アユタヤにはカラオケという夜の観光もある


スポンサーリンク

アユタヤのカラオケ店 ayutthaya-japanese karaoke bars
アユタヤの日本人向けカラオケ

 

アユタヤのカラオケ街は、街の中心地から少し東へと郊外へ出た場所にある。

アユタヤ・グランドホテル周辺がカラオケや置屋の多いエリアとなっているので、移動時にはトゥクトゥクの運転手に「グランドホテルへと行きたい」と伝えれば良いだろう。

 

アユタヤには日本人カラオケとローカルカラオケがある。

アユタヤにおける日本人カラオケの基本システムは

▶ 1時間飲み放題で基本料金500バーツ(約1500円)。
▶ レディースドリンクは別料金(150バーツ程度)だが、セット料金にレディースドリンク1杯分が含まれている店もある。
▶ ボトルを入れる場合、個室(VIPルーム)、女性のお持ち帰りを希望する場合は別料金がかかる。

となっている。もちろん、店によって多少のシステムは異なるので参考程度に。

タニヤやシラチャのカラオケ店とは違い、レディースドリンクを要求してくる女の子はいなかった。都会の女の子よりも、みなスレていなくて性格の良い子が多い。

 

下記では初心者向けにアユタヤのカラオケに関する情報を更に詳しく述べていきたいと思う。

 

アユタヤのカラオケ

夜のアユタヤのカラオケ店 ayutthaya-japanese karaoke bars around Ayutthaya Grand Hotel

アユタヤにはローカルのカラオケとアユタヤ工業団地に務める日系企業の日本人のための日本人カラオケがある。カラオケは日本で言うスナック、パブのようなもので、女の子を指名して横に付ける事ができる。ローカルカラオケの方は客のほとんどがタイ人なので、キャストの女の子はタイ語しか出来ない子がほとんどである。日本人向けカラオケの方は非常に簡単な日本語であれば大体の子がしゃべる事が出来る。

 

アユタヤにはバンコクのタニヤぐらい可愛い子はいないだろうとあまり期待していなかったが、可愛い子は普通にいた。個人的にはパタヤのバービア以上のレベルかと思う。働いている女の子は中国に近く色白の子が多いチェンマイ・チェンライや北東部のイサーンの子の他、ローカルカラオケには地元アユタヤの子もいた。

バンコクの方が稼げるのに、なぜアユタヤで働いてるのか聞いてみると「バンコクは怖い」と言う。日本の地方の子が「東京は怖い」と言うのと同じ感覚かもしれない。大都会への恐怖心があるのかと思う。田舎の美人は正当な評価がされない事の方が多いのはどこでも一緒だろう。田舎でくすぶっているのは勿体無いと思った。

 

アユタヤカラオケのシステムと値段

around Ayutthaya Grand Hotel
店に入ると通された席の前で女の子が一斉に並ぶのでその中から1人選ぶ。基本料金は1時間500バーツ(約1500円)がほとんどで、日系カラオケではボッタクりも殆ど無い。

レディースドリンクは別料金だが、要求されることがほとんどなかったので、500バーツで収まる事が多かった。ちなみに、指名された女の子は500バーツのうち140バーツが給料として入る。指名の無い女の子は給料が出ない子もいるそうだ。

 

大体の店が全ての子をお持ち帰りも出来る。ショートで2000バーツ(約6000円)、ロングで3000バーツ(約9000円)が相場。

ちなみに、ロングが無理な子はバンコクやパタヤでもそうだが、恋人がいたり、愛人契約を結んでいる子が多い。可愛い子もいるが、バンコクよりもシングルマザーは多かった。基本的にはローカルな街でのんびり稼いでいる子が多い。

 

バンコクやパタヤではロングでも朝方に帰る事が多いと思うが、アユタヤの子は性格の良い子が多く、昼飯まで一緒に取る事が多かった。暑い中付き合わせたせいか機嫌が悪くなった子もいたが、1人には1日アユタヤの街を案内してもらった。

 

アユタヤのカラオケ街

アユタヤのカラオケ街や置屋と呼ばれる風俗街は中心地から少しズレた東側に位置している。店はアユタヤ・グランドホテルの周りに固まっているので、トゥクトゥクで移動する際には「グランドホテル」と言えば良い。

Ayutthaya Grand Hotel (1)
アユタヤ・グランドホテル

 

アユタヤの街自体は非常にコンパクトで横4km✕縦3.5km程度の川に囲まれ「タイ焼き」のような形をした市街を中心に形成されている。

Ayutthaya map around river
アユタヤの中心地。主要な遺跡はこのタイ焼きの形に切り取られた川の内側にある。

 

右には鉄道駅があり、主要道路であるロジャナ通り(Rojana Rd、309の数字が記載されている大きな道路)を東南へ進んだ位置に歓楽街は形成されている。

 


(右上の枠の記号(Full Screen)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。地図は右上の記号から保存や各種SNS等での共有も出来ます。)

 

上のGoogle Mapsでは赤い星印にアユタヤ・グランドホテルがある。中心から少し離れた位置にあるが、距離的にはそこまで離れていない。

赤い星周辺をアップにすると下記のようになるが、この灰色のエリアにカラオケや置屋、日本食レストランが多数営業している。店の名前や場所はコロコロ変わっているので、大体の場所だけ把握しておけば良いかと思う。

google maps Ayutthaya Grand Hotel around

距離的にはそこまで離れていないので歩いて回ることが出来る。「リトルタニヤ」と呼ぶ人もいるが、タイ人に言ってもほとんど通じない(タニヤはバンコクにある日本人街)。

 

ayutthaya-japanese karaoke bar komachi
小町という名の日本人向けカラオケ

 

ayutthaya-japanese karaoke Restaurant
この通りは居酒屋等日本食レストランが多い。

 

ayutthaya-japanese karaoke bar and Restaurant
ローカルの置屋や日本食レストランの並ぶ通り。

 

アユタヤ・グランドホテル(Ayutthaya Grand Hotel)

Ayutthaya Grand Hotel night
アユタヤ・グランド・ホテルはアユタヤ夜の繁華街のランドマークにもなっているアユタヤでは中級のホテルである。

 

ホテル周辺には日本人向けカラオケが多数並び、ホテル内にもローカルカラオケ(タイ人向けカラオケ)が入居している。 置屋街やディスコも近くにあるので、遺跡だけでなく繁華街も遊び尽くしたいアユタヤ旅行者におすすめだ。

 

グランドホテルの内にもローカルカラオケが入居している。日本語の表記もあるが、日本語が出来る人はおらず、英語をしゃべれる子も少なかった。日本の曲もあったが、古いものばかりだ。

Ayutthaya Grand Hotel Grand karaoke poster Ayutthaya Grand Hotel Grand karaoke

17時から営業している。早い時間に行くとビックリするぐらい綺麗な子が店の前のソファーで呼び込みをしていた。ちなみにその子は英語は出来ず、タイ語のみだった。

 

部屋は広々としており、浴槽(バスタブ)も付いているのは嬉しい。カーテンは部屋側に付いているので、シャワー中に覗く事も出来てしまう。

Ayutthaya Grand Hotel bedroom
グランドホテルは旧館と新館があり、新館はそれなりに綺麗だが旧館は古さも少々目立つ。

 

プールも付いているため、こちらも長期滞在者に人気のホテルである。

Ayutthaya Grand Hotel pool

Ayutthaya Grand Hotel night pool
夜泳ぐと気持ち良く、頭もすっきりする。

 

朝食付きで、値段は時期にもよるが1泊3000~4000円程度。400円程度安いプランもある。サービスは同じなのでこちらがオススメだが、人気ホテルであるためシーズン中はもちろん、シーズン外でも先に予約しないと埋まってしまうので注意。

 

希望日の値段は日付を入れるだけでチェック出来る。JF(ジョイナーフィー:連れ込み料)はベルボーイに見つかると200バーツとの事。

>>> アユタヤ・グランド・ホテル(最低価格保証付きリンク)

宿泊費で最終判断する人がほとんどだろう。値段をチェックした上で、他のホテルとの比較をしてみてほしい。

 

アユタヤのおすすめホテルにかんしては下記記事も参考に。

アユタヤでのホテル宿泊ならここ!アユタヤのおすすめホテルをまとめて紹介したいと思う
自転車でアユタヤ市内を周りたい場合は川の内側のホテルに滞在するのが便利だが、気温は日本の夏並みに暑い事も多い。なるべく多くの遺跡を周りたい場合は、トゥクトゥクで遺跡を回った方が良いだろう。アユタヤ...

 

アユタヤ夜の観光

local restaurant bar near market Ayutthaya Grand Hotel
グランドホテル手前のマーケット近くにあるローカルカラオケ。こちらにも綺麗な女性が店の前に座っている。

 

カラオケにいた現地在住日本人の方と話したところ、アユタヤと言えば遺跡のイメージも強いし、お土産や写真で十分アリバイを作れるからバンコクから夜遊びに来ている日本人も多いとの事。自分もアユタヤのリトルタニヤに来る前はそこまで期待していなかったが、規模的にもレベル的にも来て後悔しないかと思う。

バンコクからはロットゥーで60バーツ(約210円)、時間も1時間半程度で来れるのでパタヤよりも近い。

アユタヤへの安い行き方、バンコクへの帰り方を紹介していく
アユタヤへの移動方法としては陸路しかなく、ビクトリーモニュメント、モーチット・バスターミナルからのロットゥー、バンコク鉄道駅からの電車、タクシーのどれかを使って行く。バスはいわゆるエクスプレス(直...

最近は警察の圧力が強いようで、ママさんやチーママしか外で呼び込みをしていない。外が静かな分入りづらいかもしれないが、グランドホテル前の人気店「雅」や「祇園」店には20人以上が店内で待機しており、客に付いていなければ可愛い子もいる。

 

ただ、夜は野犬も多く、不良も徘徊しているので、バンコクやパタヤとは違い0時以降まで飲み歩く事は出来ない点は頭に入れておいた方が良いだろう。

アユタヤへは遺跡を見るツアーで日帰りの人も多いが、夜も楽しみたいという人は数日間滞在する事をおすすめしたい。

 

アユタヤ遺跡を周りたいという人は損しないためにも、下記記事は必読である。

アユタヤ遺跡の観光で役に立つであろう知識を紹介していく
アユタヤの街は川で囲まれた小さなエリア約4km✕3.5kmを中心に街が形成されており、遺跡もこの内エリアと川の外にあるエリアにいくつか存在している。アユタヤ観光における一般的な移動手段を紹介すると▶ ...

2 件のコメント

  • 初めまして、ポコと申します。

    アユタヤの物価の安さに惹かれまして、訪タイの際はいつも立ち寄ります。

    アユタヤグランドホテルですが、JF取られますよ。本館入り口でぷらぷらしてるセキュリティ兼ベルボーイに見つかると、200B取られます。
    女の子連れてないときは、マッサージマッサージとうるさいですw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    付利意雷布亜(freelifer)

    東南アジアを中心に、1年のほとんどを旅行しながら生活している海外旅行のエキスパートです。
    このブログではタイやその周辺国のナイトライフ情報を中心に、アングラな世界についての紹介もしていきます。
    詳しいプロフィールはこちら。質問、意見等ある方はツイッターからどうぞ。