ラオスにある風俗や夜遊びについて詳しく紹介していきたいと思う

Karaoke Suon Gmu vientiane karaoke
ビエンチャン市内にあるベトナム人カラオケ

 

ラオスの風俗としてはマッサージからのスペシャルといったサービスが行われるところもある。しかし、置屋が圧倒的に多くなっている。

ラオスの首都ビエンチャンでは中国人を中心とした外国人向けに夜遊びスポットもいくつか営業しており、ナイトクラブやカラオケ、ディスコ等も充実している。

 

下記ではこうしたラオスの風俗や夜遊びについてまとめて紹介していくとともに、ラオスにおけるこれらの特徴も紹介していきたいと思う。

 

ラオスの風俗

置屋

La Ong Dao Hotel 2 vientiane okiya
置屋の併設されているラ・オン・ダオ・ホテル2

 

ビエンチャンを含め、ラオスで一般的な風俗は置屋である。市街地の近くの置屋はホテルと一緒になっており、郊外ではひっそりと営業している。

sokxayphone vientiane okiya girls karaoke enter
ビエンチャン・ソクサイフォンの置屋。カラオケと書いてあるが、ここにはカラオケ設備は無く、女性が待機しているだけである。待機している女性はホテルへと持ち帰えったり、やり部屋で過ごしたりできる。

 

地方やビエンチャン郊外の置屋は女の子を横に付けて、ドリンクを飲んだり、食事をすることもできる。現地の客が多いが、ラオス人は基本的には持ち帰りはしないようだ。おそらく金額的な部分で厳しいのかと思う。こういったビエンチャン中心部以外の置屋の場合、ホテルに持ち帰る客のほとんどが中国人とのことである。

 

郊外の置屋は値段も安いが、移動やコミュニケーションを考えると短期旅行者にはハードルが高い。また衛生的にもよろしくない。それでもトゥクトゥクの運転手などに頼めば比較的容易に利用できる。利用したい場合はトゥクトゥクの運転手に「レディー?」と声をかけてみよう。

luang-prabang-okiya-and-nightlife okiya entrance
ルアンパバーンの置屋。市街地から少しだけ離れた場所にある。

 

 

マッサージ

vientiane plaza vietnam massage girls
ビエンチャンプラザのベトナム人マッサージ屋

 

性的なサービスを主とした日本のソープのような営業形態はもちろん、タイのマッサージパーラーのようなものもラオスにはない。それでもエロマッサージ屋は存在している。初めは普通のマッサージから始まり、施術の途中でスペシャルの提案をされる形となる。ビエンチャンならビエンチャンプラザのベトナム人マッサージがレベルも高くおすすめである。

美女に施術を受ける方法はビエンチャンプラザのベトナム人マッサージの記事を参考に。

 

スペシャルが可能なマッサージ屋は女性の服装だったり、設備で判断する必要がある。女性が露出の少ない服を着ていて、きちんとしたマッサージ設備が整った店ではスペシャルは不可だと思った方が良いだろう。

 

Vientiane massage
ビエンチャン中心部から少し離れた位置にあるフォネキー・ロード。ここにあるマッサージ屋には健全な店も多い。

 

ラオスの夜遊び

Tihao Hotel vientiane disco
ティハオホテル1階にあるディスコ。

 

ビエンチャンにおける夜遊びとなるとナイトクラブやディスコ、中国式カラオケ(KTV)、ベトナム人カラオケ等があげられるかと思う。

 

ナイトクラブ

Mittaphab Night Club Mekong Hotel vientiane
メコンナイトクラブ

 

ナイトクラブは女性が隣に付く日本で言えばキャバクラのようなもので、部屋へのお持ち帰りも可能である。ナイトクラブにはホテルが併設されているのが普通である。

ラオスの一般的なホテルでは女性の連れ込み(お持ち帰り)が禁止されてる場合もあり、女性をお持ち帰りシたい場合はナイトクラブが併設されたホテルに泊まったほうが良いだろう。

Mittaphab Night Club Mekong Hotel vientiane girls
メコンナイトクラブはビエンチャンで最も有名なナイトクラブである。ナイトクラブの他、KTVも併設されている。

 

ビエンチャン市内では他にもZAPというナイトクラブがあった。しかし、ここは閉鎖されてしまったため、現在はこのメコンナイトクラブだけとなっている。

 

カラオケ

Karaoke Suon Gmu vientiane karaoke
ビエンチャン市内にあるベトナム人カラオケ

 

カラオケは女の子が待機しているところと待機していない日本のカラオケのような店がある。カラオケは中国人相手の店が多くなっている。

ビエンチャンではナイトクラブと女の子を共有しているメコンホテルのKTV(中国式カラオケ)の他、ティハオホテル2階にあるDIHAO KTVにも女の子が待機しており、その中から女性を選べる。

 

ラオスにはベトナム人女性が配置されているカラオケもあり、こちらも中国人客を中心に盛り上がっている。

 

Tihao Hotel vientiane disco and ktv door
ティハオホテルは1階がディスコ、2階がKTVとなっている。LOLLIPOPと書かれた方がディスコでDIHAO KTVと書かれた方がKTVへの入口である

 

ティハオホテルのすぐ隣にはICBCという中国でも有名な銀行の支店があるので、ここの中国人がよく利用しているのだろう。スタッフは中国語もしゃべれるため、中国語で話しかけられた。英語は不可だった。

女の子の数もそこそこ揃えているので、ラオス語はもちろん、タイ語、中国語のできる人は楽しめるかもしれない。ちなみに、ラオス人の多くはタイ語でテレビを見たり、新聞を読んだりしているため、タイ語も話せる。

 

ベトナム人カラオケはベトナム人の女の子が接客してくれるカラオケである。若い子は多いが、20時までに行かないとすでに客が付いている。こちらも中国人客が多いので、英語はほぼ不可だがラオス語、タイ語、ベトナム語のほか、中国語もある程度は通じるようだ。

 

Karaoke Suon vientiane Gmu
Karaoke Suon Gmu(ベトナム人カラオケ)

 

ディスコ

Mark Ⅱ Vientiane disco
ビエンチャンのディスコ「マークⅡ」

 

ビエンチャンには有名なディスコが5つあり、その多くがビエンチャンの中心地から西側の郊外へと続くセタチラト通りに並んでいる。

ディスコは地元客を中心にダンスを楽しんでいる。22時以降から徐々に盛り上がって行き、0時頃からピークを迎える。場所によってはお持ち帰りの出来る女性(売春婦)も配置されている。

 

ナイトクラブ、カラオケ、ディスコといったビエンチャンの夜遊びにおけるシステムや料金、店の場所については下記記事を参考に。

 

KTVやベトナムカラオケはビエンチャン以外の地方でも営業している。ただ、地方のカラオケ屋は置屋に近い形であると思った方が良いだろう。女の子とお酒を飲み、気に入ったらホテルへ持ち帰る形が多くなる。

 

ラオスにある風俗や夜遊びの特徴

laos-fuzoku-and-nightlife Hold hands

 

ラオスにある風俗、夜遊びの特徴をまとめると

▶ 大ぴらに風俗や夜遊びができるのはビエンチャンの一部ホテルのみ
▶ 置屋は若い女の子が多い
▶ タイに比べると安い

以上の3つになる。

 

ナイトクラブやディスコ、ホテルに併設されている置屋を除き、ほとんどは警察の公認を受けていない。郊外の置屋は度々摘発が入って潰されている。

また、ラオスは女性の連れ込みがOKなホテルは無く、黙認してくれるかどうかである。したがって、女の子を連れ込む場合も連れ込みを拒否されるケースもある。

 

女性を置屋ではなくホテルに連れ込みたい場合は受付を通らない大型のホテルもしくは置屋やナイトクラブ、ディスコ等が併設(隣接)されているホテルの方が良いだろう。ビエンチャンではナイトクラブも大ぴらに営業しており、併設されているホテルに泊まれば良い。著者は普通のホテルで女性の連れ込みを拒否されたことはないが、トラブルを避けるため部屋に行くときには受付を通らないホテル、置屋やナイトクラブ、ディスコ等が併設(隣接)されているホテルを利用している。

 

また、ビエンチャンの主要な風俗である置屋は若い女の子が多い。ビエンチャンの置屋でもそうだが、地方になるとこの傾向がより顕著になる。

置屋に若い子しかいないのは、それなりに成長したら首都ビエンチャンやタイへ出稼ぎへ行くからとのことである。実際、タイのゴーゴーバーやマッサージパーラーにはラオスの女の子も働いている。

 

以前までは未成年や不法に滞在している外国人(ラオスやミャンマー人)もタイで働いていたが、バンコクのマッサージパーラー「ナタリー」であった摘発により、20歳未満の子がタイで働くのは厳しくなっている。

今後は20歳になるまでの子がラオスの置屋に留まることも多くなるだろう。

 

料金はビエンチャンでもバンコクに比べれば安くなる。地方へ行くと、日本円で1500~3000円ぐらいでも可能だ。ただし、基本的には置屋タイプの風俗しか無く、プレイルームはシャワーも付いていない簡易な部屋である事が多い。

 

luang-prabang-okiya-and-nightlife play room
ルアンパバーンの置屋。蚊や虫が飛んでいて、衛生的に良いとは言えない置屋が多い。地方ではシャワーが付いてる方が珍しい。

 

ローカルな現地人が利用する置屋になればなるほど料金は安くなる。ただ、現地の言葉を話せないと利用は難しいし、移動コストが高くつくのが普通だ。したがって、短期旅行者の場合は市街地近くの「旅行者向け」置屋の方が良いだろう。

ビエンチャンにある旅行者向けの置屋については下記記事を参考に。