泊人数が2人でも1人分の料金で泊まることが出来る。

チェックアウト時の確認は部屋の確認も無く、キーを渡して待つこと無くすぐに終わった。

 

ソイカウボーイ周辺のコスパの良いおすすめホテルについては下記記事も必読である。

ソイカウボーイ近くの格安ホテルから高級ホテルまで、おすすめのものだけを紹介していく
ソイカウボーイとはバンコクのアソークにあるゴーゴーバーを中心とした風俗店が並ぶ歓楽街である。全長140m弱の小道には約40軒のバーやレストラン等が連なっており、外国人観光客が多数訪れる人気エリアだ。 ジョイナーフィーと...
上記記事ではゴーゴーバーから女性を連れ込むことを前提に、おすすめの格安ホテルから高級ホテルまでバンコクのホテルへ泊まる際、損しないために知っておくべきことも詳しく紹介している。

 

ナナプラザ

ナナプラザ

 

ナナプラザは、ゴーゴーバーやバービアが入居するモール型の歓楽街である。バンコク・スカイトレイン(BTS)のナナ駅から徒歩5分程度、スクンビット4通り沿いに位置している。ナナプラザにあるゴーゴーバーの特徴はレディーボーイ専門店やレディーボーイが混ざっている店が他のエリアに比べて多い点かと思う。

レディーボーイのみが在籍するゴーゴーバー
⇒ オブセッション(1F)、チリ(2F)、ストラップス(2F)、DC10(2F)、カサノバ(2F)、カスケード(3F)

レディーボーイが混ざっているゴーゴーバー
⇒ サッカーズ(1F)、ロンドンコーリング(1F)、キャンディーランド(2F)

 

レディーボーイが混ざっている店が多いという事でナナプラザを避ける人もいるが、お持ち帰りを望むなら、ソイカウボーイよりもおすすめである。日本人好みの多い人気店レインボーグループでも、人によるが、2200~2500バーツまで下げてくれる子は多い(ペイバー代は別)。

ナナプラザ内にあるホテルのみお持ち帰り可という子もいる。ただ、ホテル代を含めても、値段の点ではソイカウボーイよりは安く済ませることが出来るかと思う。

 

下記ではナナプラザにあるゴーゴーバーでおすすめのものを紹介していきたいと思う。

お店の配置やナナプラザの各ゴーゴーバーを更に詳しく知りたい人は下記記事も参考に。

ナナプラザの夜遊びで損しないために知っておくべき相場や特徴
 タイの首都バンコクにあるナナプラザはゴーゴーバーやバービアが入居するモール型の歓楽街である。バンコク・スカイトレイン(BTS)のナナ駅から徒歩5分程度、スクンビット4通り沿いに位置している。ゴーゴーバーを知らない人...

 

レインボー2(RAINBOW2)

ナナプラザのレインボー2・ゴーゴーバー
ナナプラザ1階で建物の角にある。

 

個人的には、ナナプラザで最もおすすめ出来るゴーゴーバーである。昔からいる子も多いが、新しい子もどんどん入って来ている。最近はすらっとした長身の子も増え、キレイ系が増えたような印象を受ける。シーズン中でなければ遅い時間でも日本人好みの子は多い。

レインボー2にいる女の子のタイプとしては東京なら渋谷、大阪なら難波にいそうなギャル系の子が多い。年齢的にも20代前半ぐらいの子が多く、そのせいか、客も日本の若者が非常に多かった。

日本人の若者に圧倒的な支持を受けている様子で、学生とみられるグループがまとめて可愛い子を4人ぐらい連れ出していた。ただ、グループで連れ出す場合は女の子の店での派閥も考え、友達として呼んでくる同じグループの子を誘った方が良いだろう。そうでないと、みんなでディスコへ行っても、当たり前の話、静かだったりテンションが低かったりする。

 

女の子も日本人を相手にしている子が多いせいか、ちょっとした日本語ならしゃべれる。ただ、ショートタイムの希望者がほとんどで、ナナプラザ内のホテル(休憩350バーツ)で済まそうとしている子も多い。

ペイバー代は600バーツ、女の子へのチップの相場はショート2500~3000バーツだが、人によっては値下げにも応じてくれる。

 

ナナプラザの他店より遅い22時頃から可愛い子がステージに上りだすので、2軒目、3軒目に入るのが良いだろう。ピーク時の平均レベルはかなり高く、個人的には2人に1人は選べる。

 

レインボー4(RAINBOW4)

ナナプラザのレインボー4・ゴーゴーバー NANA-PLAZA gogobar RAINBOW 4

 

平均はそこまで高くないが、飛び切り可愛い子が何人かいる。タイプとしてはギャル系が多い。メイクの薄いアイドルのようなナチュラル系もいる。

20時ぐらいからでも、数十人ぐらい女の子はステージで踊っている。21時を過ぎたあたりから徐々に盛り上がりをみせ、半分のグループは上半身が裸になる。ダンサーは下着姿と上半身裸の二組が基本である。

 

日本人から見て、飛び切り可愛い子の相場はショートタイムで2500~3000バーツ、ロングタイムも帰る時間によって価格を上げる子もおり、中には最大8000バーツを請求してくる子もいる。ただ、ソイカウボーイのバカラと違い、ショートもロングも値下げ交渉に応じてくれる子は多い。

それでも、多くの人を相手にしていると予想されるためサービスには期待できないし、擦れている可能性も高いので、外見重視のショートタイムを望んでいる人向けのお店だと言えるだろう。

RAINBOW 4 NANA-PLAZA gogobar
レインボー4の看板には日本語表記も並んでいる。営業時間は19時から翌1時までである。

 

ビルボード(Billboard)

ナナプラザのビルビード・ゴーゴーバー

 

20時オープン、2時から徐々に数も少なくなっていく。

若くて可愛い子を揃えており、人数も多いため、選べる子も何人かいる。客もアジア系からファランまで盛り上がっている。回転するお立ち台と泡の入ったバスでヌードになっている子がいる。ヌードの方にも日本人好みの可愛い子がいる。

 

ママさんと呼ばれていた恰幅の良い女性がとにかくお金にうるさい。100バーツのチップでも少ないと文句を言い、500バーツを要求してきたので、一切渡さなければ良かったと後悔した。店の女の子からも嫌われているので、ママとアピールしてくる女性とはかかわらない方が良いと思う。

 

ショートはペイバー代700バーツ、女の子へのチップが3000バーツ。ロングはペイバー代1000バーツ、女の子へのチップが5000バーツとなっている。

 

0時頃からはシャワーショーもあり、なかなか迫力がある。ママさんの接客を拒否すれば、若い子が多いので楽しめると思う。

 

ナナプラザ近くのおすすめホテル

ナナプラザにあるホテル
ナナプラザにあるラブホテル

 

ナナプラザには通称「ヤリ部屋」とも呼ばれるホテルがあり、2階に入口がある。値段は休憩で350バーツ。コンドームは1つ40バーツになる。

ナナプラザ内ホテルの部屋
ホテルの部屋

 

ゴーゴーバーで気に入った子がいればすぐに敷地内のホテルで行為を行うことが出来るのだ。

ナナプラザにあるホテル
ホテル入口前はカウンターになっており、ナナプラザの風景を眺めながらお酒を飲むことも出来る。

 

ただ、ゆっくりと過ごすことを望むなら自分のホテルまで連れ帰った方が良いだろう。

下記ではナナプラザへのアクセスが良いホテルだったり、お気に入りの子と過ごすのにおすすめのホテルを紹介したいと思う。

 

ナナ・ホテル・バンコク(NANA Hotel Bangkok)

ナナ・ホテル・バンコク

ナナ・ホテル・バンコク(以下ナナホテル)はナナプラザの道路を渡ってすぐ正面にある中級ホテルである。

ナナプラザへのアクセスでホテルを考えれば、必ず選択肢に入るだろう。最近は隣にフーターズがオープンしている。

ナナ・ホテル・バンコクから見たナナプラザ
ホテルを出るとすぐにナナプラザの看板が目に入る。

 

ナナホテル前は、夜になると多くのフリーの娼婦が集まって来る立ちんぼスポットにもなっている。

最近バンコクのゴーゴーバーやマッサージパーラーでは未成年、ラオス等の外国人労働者に対する引き締めの厳しくなったため、こうした子も混ざっているとの事である。確かに、ナナホテルに滞在した間も見た目の若い子が立っている時間もあった。こうしたフリーの娼婦を連れ込んでいる人もナナホテルには多い。

ナナ・ホテル・バンコク前の立ちんぼ
ナナホテル前の立ちんぼ。ナナプラザの目の前で、こんな環境にあるホテルなのに、なぜか子供を含む家族連れの客も多い(主に欧米人の家族)。

 

ナナ・ホテル・バンコク受付ロビー
1階受付ロビー。部屋のキーはホテルを出る度に受付に預ける形を取っている。日本のホテルでは良くあるが、タイでは珍しいタイプかと思う。

ホテルは大型で部屋数もかなり多い。建物全体に古さはあるが、掃除は比較的行き届いていると思う。

ナナ・ホテル・バンコクの部屋

ナナ・ホテル・バンコクのベッド
スペリオールルーム・ダブルベッド。1人もしくはカップルで泊まるなら十分の広さである。

WiFiは昼間は速かったが、夜になると回線を食い合ってか遅くなった。

 

ナナ・ホテル・バンコクのトイレとお風呂
トイレとバスタブきシャワー。バスタブが付いているのでお風呂に入りながらイチャイチャする事も出来る。

 

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために見ておいた方が良いだろう。

>>> ナナ・ホテル・バンコク(格安ホテル予約サイト)

ジョイナーフィーは無料なので、1人分の料金で2人まで宿泊することが出来る。連れ込んだ女性のIDチェックもなされなかった。

ナナホテル前の立ちんぼなど、「わけあり」の女性を連れ込む客が多いせいか、この辺は自己責任に任せているのかと思う。

 

ナナ・ホテル・バンコクは中級ホテルになる。ナナプラザ周辺の格安ホテルを含めたおすすめホテルについては下記記事も参考に。

ナナプラザ近くJF無料のおすすめホテルをエリアと料金別にまとめて紹介していきたいと思う
ナナプラザはスクンビット通りの南側、スクンビット4通り沿いに位置している。ナナプラザへのアクセスも良いスクンビット4通り付近にはホテルがいくつもあるが基本的には中級、高級ホテルが多い。スクンビット通りを渡った北側には...
上記記事ではナナ周辺の格安ホテルも紹介している。

 

パッポン

パッポン2通りのゴーゴーバー

 

パッポン通りはバンコクのシーロムエリアにある歓楽街である。ゴーゴーバーやバービアを中心とした風俗店が並ぶ小道を形成している。近くにはタニヤと呼ばれる日本人カラオケや日本料理店が並ぶ歓楽街もある。

タニヤのカラオケで損しないために知っておくべき料金やシステムなどを述べる
 タニヤ通り(通称:タニヤ)は、BTSのサラディーン駅の下を通るシーロム通りから北に出る通りである。タニヤは日本人を対象とした、カラオケクラブ、日本料理店、居酒屋などが密集しバンコクにおいて日本人街を形成している。地...

 

パッポンは一時期女の子のレベルが落ちていた時もあったが、最近は若くて可愛い子が増えている。特に、ピンクパンサー、キングスコーナー、キングスキャッスル1は日本人好みの子も多く、ナナプラザやソイカウボーイの有名店のトップクラス並にレベルが高い子も混ざっている。

人気店は混んでいるものの、ソイカウボーイやナナプラザに比べエリア全体に客も少ない。うるさい客引きがいるのは残念だが、ゴーゴーバーはハシゴしながらゆっくりと飲み歩きも出来るかと思う。

 

下記ではパッポンにあるゴーゴーバーでおすすめのものを紹介していく。

お店の配置やパッポンの各ゴーゴーバーを更に詳しく知りたい人は下記記事も参考に。

パッポンにあるゴーゴーバーの相場やシステム、店内で行われているすごい事について
 パッポン通りはバンコクのシーロムエリアにある歓楽街である。パッポン1とパッポン2に分かれており、ゴーゴーバーやバービアの他、スーパーやお土産屋、露店なども営業している。BTSサラディーンからのシーロム通りは人が多い...

 

ピンクパンサー(PINK PANTHER)

ピンクパンサー・パッポン
パッポン通りのスラウォン通り(Surawong Rd)沿いにあるゴーゴーバー。入口はパッポン通りにある。

 

以前から安定してレベルの高い子を揃えている。飛び抜けて可愛い子が何人かおり、ピークの21時頃なら選べる子も多いかと思う。店内は比較的明るいので、女の子の顔も見えやすい。

日本人好みも多く、バーの隅で集団でタバコを吸っている女の子達は日本のギャルにも見える。

 

女の子の数は15~20人ぐらいと決して多くないが、平均点で見ればバンコクで上位に入るお店だと思う。女の子のタイプからか、20、30代の若い日本人にも人気である。

 

ペイバー代は800バーツ、ショートの提示額は3000バーツ、レディースドリンクは180バーツとなっている。

23時から行われるムエタイショーはパフォーマンスの要素が大きい。大袈裟な動作をしたり、KOも本当かどうか怪しい部分はあるが、ゴーゴーバーでのパフォーマンスなので本気の試合をやらないのはやむを得ないだろう。

ピンクパンサーのムエタイ・ショー
ムエタイ・ショー

 

ブラックパゴダ(Black Pagoda)

ブラックパゴダ(Black Pagoda)パッポン

パッポン通りの上に浮いた箱にあるバーで、ゴーゴーバーは3階にある。ずっと見上げていると、上から「おいで!」とガラス越しに手招きされるだろう。それと同時に、地上入口近くにいる呼び込みの子からも声をかけられる。

この店はゴーゴーバーというよりはなんでもありのセクキャバみたいな感じとなっている。ソファーで座っていると女の子が積極的に乗っかってくる。エレベーターもしくは階段を使って3階へ上り店に入ると、上半身が裸の女の子とファラン(欧米人)がソファーで向き合ってキスしたりしている。本番行為以外は店内でなんでも出来る雰囲気である。

ブラックパゴダ(Black Pagoda)パッポン
3階店前のフロア

 

ペイバー代が900バーツ、ショートタイムのチップが2000から2500バーツで多くの女の子が2000バーツまで下がる。近くのホテル代は500バーツ。

バンコクの中では手頃な値段であり、イチャついた後にスッキリするにはもってこいのバーと言えるだろう。

 

ただし、女の子の年齢層は若干周りの店よりも高く、ファラン好みの子が多い。数人10代の若い子も混ざっているが、プレイが不可の子もいる。

日本人からすると、選べる子は少なく、可愛いと思う子はすでに客にキープされている事が多い。それでもノリは良い子ばかりなので、ほろ酔い気分で行けば楽しく過ごせるとは思う。

 

キングス・コーナー(KINGS CORNER)

キングス・コーナー(KINGS CORNER)パッポン

女の子と工事済みのレディボーイが混ざっている。工事済みレディーボーイのアピールが最近また激しくなっている。

女の子にはかなりレベルの高い子もいる。数が多いので、ピークを過ぎた後も可愛い子が残っている。特に気にならない人は問題ないが、レディボーイも女の子として紹介するのは頭に入れておこう。

 

ペイバー代は800バーツ、レディースドリンク200バーツ、ショートは3000だが、飛び抜けた可愛い子でも2500バーツまで下がった。サービスの点でも、値段の点でも、可愛い子を抱きたいなら、このバーがベストかと思う。確かに、サービスは女の子にもよるが、少なくとも値段はソイカウボーイのバカラよりも融通が利く。

ヤリ部屋へのお誘いも多い。ヤリ部屋(ホテル)は休憩で300バーツである。

 

キングス・キャッスル1(Kings Castle Ⅰ)

キングス・キャッスル1(Kings Castle Ⅰ)パッポン

キングス・キャッスル2のすぐ隣にある同じような作りの系列店。

スレンダーで綺麗系の日本人好みの子が何人かいる。数人はかなりレベルが高く、バンコクでもトップクラスの部類に入るだろう。人気嬢は比較的定着しているので早い時間に行くのがおすすめである。

6割は20前後の若い子、4割は20代後半ぐらい。色白で可愛い子もおり、パッポンでも常に盛り上がっているバーである。ただし、持ち帰りが不可(飲むだけ)の子も混ざっている。

中国人や日本人、韓国人が好きそうな美人が何人かいるため、アジア系の客も多い。

 

レディースドリンクは200バーツ。バーファイン600バーツ、ホテルの利用料も600バーツである。この店の飛び抜けた美女の場合、ショータイムで3000~4000バーツとバンコクでもトップクラスの高さである。基本的に人気嬢はママさんが値段を決めるため値下げ不可。ただ、リピーターの場合500バーツ程度まで下げてくれることもあるので、一応交渉はした方が良いと思う。

 

ぼったくり防止のため注文の度にサインをさせるシステムを取っているが、ドリンク攻撃やチップ要求は基本的に強い。

 

パッポン通り・タニヤ近辺のおすすめホテル

シーロム通り
シーロム通り

 

パッポンはシーロムと呼ばれるバンコクでも栄えたエリアにある。BTSサラデーン駅と地下鉄シーロム駅が近くにあり、どこへ行くにも便利で、周辺にはショッピングモールからレストランまでなんでも揃っている。

繁華街の近くという点だけでなく、バンコク旅行における滞在場所としてもパッポンはおすすめだ。

 

下記ではパッポンにあるホテルの中でも、特におすすめなホテルを紹介したいと思う。

 

ザ・パビリオン・プレイス(The Pavilion Place)

ザ・パビリオン・プレイス(The Pavilion Place)パッポンのホテル

パッポンを楽しむのに、値段的にも立地的にもオススメなのがザ・パビリオン・プレイスである。

パッポン2通り沿いの建物の3階以上で営業している大型ホテルで、見たことがある人も多いだろう。

 

ザ・パビリオン・プレイス(The Pavilion Place)パッポンのホテル
パッポン2通り沿いの建物上階のホテルである。1階ではゴーゴーバー(ピンクパンサー)やゴーゴーボーイ、バービアなどが営業している。

まさにパッポンの中で営業しているホテルである。格安の値段で泊まることが出来る他、休憩用のラブホテルとして使用も可能である。休憩は500バーツ。

 

ザ・パビリオン・プレイス(The Pavilion Place)パッポンのホテル受付
受付は3階にある。1階にセキュリティはいるが、連れ込んだ女性のIDチェックも無かった。そのまま受付を通らずに部屋へと向かう事が出来る。

 

ザ・パビリオン・プレイス(The Pavilion Place)パッポンのホテル客室

ザ・パビリオン・プレイス(The Pavilion Place)パッポンのホテル客室
ホテル客室。ラブホテルとして使われる事が多く、置屋のようなイメージを持つ人もいるかもしれない。しかし、このホテルは窓もあって日が入るため、空気もどんよりしていない。WiFiも無料である。

 

ザ・パビリオン・プレイス(The Pavilion Place)から見たパッポン2通り
部屋からはパッポン2通りの繁華街も見える。

 

パッポンの中にあり、BTSサラデーン駅やタニヤ通りにも5分程度で行ける好立地である。にも関わらず、シーズン外であれば1泊2000~3000円程度と非常にお得である。正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために見ておいた方が良いだろう。

>>> ザ・パビリオン・プレイス(格安ホテル予約サイト)

ジョイナーフィーは無料で、2人まで1人分の料金での宿泊が可能である。チェックアウト時は鍵を渡すだけで、汚れ等のチェックもなかった。

パッポンを遊び尽くしたい人で、滞在費も抑えたい人に最もおすすめのホテルである。

 

パッポン周辺のコスパの良いおすすめホテルについてまとめて知りたい人は下記記事を参考に。

パッポン周辺のおすすめホテルで夜遊び向けのものだけを紹介する
  パッポン通りはバンコクのシーロムエリアにある歓楽街である。パッポン1とパッポン2に分かれており、ゴーゴーバーやバービアの他、スーパーやお土産屋、露店なども営業している。パッポン通りまでのシーロム通りは人が多 ...
上記記事では格安ホテルから高級ホテルまで、シーロムエリアのおすすめだけを詳しく紹介している。

 

バンコクにおける夜遊び「ゴーゴーバー」の相場まとめ

ナナプラザのストラップス・ゴーゴーバー 
ナナプラザ

 

最後に2018年7月現在バンコクにおけるゴーゴーバーのお持ち帰り価格の相場を述べたいと思う。

値段はショート(1回戦)で2000~3000バーツ(約6660~9990円)、ロング(朝まで、通常2回戦)で3500~6000バーツ(11660~19980円)程度がスタンダードとなっている。ただし、ロングは元々不可の子もバンコクでは多い。

ショート2000バーツ、ロング3500バーツは不人気嬢で、かつ値下げ交渉をしないと難しい。ただ、ショート2500バーツ、ロング5500バーツなら人気嬢、人気店でなければ十分可能である。これ以上の額を提示されたら値下げ交渉した方が良いだろう。もちろん、外見や態度が気に食わなくて値下げ交渉及びお持ち帰りを拒否されるケースもある。

一部の人気嬢や人気店はショート3500バーツ(約10310円)、ロング6000バーツ(約17670円)からの値下げ交渉には応じてくれないのが普通だ。

 

ゴーゴーバーではお持ち帰りに必要な費用以外にも店に払うペイバーとよばれる支払がある。ペイバー代は店にもよるが600~1000バーツ(2000~3330円)。もちろん、ドリンクを注文したらその支払も必要である。こちらの値下げ交渉不可である。

 

ドリンク代、ペイバー代、女の子へのチップを合計すると、ショートで10000円、ロングで18000円程度はかかる。日本と比べても特段に安くはないが、顔に関しては実物を見て選べる分日本の風俗よりも良いだろう。

 

タイの風俗や夜遊びはビジネス色が薄い分サービスも良くはないが、プライベート感が楽しめるといった利点がある。この辺について詳しくは下記記事も参考に。

タイで夜遊びする前に必ず知っておくべき「自由度」と「ビジネス色」
www.facebook.com タイにおける夜遊びの特徴をまとめると▶ 自由度の高さ▶ 日本よりも「薄い」ビジネス色以上の2つが上げられるかと思う。自由度の高さにより、タイには様々な夜遊びが存在しているが、特徴的な...

 

ゴーゴーバーに限らないバンコクの夜遊び全般について知りたい人は下記記事を参考に。

バンコクで夜遊びをする前に知っておくべきこと
 バンコクの夜遊びとしては1.ゴーゴーバー2.日本人向けカラオケ3.ディスコ4.出会い喫茶、立ちんぼ5.コヨーテバー、バービア6.ゴーゴーボーイ(ゲイや女性向けのゴーゴーバー)がある。日本人に人気のバンコクの夜遊...

 

※今回の記事は為替レートも含め、2018年7月現在の情報です。為替レートはもちろん、女の子のレベルやサービス、価格も一定ではなく、今後は変わる可能性が高いです。予めご了承下さい。

コメントを残す